2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

ゆく年2012年 大晦日

今年も各地を気ままに巡った”ぶらり旅”でしたが、
その締めくくりはあらためてこちら。

来年は神宮の式年遷宮

Shiwasu

この春、新しく完成した外宮の「せんぐう館」、
遷宮を紹介したこの記念館は実に鮮烈に感じました。

”ぶらり旅”
 今年もご覧いただきありがとうございました。

2012年12月30日 (日)

内宮参拝

今年は雨の小晦日となりましたが、
この日は我が恒例の内宮参拝でした。

帰省ラッシュの時間を避けたため朝早い到着、
さすがに参拝客も少ない内宮です。

Jingu01

雨の宇治橋

そしてこの写真を載せないと年が明けません ><;

Jingu02

いつもの光景ですが、
山には靄がかかり参道も静かで例年とは違った雰囲気です。

Jingu03

五十鈴川御手洗場

Jingu04

霞む神域と第二鳥居

Jingu05

そして正宮に参拝です。

このあとはいつものスーパーに立ち寄り、
正月用の買い物を済ませて
我が身もようやく迎春モードに入りました。

2012年12月29日 (土)

巳年へ ジャンボ干支奉納

今年もまた恒例の行事
津市美里町家所にある「辰水神社(たつみずじんじゃ)」で、
毎年12月29日に行われた「ジャンボ干支」の奉納です。

来年の干支は”己”
お披露目のあと”巳”の親子が子供たちと関係者の方によって
集落の周辺を練り歩いて曳かれます。

Misato01001

今年は津市のゆるキャラ”シロモチ君”が応援参加 ^^
子供たちと一緒に”ジャンボ干支”を曳きます。

Misato02001

今年もまた可愛い子供の”己”です。

Misato03

曳かれる場所は毎年同じですが、
年ごとに違った干支の造り物を見るのが楽しみ ^^;
その見事な金色の”巳”が朝日に映えます。


Misato04

集落を一周して神社前に着きました。

毎年変わらぬ写真になりますが ><;
境内に入り、これから鳥居前の台座に置かれます。

Misato05

その役は津リトルリーグの少年たちですが、
あっという間に持ち上げて台座に置きます。

Misato06

市が調整されて
台座に置かれたジャンボ干支の親子。

このあと飾り付けがされて

Misato07

神事が執り行われます。

Misato08

すべてが済むと関係者の方たちと少年たち、
そして村の方たちの潜り初めで
「ジャンボ干支の奉納」は無事終了 ^^
このあと来年の2月中旬まで飾られます。

2012年12月28日 (金)

八木札の辻交流館

奈良盆地を南北に縦断する「下ツ道(中街道)」と、
東西に横断する横大路(伊勢街道)が交差するところが
橿原市北八木町の「八木札の辻」です。

その東角にある旧旅籠の「東の平田家」が整備修復され、
「八木札の辻交流館」として一般公開されていました。

Koryukan01

あらためて北八木町から歩き始めて知りましたが、
この大変身にはびっくり!これは見学しました。

入口を入った土間は休憩所になっていて、
お茶の接待が受けられます ^^;

Koryukan02

1階が接客と主人の居室部分だそうですが、
新しい板間のホールから座敷の間に入ります。
東側には3つの部屋が縦に並んでいて、
そのうちの”次の間”から奥座敷(座敷1)です。

道側にも帳場を含めて3部屋があります。

Koryukan03

帳場の次の部屋から”座敷2”
(いただいたリーフレットのままに ^^;)。

Koryukan04

”座敷2”から”座敷3”と、奥には庭が見えます。

Koryukan05

その庭
この座敷1は主人の居室だったのでしょうか?

