2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石楠花の室生寺’13 | トップページ | 長谷寺のシャクナゲ »

2013年5月 3日 (金)

長谷寺のぼたん

宇陀市の「室生寺」から桜井市の「長谷寺」へと、
3年ぶりのセット拝観 でした^^;

室生寺はシャクナゲだけですが、
長谷寺はぼたんにシャクナゲの両方が楽しめます。
今はともに”見ごろ”の情報でした。

Hase01

すでにこちらは凄い人です ^^;

登廊左右に咲くぼたんを含め、
境内には150種、7,000株が咲き誇ります。

Hase02

Hase03

Hase04

花の女王!
これだけは説明もいらないでしょうし、
言われてもできません ><;

Hase05

Hase06

ここもあまりタイミングが合わず、
これだけ咲いたぼたんを見るのは初めてです。

Hase07

Hase08

登廊の左右に咲くのはここまで ^^

この先中廊からはシャクナゲに変わりますが、
それはあらためて・・・。

Hase09

納経所横のぼたん園から本堂に参拝して、
五重塔へ出ます。
周辺に咲くシャクナゲを楽しみながら本坊へ。

Hase10

途中の「写経殿」横にあるぼたん園、
奥にはオオデマリが満開でした。

Hase11

本坊への西参道両脇にはずらりとぼたんが並びます。

こんなに数があったかと?思うほど。

Hase12

やはりこのアングルでしょうか。

門をくぐって本坊前のぼたん園へ

Hase13

ここからもう1枚 ^^;

この日は本坊の玄関が開けられていて、
そこにはこんな演出も。

     Hase14

廊下の先にはノムラモミジ(猩々野村)です!
その前にはぼたんが置かれていました。

Hase15

これです、
何とも楽しませてくれる演出です ^^

冬の寒牡丹には何度も訪れていますが、
久しぶりに訪れた春ぼたんとともに
これにはまた嬉しい「長谷寺」でした。   1日

« 石楠花の室生寺’13 | トップページ | 長谷寺のシャクナゲ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

またまたこちらも素晴らしい写真 です☆
私は観ていない所もあるようです。(笑)
次回は 参考に行かせて頂きます。o(^-^)o
いつも早朝スタートなんですね~☆
お元気で 何より です♪☆♪

おはようございます。

GWの後半が始まりました。

室生寺のシャクナゲを見たら、やはりここでしょうボタンが見頃のようですね。

人も多そうですね、いい時期はこれも仕方ないですね。

さあ、次はどちらに・・・・楽しみです。

好好爺さん

「長谷寺」の方へは数回お参りしています。やはり古典文学の関係です。紫式部とか道綱母とかの参拝の多かったお寺ですね。平安朝貴族の信仰が篤かったようです。その雰囲気に浸りたい思いがありました。急な「登り廊」は趣きが深いです。その両脇の牡丹の乱れ咲き、何度眺めても素晴らしいと思います。お写真でその雰囲気が良く窺われます。

miyabi さん
少し咲き過ぎとは贅沢ですかね ^^

ひと花のアップなら撮るのも楽なんですが、
見栄え良くまとまった花を撮るのは難しいです。
ここへは遅い時間に行かれたようで気持ちが急きましたか ^^;
今日は久しぶりの祭りで少し早めのスタートでした。

風 kei さん
花も凄い咲きようですがその分人もですね。

久しぶりのセット拝観でしたが、
戻るときの室生寺もしかりで ^^;これはもう止む無しです。
後半の連休、
東名阪だけは避けてと思いながら・・・どうなりますやら。

shuttle さん
長谷寺と古典文学ですか。

詳しくは分かりませんが平安時代の観音信仰と、
蜻蛉、更級日記の作者たち、そして源氏物語の玉鬘ですね。
仁王門をくぐって最初に見る登廊は、
長谷寺だけが持つ雰囲気に浸れるところです。
両側に咲く寒牡丹もいいですが、
春のぼたんはまたいっそう華やかです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺のぼたん:

« 石楠花の室生寺’13 | トップページ | 長谷寺のシャクナゲ »