2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大池公園 梅林 | トップページ | 芭蕉と杜国・田原市保美町 »

2013年3月 9日 (土)

日野ひなまつり紀行

滋賀県日野町で行われてきた
「日野ひなまつり紀行」も今週末で終了します。
こんなに遅くなるとは思いもしませんでしたが、
春の陽気?に誘われるようにようやく出かけました。

もう何年も続けて訪れ紹介していますが、
我が身としては
ここも飽きない雛めぐりの町のひとつです。

Hino01

観光拠点の「まちかど感応館」前に飾られた
”ほいのぼり”と”ひなまつり”の案内板。

Hino02

その館内の飾りを見て
日野の町なかをひと回りする雛めぐりへと出かけます。

Hino03

やはりこの町は新町(しんちょう)の通り、
”桟敷窓”から見るおひなさんから楽しみます。

Hino04

以前の古民家が綺麗に改装されて、
お休み処「風流郷(ふるさと)邸」になっていました。

座敷で接待が受けられますが

Hino05

ここに飾られていた段飾り、御殿飾りのお雛さんから、
選んだのはこの飾りです ^^;

Hino06

こちらは一般家庭の桟敷窓からの様子ですが、
飾り付けにもいろいろと工夫されています。

Hino07

Hino072

いつもは玄関間から座敷に飾られていたお家ですが、
今年は庭先を奥へと入った部屋に飾られていました。
江戸から明治、大正、昭和までのお雛さんが並びます。

本町筋から戻って下鍛冶町へ、
ここも毎年見せていただいている「ふる里のおもちゃ館」。

Hino081

いきなり庭先の窓に古雛です ><;
太陽でお雛さんが傷むのではないかと心配しましたが、
敢えて見ていただくためにとのことでした。

ここのおひなさんも素晴らしいものがありますが

Hino082

何年ぶりかで載せる江戸時代の享保雛です。

Hino09

平日の人も少ない朝一番からの”ひなめぐり”でしたが、
昼ごろになるとさすがにひとが多くなります。

東の会場から西の会場と見て、
戻る途中にある古雛がたくさん飾られているお店。

Hino10

古雛は紹介しましたが今回はこの官女。

以前に近江八幡で見たことがありますが、
「狆(ちん)引き官女」です。
昨年もここは拝見していますが、
これは気がつきませんでした ><;

そして、鍵之手辻の”ちょっといっぷく”と、
書かれた案内板につい目がいった”おひなさん”。

Hino111

思わず中に入れてもらいました。
”年代は分からないが江戸時代か明治か”とのこと。
(お雛さんは髪の毛がなく黒塗りで、
個人的には江戸末期と思いながら拝見しました ^^;)

そしてもうひとつ

Hino112

これも素晴らしい古雛でしたが、
女雛の冠からは明治後期から大正初期でしょうか?
なぜかこの町では毎年こうした古雛に出会います。

最後になりましたが「日野商人館」の”おひなさん”から

Hino12

今年もまたたくさんの古雛や人形が飾られていましたが、
今回のポスターに使われていた「享保雛」です。

Hino13


この日も汗ばむほどの暖かい日でしたが、
町なかをひとめぐりして戻りました「まちかど感応館」周辺は
すでに多くの人が”ひなめぐり”を楽しまれていました。

« 大池公園 梅林 | トップページ | 芭蕉と杜国・田原市保美町 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

ここ日野町のお雛様もなかなかの見応えがありそうです。
いつか出掛けて見たいです、覚えおこっと!

風 Kei さん
ここの古雛も見応えがあります。

5年続けて見ているため古雛も選んでいますが、
個人のお宅にも驚くようなお雛さんがあります。
ぜひ出かけてみてくださ ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日野ひなまつり紀行:

« 大池公園 梅林 | トップページ | 芭蕉と杜国・田原市保美町 »