2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山中温泉  | トップページ | 名城公園 梅まつり »

2013年2月 5日 (火)

兼六園

北陸の旅の2日目は朝から雨になりました ><;
次の目的地は金沢市の「兼六園」です。

降りしきる雨に途中で予定を変更、
思い出の「奥の細道」めぐりは断念して観光だけに、
「兼六園」と「近江町市場」に絞ります。

着いたら雨は小降りになりました。

Kenrokuen01

「兼六園」といえばやはりこれ!
「虹橋」から見る「徽軫(ことじ)灯籠」と「霞ヶ池」。

思えばここも9年前に、
灯籠の傾きを修理するため25年ぶりに解体されるという、
その作業が始まった日に遭遇したのが懐かしいです。

「兼六園」
あまりにも有名で今さら説明することもありませんが、
園内の散策コースは時計回りに・・・とあります。

Kenrokuen02

そのまま「月見橋」を渡り右回り ^^;

すぐにあるのが「雁行橋」
11枚の赤土室石が使われ、
雁が列をなして飛んでいる姿に造られているそうです。

Kenrokuen03

「七福神山」を回り込むとあるのが「兼六園菊桜」
ひとつの花に花びらが300枚以上もつくという、
日本でひとつしかなかった兼六園菊桜の二代目。

その横にあるのは

Kenrokuen04

「根上松(ねあがりのまつ)」

この後ろには

Kenrokuen05

「明治記念の標」で像は”日本武尊”
西南の役で戦死した郷土出身の将兵を祀った記念碑。

ここから「花見橋」を渡り南東にある「山崎山へ。

Kenrokuen06

その東側にある上り口
我が趣味の世界ですが ^^;芭蕉句碑があります。

” あかあかと 日は難面(つれなく)も 秋の風 ”
 
 
        「奥の細道」金沢にての途中吟。

Kenrokuen07

「山崎山」頂部休憩所を抜けて
随身坂入口の横にある梅林へ。

Kenrokuen08

Kenrokuen09

梅はまだ咲いていませんが、
”マンサク”が咲いていました。

梅林を抜けて

Kenrokuen10

「時雨亭」を回り込みます。

Kenrokuen11

「栄螺山(さざえやま)」の麓
「内橋亭」横から見る「霞ヶ池」と”蓬莱島”。

Kenrokuen12

湖畔まで迫る栄螺山の山裾に造られた
狭い道「親不知」を通り抜けます。
雨に湿った石道は・・・親不知を思い出します ^^;

Kenrokuen13

対岸に見えるのは
冬の雪吊りで知られる「唐崎松」。

ここから少し戻るように行くと

Kenrokuen14

「瓢池(ひさごいけ)」と「翠滝(みどりたき)」、
そして中島に建つ「海石塔」は
兼六園の景勝のなかでも見どころのひとつ。

Kenrokuen15

「夕顔亭」と”伯牙断琴の手水鉢”を見て
そのまま直進して行きます。

Kenrokuen16

その先には「噴水」
「霞ケ池」を水源として自然の水圧であがり、
それは霞ヶ池の高さまでという。

Kenrokuen17

そしてその横にある「黄門橋」
謡曲「石橋(しゃっきょう)を題材に造られたという橋。

渡った先で左に行くと

Kenrokuen18

「徽軫灯籠」に戻って来ました。
できれば雪の・・・と言いたいところでしたが、
雨の兼六園もまた良し ^^;

あとは金沢城公園を通り抜けて「近江町市場」へ。
何を買うでもなく見てまわった北陸の短い旅でした。

« 山中温泉  | トップページ | 名城公園 梅まつり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺様
「兼六園」ご丁寧に回っての映像、このように詳しい園内、
初めて拝見致しました。
この冬は、北陸地方も雪深いと思っておりましたが、
雨だったのですねぇ。でも、お寒いことでしたでしょう。
ありがとうございました。

小雨になりましたか、暖かいのですね。
一番最近はいつだったかなあ~・・・最近はとんと思いだせなくなりました、山中温泉、兼六園ちょぴり懐かしく拝見させていただきました。
さて次は近江町市場からどちらに・・・・

好々爺さん

「兼六園」も、もう何年か訪れていませんが、景色はちっとも変わっていませんね。
雪釣りの縄がまだありますね。雪がなくて風情が乏しいです。しかし、「兼六園」に
は、素晴らしい木々があって本当に美しい庭園ですね。さすが「加賀百万石」です。

hiro さん
残念ながら雨の兼六園でした。

ここはもう説明することもありません。
久しぶりの園内をただ見てまわるだけでした。
このところ暖かくて雨でしたが
寒さはそれほど感じませんでした。

風 Kei さん
なかなかここを目的に行くことはありませんね。

この日は近江町市場から東茶屋町、
芭蕉を追って寺町の予定でしたが、
この雨の中を歩くのはと、
すべて中止して帰ってきました。

shuttle さん
景色は何も変わっていませんね。

この時期は雪の兼六園と期待していましたが、
そうはうまくいきませんでした。
せめて雪吊りが見れただけでも良しでしょうか。
この庭園にはよく映えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兼六園:

« 山中温泉  | トップページ | 名城公園 梅まつり »