Koryukan06

後ろを振り返りましたが”座敷2”です。

二階です ^^

Koryukan07

新しく補強された板間の広間と奥には”客間1”があります。
右手前に見えるのは旧の階段で使用できません。

そして道側には

Koryukan08

客間が4部屋ありますが、
手前から”客間4、3、2”と続いています。

Koryukan09

振り返って”客間5”

Koryukan10

そしてこちらは”客間1”

近世・江戸時代になると
河内から伊勢に通じる道は竹内街道を経て、
磐城で横大路に繋がり伊勢街道また初瀬街道とも呼ばれ、
桜井で初瀬街道に、また下ツ道は中街道と呼ばれ、
北は山城まで、南は吉野から紀伊へと通じていました。

その道の要所にあった「八木札の辻」、
伊勢参りや大峯山参詣巡礼の人々で賑わったそうです。

ところでこの2階の部屋にある欄間

海に波涛や舟、松に城などが描かれていますが、
特にこれは伊勢参りに因んだと思われるとの説明に

Koryukan11

思わず撮ったそのひとつがこの鳥居
(鳥居だけを切り取っています)
これは宇治橋のではないかと?・・・納得でした。

Koryukan12

そして夫婦岩
これは間違いないでしょう ^^

18世紀後半から19世紀前半ごろに建てられたという
歴史のある旧旅籠の内部を交流館の方に案内いただき、
この施設が横大路や、下ツ道を歩かれる方たちにとって
癒しの場所として活用されることと思います。

2012年12月27日 (木)

橿原市の下ツ道(中街道)

以前に「平城宮跡」から橿原市の「おふさ観音」分岐までを
歩いた大和の古道「下ツ道(中街道)」ですが、
道はその先をさらに南下して
橿原市見瀬の「丸山古墳」北端まで続いています。

今回は歩き残した橿原市の部分を歩きました。

Simotu01

大和八木駅から東に歩いて、
北八木町で近鉄の踏切を渡り下ツ道に入ります。

ここからあらためて「おふさ観音への分岐まで歩き、
その先へと続けます ^^;

Simotu02

趣のある民家のある古い町並みは変わりませんが

Simotu03

途中にある芭蕉句碑
以前は草花に覆われていたのが綺麗になっていました。

さらに驚いたのは

Simotu04

「八木札の辻」にあった古民家は、
何と、「八木札の辻交流館」に変身していました。

この日は古道の歩き旅、
ここはあらためて紹介したいと思います。

Simotu05

向いの古民家の角にある赤い郵便ポストは健在 ^^;

交差する左の道はこれも古道の横大路(伊勢街道)で、
この辺りは往時の古道の中心部だったところ。

Simotu06

周辺には本瓦葺きの古民家が多く建ち並び、
往時が偲ばれますがこの家もそのひとつ、
白漆喰?の虫籠窓に綺麗な格子模様が印象的です。

Simotu07

道はこの先で「おふさ観音」への分岐になりますが、
そこから先の下ツ道がまだ歩いていないところ。

Simotu08

飛鳥川を神道橋で渡ると

Simotu09

すぐに「小房」の交差点。
道は南進して行きますが・・・これは国道169号線、
ここからは国道歩きです ><;

Simotu10

すぐにある「万葉ホール」の角に建つこの石碑が、
唯一の古道の証し ^^;

何もない国道をひたすら南下

Simotu11

「神武天皇陵」への道標を見て、
その先で近鉄の畝傍御陵前駅を通過。

Simotu12

見逃しそうな小さな石柱には「いもあらい地蔵尊」と。

奥に小さな祠がありますが、
あの久米仙人が神通力を失って落ちた吉野川が、
ここ、地元では芋洗川に落ちたと伝えられているそうです。

Simotu13

すぐ先で「孝元天皇陵」の石柱を見ると丈六交差点、
ここで橿原神宮駅を通過します。

下ツ道の起点はもうすぐ ^^;

Simotu14

国道を歩くこと40分、「下ツ道」のここが起点といわれる、
かっての藤原京最西南端にあたるところでしょうか。

ここから北へ、平城宮跡の朱雀大路までは約28キロ。
奈良市から橿原市まで歩いた大和の古道「下ツ道」、
その最後の部分を歩き終えました。

そのまま近鉄吉野線の岡寺駅へ

Simotu15

ここは御陵の多い奈良明日香

Simotu16


この日はなんとも味気ない国道歩きが中心でしたが、
最後は「おふさ観音」に咲いていた”バラ”です^^
まだ綺麗な花が咲き残っていました。

2012年12月26日 (水)

