2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 愛宕山龍泉寺 初愛宕 | トップページ | 山神の獅子舞神事 »

2013年1月28日 (月)

松阪市船江の薬師寺

三重県松阪市船江の旧伊勢街道(参宮街道)沿いに
「薬師寺」という古刹があります。

正式には「利生山延命院薬師寺」という天台宗のお寺。

Yakushiji011

山門

地方寺院には珍しい仁王門(楼門)は、
入母屋造、本瓦葺で阿吽の仁王像が安置されています。

Yakushiji012

”上下層それぞれの出三斗組(でみつとくみ)の上は
一階は勾欄(こうらん)つき廻縁を、
二階は二軒繁垂木(ふたのきしげたるき)の軒を支える。”

  Yakushiji02 Yakushiji03

阿吽の仁王像

かなりの年代を感じますが、
”承応2年(1653)に再興された本堂の後に、
仁王門も再興されたものと思われる”とあります。

Yakushiji04

その本堂

”聖武天皇の勅願所で、天平2年(730)に
行基の開基と伝えられる。”
その後の変遷を経て天正年間の兵乱で灰燼に帰しますが、
前述のように承応2年(1653)に再興されます。

ところでこの薬師寺は
戦国時代に「大河内城」を攻めあぐねた信長が、
和睦の条件に二男・信雄(のぶかつ)を
北畠の養子にしたときに預けられたところ。

戦の舞台となった「大河内城跡」は
ここ薬師寺から南西に10キロほどのところにあります。

Okawati141

その「大河内城跡・本丸跡」
ここは以前にご紹介したところ。

少ない写真で長くなりましたが、
この日の目的はこちらでした ^^;

Yakushiji05

本堂右手前にある「芭蕉句碑」です ^^;

句は
” 梅か香に のつと日の出る 山路哉 芭蕉 ”
元禄7年(1694)、芭蕉51歳のときの吟。

伊勢街道歩きを少しだけ楽しみながら、
街道沿いの古刹と芭蕉句碑を訪ねました。

« 愛宕山龍泉寺 初愛宕 | トップページ | 山神の獅子舞神事 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好々爺さん

芭蕉氏の経歴を見ますと「元禄7年」没となっています。この名句「梅か香に のつと日の出る 山路哉 」は、私も大好きな句です。最晩年に詠まれ句だったのですね。

shuttle さん
そのとおりですね。

制作年次が分かるものとしては元禄7年の最初の句が
「蓬莱に聞ばや伊勢の初便」で、
その3番目に掲載されています。
最晩年でも早い時期に詠まれたものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松阪市船江の薬師寺:

« 愛宕山龍泉寺 初愛宕 | トップページ | 山神の獅子舞神事 »