2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明日香 稲渕案山子ロード | トップページ | 秋! »

2013年9月 8日 (日)

飛鳥ミニウオーク

明日香の稲渕案山子ロードから石舞台へと戻ります。

ちょうど来た道の反対側、祝戸地区の周遊歩道を歩いて、
祝戸荘前を下ると飛鳥川沿いの道へと入ります。

Asuka01

分岐の右に咲くキバナコスモスを見て直進。

すぐにある古民家

Asuka02

いつもここに咲く芙蓉が楽しみなんですが、
やはりまだ早かったです ^^;

Asuka03

Asuka04

いつものようにフヨウと鬼瓦を撮っていると、
ちょうどこの家の奥さまにお会いしました ^^

しばしこの家の話を伺いましたが、
その話に思わずビックリ!

Asuka05_2

以前から古い瓦だと思っていましたが、
この家はペリー来航(1856)のときに造られたとか。
こちらは蔵だそうですが、
この手前には馬小屋だったという建物があります。

Asuka06

こちらがその昔は馬小屋だった建物で、
先人が馬で橿原まで通っていた時の名残とか。

Asuka07

綺麗なむっくり屋根の母屋の屋根にある鬼瓦にも
いろんな意味があるとのことでしたが・・・
メモを取らず詳しい説明ができないのが残念です ><;

Asuka08_2

母屋の前に咲くヒメフジは
舞妓さんのかんざしに使われるものとか。

そんな話を聞きながら・・・今度来るときは
また違った気持ちで見ることになりそうです ^^;

戻った石舞台古墳

Asuka09

Asuka10

入口のハギは咲き始め、
横の道路際にはヒガンバナも少し ^^;

このあと飛鳥寺へと歩きます。

Asuka11

伝承板蓋宮跡(でんいたぶきのみやあと)から
まだ緑の多い田園地帯に入ります。
正面に見える甘樫丘が今回のゴール地点 ^^;

ここを右に

Asuka12

田んぼの右に見える飛鳥寺へ。

Asuka13

本堂両脇のフヨウもまだポツポツとでした。

境内を抜けて真っ直ぐに歩き
「奈良万葉文化館」の裏入口へ向かいます。

Asuka14

入口を入ると万葉庭園
目の前には復元された「遺構」があり、
芝生の道を回り込んで行きます。

Asuka15

一年を通じて季節をが感じられるような
万葉の草木を植栽した庭園です。
残念ながらこの時期花は期待できませんでした ^^;

ここからゴールの甘樫丘まで遊歩道を戻ります。

Asuka16

甘樫丘周遊歩道周辺
ここにも少しだけヒガンバナガ咲いていました。

「飛鳥彼岸花祭り」は21(土)・22日(日)の両日、
21日には「持統天皇行幸ウオーク」も行われます。
そのころにはヒガンバナも見ごろを迎えるでしょう。

« 明日香 稲渕案山子ロード | トップページ | 秋! »

趣味・歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥ミニウオーク:

« 明日香 稲渕案山子ロード | トップページ | 秋! »