2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なばなの里 バラまつり | トップページ | 上野台公園のカキツバタ »

2013年5月19日 (日)

東海道石薬師宿

三重県鈴鹿市石薬師町。

東海道53次の44番目の宿場町で、
歌人で国文学者でもある佐佐木信綱の生誕の地でもあり、
その作詞による”夏は来ぬ”の
卯の花(ウツギ)の咲く町でもあります。

Suzuka01

ちょうど町の真ん中あたりにある「佐佐木信綱記念館」。

この辺りがその卯の花の咲くところですが、
残念ながらすでに終盤を迎えていました。

記念館の横には佐佐木信綱の生家がありますが、
記念館からその生家が見学できます。

Suzuka02

Suzuka03

生家の裏庭に咲く卯の花ですが、
奥の1本がまだ満開でした ^^;

Suzuka04

庭先から玄関

Suzuka05

玄関先の土間に掛かる「夏は来ぬ」の額です。

ちなみに、「卯の花の匂ふ垣根に」の 
”にほふ”は花のにおいではなくて、
花の色が美しく照り映えるという意であり、
視覚の面での表現である・・・と、、
以前に館長さんの雑考を読んで書いたことがあります。

Suzuka06

裏庭に面した座敷、
ここはすべて撮影可で見学できます。

表に回って

Suzuka07

こちらが表玄関

この日は子供たちの見学があって
入口が開けられていました。

Suzuka08

生家の横には元は土蔵であったという
「石薬師文庫」があります。
5月初旬の八十八夜の頃にはここも卯の花で埋まります。

Suzuka09

また宿町の道筋には36首の歌額が設置されていて、
「信綱かるた道」と名付けられています。

Suzuka10

石薬師宿には3つの本陣がありましたが、
そのひとつ「小澤本陣址」です。

Suzuka11

そして宿の案内板ですがやはり卯の花です ^^;

この辺りが宿の北側でそのまま南へと歩きます。

Suzuka12

宿場の面影はもうありませんがこの町の方は、
佐佐木信綱と卯の花、そして宿場町としての
石薬師町を大切にされている・・・そんな町です。

その町名に由来したお寺が町の南側にあります。

Suzuka13

南に下ると道は大きくカーブして、
国道1号線を瑠璃光橋で渡ります。

すぐに「石薬師寺」の大きな看板と北門を見て
そのまま南下して行きます。

Suzuka14

北門から入って境内を歩いたほうが近いんですが、
やはり正面から、
ここが「高富山 石薬師寺」山門です ^^;

Suzuka15

弘仁年間には「高富山西福寺瑠璃光院」と呼ばれていましたが、
元和2年(1616)に東海道石薬師宿が制定されると
「高富山 石薬師寺」に改称されます。

Suzuka16

本堂
本尊は弘法大師が自ら刻んだという「薬師如来像」。

東海道「石薬師宿」
卯の花の咲き誇る宿場町をと訪れましたが、
それは叶わず ^^;
ぶらりとひとときのまちかど散策でした。   camera 17日

« なばなの里 バラまつり | トップページ | 上野台公園のカキツバタ »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/57403181

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道石薬師宿:

« なばなの里 バラまつり | トップページ | 上野台公園のカキツバタ »