2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 恵心院の水仙 | トップページ | 二川宿本陣ひなまつり »

2013年2月18日 (月)

近江八幡 ひいなのほほえみ

滋賀県近江八幡市で行われている
近江八幡節句人形めぐり
「町なみに装うひいなのほほえみ」です。

施設に飾られたお雛さんは
今までに何度も紹介してきました。

Omi801

この日は晴れたり吹雪いたりと定まらぬ天気のなか、
町なかの”ひいな”を巡りました。

まずは「白雲館」のお雛さんから

Omi802

Omi803

2階に展示されていたお雛さんから、
可愛い”ひいな”と古雛のふたつ。

ふたたび吹雪く町なかを

Omi804

旧八幡郵便局に

Omi805

ここには段飾りとこの小さな内裏雛でした。

すぐ隣にある「酒遊館」
展示場にはひな飾りとともに武者飾りもありましたが、

Omi806

その段飾りから

Omi807

泣、笑、怒の表情がはっきりした京雛の仕丁ですが、
一人が立つというちょっと珍しいものです。

Omi808

降る雪が激しくなるなか
ここは展示会場17番ですが・・・
開いているのかいないのか?分からぬままに。

先を急いで飛び込んだ古民家「奥村邸」

Omi809

ふたつの段飾りがありましたが、
気にいったのはその下にあったこの陶雛でした。

ここで激しい雪、吹雪きです ><;

Omi810

ボランティアの方たちにより管理されている
空き町家再生事務所というこの建物で、
しばし吹雪の止むのを待って接待を受けました。

雪が小止みになるのを待って町なか雛めぐりを再開 ^^;
次は展示会場22番
創業天明4年(1784)という表具師「立木屋」さん。

Omi811

ままごと遊びの道具がびっしりと並ぶなか、
お母さん?の話を聞きながら・・・
お雛さんも素敵でしたが注目はその三人官女。

Omi812

説明に思わず驚き、ブレ写真ですが ><;
どうでしょうか ^^;
我が身としては初めて見る老女の官女でした。

そしてままごとの道具から

Omi813

見事な芥子櫛
他にも驚きの人形や道具の数々でした。

あとは町なかを外からの雛めぐり、
最後はやはり昨年驚いた古雛のある古民家
麻香「ギャラリー淡海座」。

     Omi814

今年はこの立雛と

Omi815

大正15年(1926)という内裏雛です。
何度見ても素晴らしい古雛に今年も堪能しました。

今年は何年ぶりかの吹雪のなかでしたが、
寒さに震えながらも気持ちはホッとにさせられた
”近江八幡ひなめぐり”でした。

« 恵心院の水仙 | トップページ | 二川宿本陣ひなまつり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

好々爺さん

近江八幡は、綺麗な街ですよね。昔から裕福な商人の町として
栄えましたから、「お雛様」も立派なもの、豪華なものが多いのでは
ありませんか。しかし、「老女の官女」の白髪には驚きました。こんな
官女を見たのは初めてです。

shuttle さん
今年は町なかのおひなさんを中心に載せています。

それでも立派な古雛や人形がありますね。
「老女の官女」にはさすがに驚きました。
気に入ってわざわざ買われたものだそうですが、
明治期のもののようです。
こういうのを拝見すると雛めぐりが止められません。

いいなぁぁ行ってみたいです。
この時期滋賀へはどこを通りますか?
石槫?あれ?閉鎖してるのかな?
場所によっては雪ですもんね。

gen さん
石博はトンネルのおかげで冬期通行可です。

ただし、雪の日はあまり走りたくない道ですね。
この日は山に近付くと雪になり、
近江側は残雪に猛吹雪と最悪の日でした ><;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江八幡 ひいなのほほえみ:

« 恵心院の水仙 | トップページ | 二川宿本陣ひなまつり »