2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 青山リゾートあじさい園 | トップページ | 続 潮かけ祭り »

2013年7月11日 (木)

潮かけ祭り

三重県志摩市志摩町の和具港で、
7月8日(月)、旧暦6月1日に行われた「潮かけ祭り」です。

和具の八雲神社に祀られている海の女神・
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が、
沖合2キロほどにある大島の祠に里帰りするのを祝い、
海の安全と大漁を祈願する神事で、
790年余の伝統ある海の祭りです。

Wagu01

和具漁港周辺に掲げられた幟。

Wagu02

着いた時にはすでに船団は漁港を出港していましたが、
ご神体を載せた まんどう船(満胴船)がその準備中で、
ちょうど岸壁を離れるところでした。

     Wagu03

花火が打ち上げられるなか

Wagu04

まんどう船が出港して行きます。
このあと沖合にある大島でこの日採れた海産物を奉納して
神事が行われ、先に海女船が戻って来ますが・・・

Wagu05

それまで待つこと2時間ばかり、
何もない和具港での待機です ^^;

     Wagu06

自然歩道を歩くにも海から離れると猛烈な暑さ!

”潮かけ”だけの見物ならお昼前に着けばいいんですが、
初めての祭りで最初から見たく10時前に到着でした。

人がどんどん増えてくるころ

Wagu07

海女さんを乗せた2隻の船が帰ってきます。

Wagu08

最初に戻った海女さん船は、
すでに岸壁で子供たちと潮かけを始めています。

そのあと次々と漁船が帰ってきますが、

Wagu09

まず潮かけの標的は岸壁の見物人でした!

この女性、知っていたのか知らなかったのか?
いきなりの放水にも動かず全身びしょ濡れです><;

Wagu10

ここが最初に標的になる場所と聞いていて、
我が身は水の届かぬ岸壁から撮影でした ^^;

Wagu11

今度は海女さん船同士の水のかけ合いです。

その後は船と、人どうしのの海水のかけ合いです。
船には漁師の人やその家族たちが乗っています。

Wagu12

もともとは大島で神事が終わったあとに、
けがれを祓い浄めるために沖で海水をかけ合ったそうですが、
それが漁港でも行われるようになったとか。

Wagu13

Wagu14

この辺りはまだ前哨戦?

     Wagu15

再び花火が打ち上げられると まんどう船が帰ってきます。

Wagu16

船団を従えて漁港に入るまんどう船

Wagu17

Wagu18

岸壁に接岸しご神体が神社に還ります。

すでに漁港は凄い数の船が集まっていました。
このあと天下ご免の奇祭といわれる「潮かけ祭り」、
そのクライマックスを迎えますが・・・続きます。

« 青山リゾートあじさい園 | トップページ | 続 潮かけ祭り »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/57751197

この記事へのトラックバック一覧です: 潮かけ祭り:

« 青山リゾートあじさい園 | トップページ | 続 潮かけ祭り »