2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 二川伏見いなり | トップページ | 東海道のおひなさま・関宿 »

2013年2月21日 (木)

津・大門のおひなさん

「おひなさまめぐりin二見」から始まった
今年の”美し国(うましくに)三重 ひな街道”ですが、
今週から他の会場も次々とスタート!

この日はまず「津・大門のおひなさん~結~」でした。

Tsu01

昨年は出かけていませんが、
メイン会場が元に戻ったようです。

Tsu02

周囲に並ぶ段飾りと、
中央にはたくさんのお雛さんです。

Tsu03

こちらはサブ会場、
中央には雛道具が置かれています。

特にというお雛さんはありませんが、
古いものでも昭和50年代の段飾りが中心でしょうか?

そんな中からメイン会場の正面にあった御殿飾り

Tsu041

江戸末期のもので、
御殿と官女は以前にも載せました。

今回はその3段目にある仕丁です ^^;

Tsu042

関西風の仕丁で道具の熊手が無いのが残念ですが、
顔の表情と仕草も楽しいですね~。

Tsu05

ちょっと暗いですが ><; 小さい内裏雛、
いいお顔でした。

では、町なかのおひなさんです。

     Tsu06

明治生まれの”おばあちゃん”のおひなさん。
どれも素晴らしいですがその内裏雛

Tsu07

どうもこの手の小さいものに弱いのか^^;
ついその造りに見惚れてしまいます ><;

Tsu08

Tsu09

こうした飾りが楽しめるのも
町なか雛めぐりの嬉しいところ。

Tsu10

平成22年の「束帯雛」
さすがに豪華な西陣織衣装の十二単本仕立。

Tsu11

こちらは昭和初期の見事なお雛さん。
これだけ綺麗に保存されていると嬉しいものです。

そして津・大門のおひなさん最後はこちら

Tsu12

本場、伊豆稲取の”雛の吊るし飾り”が見れるお店ですが、
今年はこの「瓢箪のひな飾り」です。
これは初めて見ました!
綺麗に揃った瓢箪に素敵な絵でした。

伊勢の二見以来しばらくぶりの三重の雛めぐり、
このあとは津から北へと走ります。

« 二川伏見いなり | トップページ | 東海道のおひなさま・関宿 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津・大門のおひなさん:

« 二川伏見いなり | トップページ | 東海道のおひなさま・関宿 »