2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近江妙蓮公園 | トップページ | 大栗安の棚田 »

2013年7月30日 (火)

くんま水車の里

静岡県浜松市天竜区熊(くま)地区。
県道9号線(天竜東栄線)の愛知県との県境近くの
閑静な山里に道の駅「くんま水車の里」があります。

駅内にあるそば処「かあさんの店」が目的で、
休日には多くの人が訪れるそうですが、
この日はすでに凄い数のバイクや自転車が並んでいました。

どうやらツーリング中ののライダーたちが、
休憩場所として利用する人気のスポットでもあるようです。

Kunma01

駅の建物に併設されて水車小屋があり、
これが名前の由来のようです。

前置きが長くなりましたが、
この日の目的はここから黒滝・寺平をめぐる
里内の森林散策でした。

Kunma02

建物の裏は阿多古川が流れ、
水遊びができる「水車水辺の里」が整備されています。

Kunma03

その清流阿多古川を渡り散策コースに入ります。

道沿いに咲くヤマユリと、
まだ蕾みが固いタマアジサイの群生を見ながら

Kunma04

阿多古川のせせらぎを聞き

Kunma05

静寂のスギ林の道を行きます。

目指すは阿多古川の源流近くにある「黒滝」です。

Kunma06

林の中を過ぎれば林道、
右に復路の道を見て先へと行きます。

Kunma07

途中にある農業用水のために造られた小さな堰や、

Kunma08

間伐された天竜美林を見ながら、
東海自然歩道を山奥へと入って行きます。

Kunma09

県境まで4キロを切った辺りで目的の黒滝分岐です。

     Kunma10_2

道を分けるとすぐにその黒滝が見えます。

Kunma11

岩の色が黒いことから黒滝と言われているようですが、
滝は上下2段になっており、1段目は高さ5m、幅3m。

Kunma12

2段目は高さ4m、幅2mです。

特筆すべき滝ではありませんが、
この散策コースのひとつのハイライトになっています ^^;

ここから折り返しますが、
このあとは山里の寺平集落を抜けて戻ります。

Kunma13

道を変えて通るその集落、
里山の風景を楽しみながら民家の軒先を通り抜けます。

Kunma14

抜けるとその周辺にもたくさんのヤマユリが咲きます。

Kunma15

スギ林のなかを通る道、
これがこの山里の生活道路ですね~ ^^;

川を何度か渡り戻った道の駅「くんま水車の里」

Kunma16

ちょうど各施設の開店時間でした。

くんま森林散策、「黒滝・寺平コース」全行程5.0km。
滝と美林と里山の風景をゆっくりと楽しんだ前半でしたが、
このあとは予定にはなかった特別編。
「くんま水車の里」からひと山越える散策です。  camera 28日

« 近江妙蓮公園 | トップページ | 大栗安の棚田 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

くんま水車の里。
このネーミングにひかれて行ってみたいなと思っていながらまだ行ったことがありません。
そっか、ライダー多いんですね。
こんな山の中のお散歩もしてみたいです。(・・・徒歩で?^_^;)

gen さん
ネーミングにひかれて、には同感でした。
まぁ、予想とは違いましたが里はかなりの山間です。

こうしたくねくね道はライダーに好まれるのでしょうかね。
ここはライダーの方たちのたまり場のようでした。
徒歩、
激走もいいですがたまには・・・いいかもですね ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/57881441

この記事へのトラックバック一覧です: くんま水車の里:

« 近江妙蓮公園 | トップページ | 大栗安の棚田 »