2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 二川宿本陣ひなまつり | トップページ | 津・大門のおひなさん »

2013年2月20日 (水)

二川伏見いなり

豊橋市大岩町にある「二川伏見いなり」です。

以前から存在は知っていましたが、
いつも植物園にばかりで訪れる機会がなかったのですが、
今回は「おひなさん」を見た帰りに立寄りました。

Fushimi01

境内の参道を行くとちょうど県道3号線(二川バイパス)が、
参道と大鳥居を分断しています。

特に何があるという訳ではありませんが、
伏見稲荷ということでやはり気になっていました ^^;

Fushimi02

大鳥居をくぐると二の鳥居?

ここは桜の季節には御衣黄(ぎょいこう)で有名だそうですが、
この日も境内には”マンサク”、”ツバキ”、”子福桜”、
”ローバイ”、”ウメ”などが咲いていました。

Fushimi03

本殿
この裏山は小高い丘になっていて6ヶ所の峯社に、
摂社、末社が祀られています。

本殿横からその御山への巡拝ができますが、
本来の入口は大鳥居の横から ^^;

Fushimi04

一旦戻って、その入口です。

Fushimi05

赤い鳥居が建ち並ぶ巡拝道。

Fushimi06

途中で道が分かれますがここは右回りで ^^;

Fushimi07

最初のお社は
右に「御石宮司社(おしゃぐししゃ)、
左に「雄健霊子命神社(おたけびのみこじんじゃ)」
さらに奥には「印章神社」があります。

Fushimi08

道を巡って行くと次が「御膳ケ谷・奥村社」

Fushimi09

道は軽い上りになります。

Fushimi10

「長者ケ峯・豊久社」
それぞれ説明の立札がありますが省略 ><;

Fushimi11

そして、一段と高いところに「一ノ峯・末広社」

Fushimi112

それぞれのお社の周りにはたくさんの小さな赤い鳥居と、
「・・大神」と書かれた柱がありますが、
これらは信仰する方たちが建てられた各家の守護神で、
”いわくら”と言われるものだそうです。

Fushimi12

道は下りにかかります。

Fushimi13

続いて「二ノ峯・青木社」
これは”猿田彦”さんだそうです ^^;

横にある「高山神社」を見ると

Fushimi14

すぐに「三ノ峯・白菊社」があります。
ここが最後のお社でした。

ここからは鳥居の建ち並ぶ道を下るのみ ^^;

Fushimi15_2

Fushimi16

これで御山を一周、
最初の分かれたところに戻って来ました。

”明治43年に、京都の伏見稲荷大社から御分霊を
いただいた年を創祀としています!”と、あります。
当初は豊橋市の中心部にあったようですが、
手狭になったため昭和2年に当地に移ったとも。

Fushimi17


本殿前のしだれ梅もほころび始めていました。
梅まつりの便りも聞かれます。
寒い日が続いていますが春の訪れはもうすぐでしょうか。

« 二川宿本陣ひなまつり | トップページ | 津・大門のおひなさん »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二川伏見いなり:

« 二川宿本陣ひなまつり | トップページ | 津・大門のおひなさん »