2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初詣 | トップページ | 篠島大名行列 »

2013年1月 3日 (木)

西尾のてんてこ祭

毎年1月3日に五穀豊穣を祈念して行われる
愛知県西尾市熱池町にある「熱池八幡社」に伝わる
天下の奇祭「西尾のてんてこ祭」です。

2013年、新年最初の”ぶらり旅”はこの祭りから。

Hachiman

「熱池町(にいけちょう)八幡社」へと、
熱池町のまちかどから始まるこの祭り。

Nishio01

行列は塩導、神職、区長、氏子総代を先頭に

Nishio02

赤装束の厄男が小締め太鼓、米びつ、

Nishio03

酒樽と生魚(鱠に用いた残骸を〆縄に吊るしたもの)を
担ぐ3人と、竹箒を持った3人が続きます。

この祭りの主役はやはりこれ ^^;

Nishio04

Nishio05

赤装束の3人が腰に男根を形どった大根を下げ、
「テンテコ、テン」と太鼓のお囃子に合わせて腰を振る仕草!

その大根が揺れる様子を撮ろうとカメラマンが群がり、
全体の行列が撮れません ><;

Nishio06

行列が神社に到着

Nishio09

最後の竹箒を持った3人の厄男が入りました。

Nishio07

Nishio08

「テンテコ テン」と打ち鳴らす太鼓の音に合わせ、
男根を付けた腰を振るその様子が祭りの見どころ。
境内で待ち構えていた人たちにまずひと振り?

このあと神事があり、
終わると太鼓と米びつ、酒樽・生魚を担ぐ
三人の厄男たちが境内を3周します。

Nishio10

これが天下の奇祭といわれる「西尾のてんてこ祭」!

Nishio11

このあとは竹箒を持った若者が境内に用意された灰を
勢いよく撒き散らします。

Nishio12

この灰をかぶると厄除けになるといわれ、
皆さん灰の中に身を任せていました。

伊勢神宮へ献上するための御田植神事が
地元の豊年祭として今に伝わるという「西尾のてんてこ祭」。
新年早々天下の奇祭を楽しみました。   

« 初詣 | トップページ | 篠島大名行列 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

好好爺様
あけましておめでとうございます。

2日の初詣、西尾のてんてこ祭、のどかで羨ましい
お正月風景ですねぇ。今年も各地の珍しい催事の映像・記事を
楽しみにしております。
お体に気を付けて、今年もお元気でご活躍下さいますように。
本年もよろしくお願い申し上げます。

好々爺さん

西尾は、我が「三河」にあります。そのご近所さんに、こんな奇祭があったのですか。驚きました。象徴を前につけていたら、警察が飛んでくるでしょうね。辛うじて「風俗壊乱」を逃れています。女性の見物客の顔が見たいです。例年1月3日にあるのでしょうか。

hiro さん
あけましておめでとうございます。

元気で出かけられることが何よりと思いながら、
新年早々から祭り見物に出かけています。
今年もどうかよろしくお願いします。

shuttle さん
毎年1月3日に行われている祭りです。

この腰振りが何ともユーモラスで、
これを見に多くの方が見物に来ています。
女性の方も(高齢の方が多いですが ^^)たくさん見物しています。
この大根を前に付けていたら?それはかなりリアルでしょうね。
笑って見れるのは「天下の奇祭」所以でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西尾のてんてこ祭:

« 初詣 | トップページ | 篠島大名行列 »