2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 四国旅物語 室戸岬へ | トップページ | 松平郷園地のハギ »

2013年9月30日 (月)

矢勝川、逢妻女川堤の彼岸花

今年の彼岸花はお彼岸のころが見ごろだったようです。

愛知の名所、2ヶ所を見て回りましたがはや終盤でした ><;、
一時はボツにと思った「矢勝川堤防」でしたが、
その後、豊田市の「逢妻女川堤防」を見に行き、
ともに終盤とはいえボツにするには忍びず復活です。

で、まずはお馴染みの半田矢勝川堤防です。  25日

Handa01

残念ながら今年は終りでした。
まばらに見えるところは花が萎えています。
今年は名残りのヒガンバナです ^^;

Handa02

Handa03

Handa04

しかしさすがに200万本が咲く堤防
終りとはいえ、そこそこに綺麗な花もありました。

Handa05

この日は戻りに反対側)(左岸)を歩きました。
この時点ですでに気持はハイキングに切り換えでした ^^;

Handa06

花は終盤ですが
「ごんの秋まつり」は10月20日(日)までです。

~~~~~

続いてはこちらも人気の豊田市宮上町
「逢妻女川(あいづまめがわ)堤防」です。

以前に見たときは60万本でしたが、
今年はすでに100万本に増えているそうです。   28日

Toyota01

「男橋」を挟んで両側にヒガンバナの群生があります。

     Toyota02

そこから北へ「天王橋」方面
初めて見る見事なヒガンバナの赤い帯でしたが、
残念ながらここもはや終盤で色あせています ><;

Toyota03

数日の差でしたか?
メインイベントは29日(日)でしたが・・・

Toyota04

Toyota05

どちらも予定外の早い咲き様だったようです。

思いどうりにはならずで今年のヒガンバナは早いですね ^^;

Toyota06

「天王橋」から反対側(右)を戻ります。

Toyota07

しかしここの群生がこんなに見事だとは・・・
これはまた来年が楽しみになりました。

愛知県のヒガンバナの名所から2ヶ所。
遅かったとはいえやはり見応えのある半田「矢勝川堤防」と、
日を変えて訪れた豊田市の「逢妻女川堤防」でした。

« 四国旅物語 室戸岬へ | トップページ | 松平郷園地のハギ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

あらら・・・お出かけでしたか・・・。

矢勝川堤はこれだけ多くの彼岸花が咲きますと一度にパ~ト咲くと言う訳にはいかず、早咲きが枯れていると言うことになりますね。
私はここでは彼岸花と人を入れたりして楽しんでいます。

逢妻女川堤は昨年見に行きましたが今年はさらに多くなっているようにも思えます。
私の様に半分写真撮影目的の観光ですとここは写真的に面白みに欠けますね。

それにしても見事な彼岸花の群落が楽しめましたね。

ちと遅かったとはいえ、すごいですね~~
迫力あります。
これは来年行かないと。平日休んで行ってしまおうか・・・

風 kei さん
ちょっと旅をしている間にタイミングを外しました。

矢勝川もこれだけの規模ですから綺麗ですが、
やはり近付くとツラいですね。
反対側はまずまずでしたが構図的に苦しいです。
逢妻女川は確実に数が増えています。
以前は蕾が多かったため少し日を遅らせましたが、
それがダメでした ><;
ここは直線的で写真的には的が絞り難いですね。

gen さん
残念ながら遅すぎました ><;

どちらもこれだけの規模ですから見応えがあります。
矢勝川は人気ですから平日がいいですね。(休める?)
ちなみにここへはいつも電車でGO!です ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢勝川、逢妻女川堤の彼岸花:

« 四国旅物語 室戸岬へ | トップページ | 松平郷園地のハギ »