2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長浜 舎那院の芙蓉 | トップページ | ブルーボネット 盛夏? »

2013年8月30日 (金)

彦根 龍潭寺

滋賀県彦根市古沢町にある「龍潭寺(りょうたんじ)」。

井伊家の菩提寺である
静岡県浜松市引佐町にある「龍潭寺」の分寺で、
井伊直政が佐和山城主になったのを機に、
佐和山麓に移建開山された名刹です。

Ryotanji01

Ryotanji02


入口は佐和山城跡へのハイキングコースと並んであり、
参道を行くと奥で一緒になります。

Ryotanji03

龍潭寺白と呼ばれるムクゲの咲く参道。

Ryotanji04

山門

庭の寺・だるま寺として知られるところですが、
この日は我が身ひとりでした ^^;

Ryotanji05

ハイキングコースは奥に見える観音堂の横から
佐和山城跡へと続きますが

Ryotanji06

庭園拝観は左に折れて方丈へ。

ここへは蕉門十哲のひとり森川許六が描いた
方丈の襖絵を見にいちど訪れたことがあります。

何十年ぶりか?今回は庭園が目的でした。

Ryotanji07

その方丈南庭「ふだらくの庭」

敷きつめられた白砂に、大小四十八石を配して、
観音菩薩の浄土である補陀落山の一帯をかたどった
江戸初期の枯山水の名庭。

Ryotanji08

説明には
”白砂は大海、砂紋はさざ波を、
垣根は前が水平線、後方がはるか彼方の雲。

Ryotanji09

中央の島が補陀落山で、中天の立石は観音さまの立ち姿、
島右手の石は平安時代の僧慧萼(えがく)が
中国に渡った時の舟で、
現世から仏の世界への渡し舟となっています。”とあります。

しばし座して鑑賞。(ただ見るだけでしたが ^^;)

このあと森川許六の筆になる
方丈の襖絵56面を見て書院東庭へ。

Ryotanji10

その書院座敷から

Ryotanji11

こちらは佐和山の峰を借景に
浄土の世界を表す池泉観賞の名庭「鶴亀蓬莱庭園」。
左の岩島が亀島で、
右の槙木を中心に鶴を表わしているそうです。

Ryotanji12

Ryotanji13

庭園の上部が借景となる佐和山、
そして亀島の左には我国でも最高のものといわれる
直下型の枯れ滝、”龍門瀑”があるそうですが・・・
それってどれ?の世界でした ><;

そんなふたつの名庭を独占して楽しんだ「龍潭寺」 。

こちらはオマケです ^^;

Seiryoji

「龍潭寺」の傍にある「清凉寺」。

石田三成の重臣島左近の屋敷跡に
井伊直孝が父・直正の墓所として開基した寺院で、
歴代彦根藩主井伊家の菩提寺です。

彦根佐和山麓にあるふたつの寺院、
遠い昔を思い出して訪ねてみました。

« 長浜 舎那院の芙蓉 | トップページ | ブルーボネット 盛夏? »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦根 龍潭寺:

« 長浜 舎那院の芙蓉 | トップページ | ブルーボネット 盛夏? »