2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 五条川・桜紀行 | トップページ | 木曽三川公園センター »

2013年4月 9日 (火)

陶彩の径・多治見市

岐阜県多治見市にいくつかの散策コースがありますが、
サクラの並木道があるという「陶彩の径」を歩いてみました。

多治見駅から南へ5分ほど歩き、
陶都大橋を渡るとその入口があります。

Tosai01

専用歩道橋を渡るとここが「旧本多治見駅跡」。

昭和3年(1928)から53年(1978)まで、
多治見駅から笠原町までの4.5キロを結んでいた
笠原鉄道(東濃鉄道笠原線)の廃線跡を、
自転車歩行者優先道路として整備された道です。

Tosai02

Tosai03_2

最初は見事なユキヤナギと、
シダレサクラの道が続きます。

右に「多度神社・さくらの森」と
「佐倉宗吾大明神」のサクラを眺めて、
細い一般道路を横断して行くと

Tosai04

その先にはチシオモミジが植えられています。
すでに真っ赤な新芽が出始めていました。

ここを抜けるとこの日の目的でしたサクラです ^^;

Tosai05

まずは下から ><;
すでに散り積もった桜の花で道は真っ白!

さくら吹雪の舞う中ですが花はまだ大丈夫 ^^

Tosai06

まぁ、どちらも見事なものです。

     Tosai07

延々と続く桜並木ではありませんが、
こうしたサクラのトンネルもあり次々と現れるサクラ並木に、
それぞれに違ったサクラを楽しみます。

Tosai08

ここから一旦桜並木は途切れます。

すぐ先で「旧市之倉口駅跡」を通過、
すぐに1.5km地点。

Tosai09_2

次の桜並木は笠原川沿いになります。
散る花びらが川面に散って流れます。

Tosai10_2

そして再びサクラのトンネルに・・・
ここまでが桜並木の道でした。

Tosai11

廃線跡を整備した遊歩道には
こうした駅跡の案内板が立てられています。

ここが多治見駅から3番目の「旧下滝呂駅跡」。
珍しい掘割の駅で、
利用者はホームまで線路を歩いて渡っていたそうです。

Tosai12

その掘割

Tosai13

抜けると再びチシオモミジとサクラの道です。

Tosai14

Tosai15

遠くのサクラも入れてみました ><;
黄色い花はレンギョウです。

     Tosai16

「旧滝呂駅跡」の傍にあった
公園の子供の像とベニシダレサクラ ^^;

ここまで3km、いくつの桜並木があったか?
数えていませんでしたが素晴らしい桜並木でした。

Tosai17

旧滝呂駅跡から少し先にあった枕木
廃線路のの名残でしょうか?
ここまでが最初の「陶彩の径」だったようです。

この先、最後の駅跡(笠原)までは
新しい遊歩道が整備されていました。

Tosai18

残りの道は歩くだけでしたが、
ここが笠原鉄道の終点?「旧笠原駅跡」でした。
この先は東濃鉄道専用道路になっています。

道に埋め込まれた4kmの距離板を確認して引き返します。
初夏を思わせる暑い日でしたが吹く風が心地よく、
桜吹雪とともに楽しんだ「陶彩の径」ですした。   5日

« 五条川・桜紀行 | トップページ | 木曽三川公園センター »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶彩の径・多治見市:

« 五条川・桜紀行 | トップページ | 木曽三川公園センター »