奈良 一条通り界隈

奈良の西大寺から平城宮跡の北端を抜けて
国道169号線の転害門まで、
ほゞ一直線に延びる”一条通り(一条大路)”。

奈良市北部の見どころが集中する
佐紀・佐保地区を横断する道を久しぶりに歩きました。


Nara01

大和西大寺駅北口から東に進んだ二条町交差点、
道路の中央にふたつのお堂があります。

初めてここを歩いた時は驚きましたが

Nara02

Nara03

この交差点を北に行くと「歓喜寺」があり、
左にはその歓喜寺の「地蔵堂と弘法井戸」、
右には同じく「歓喜寺の地蔵尊」のお堂です。

ここから平城京跡の北端を行きますが、
この道は”一条北大路”です。

Nara04

すぐに平城宮跡の「第一次大極殿正殿」

Nara05

この辺りは完全に車歩道が分離されています。

先の交差点を過ぎて

Nara06

左に少し行くと「平城天皇陵」、
長い玉砂利の道を行くと御陵ですが御陵は省きます ^^;

Nara07

平城宮跡の「内裏」と「遺構展示館」。

ここが平城宮跡の北の端、
その先を直進していくと突き当りで道はクランク状になり、
曲がると法華寺交差点で一条通りに入りますが、

Nara08

途中から”一条北大路”から離れて
「法華寺」への道に入ります。

一条通りとは先で合流しますが、
しばらくは法華寺の傍を通る趣のある道を行きます。


Nara09

すぐに「法華寺」山門
この日は歩きが目的でこのあともすべて拝観はなし ^^;

過ぎると

Nara10

法華寺交差点に出て正面の道が”一条通り”。

ここで左折して
すぐ傍にある「海龍王寺」へ立ち寄りました。

Nara11

ここも山門だけです ^^;
法華寺交差点に戻り ”一条通り(一条大路)”に入ります。

Nara12

すぐに「一条高校」を見るとその先は国道24号線、
陸橋で国道を渡り「不退寺」への案内板で左折。

Nara13

渡る踏切はJR大和路線、
通過する列車は”みやこ路快速” ^^;

Nara14

すぐに「不退寺」ですがここは山門前が駐車場 ><;

今だかってここの山門は
まともに撮れたことがありません ><;

ここから「歴史の道」を行くこともできますが(おススメ ^^)、
一条通りに戻ります。

しばらく車の多い道をただ歩くだけで、
佐保小学校を過ぎると左手に「興福院」の案内を見ても
この日はそのまま通過しました ><;

Nara15

道は佐保川に架かる「法蓬橋」を渡りますが、
ここからは道が狭くなり古い町並みが楽しめます ^^

Nara16

その橋の手前に「聖武天皇佐保山陵」と
「光明皇后佐保山稜」があります。

ここは立ち寄りました。
ここも長い玉砂利の道を行きます。

Nara17

途中でふた手に分かれる道、
正面に「聖武天皇陵」。

右手に進むとその奥にあるのが

Nara18

聖武天皇皇后「光明皇后陵」です。

蓬莱橋に戻ってから転害門は1キロ弱

Nara19

その転害門に出ました。
あとは国道369号線(大和街道)を奈良公園へ。

Nara20

県庁横から登大路に入ると「興福寺」はすぐ。

見どころの多い佐紀・佐保を横断する一条通りですが、
今回はただ歩くだけでした。

平城宮跡や各寺社の拝観も含め、
「歴史の道」加えればまた違った散策になるかと・・・
とても楽しい道です。

2012年12月25日 (火)

年末きいながしま港市

三重県紀北町紀伊長島地区で行われている
「年末きいながしま港市」(~27日まで)。

三重県内でも各地で年末市が開催されていますが、
長期間連続で行われる「きいながしま港市」だけに、
行くならここと決めていました ^^;

Kihoku01

この日はムチャ寒いなか、
強風が吹き荒れる紀伊長島港でしたが ><;

Kihoku02

紀北町のゆるキャラ
”きーほくん”のハリボテが迎えてくれます。

会場には多くのブースが並びますが
まずは水揚げされたばかりの鮮漁の即売。

Kihoku03

袋に詰め放題で何と、値段は聞いて驚きでしたが、
そんなに詰めてもどう処理するの!?そんな世界です。

Kihoku04

こちらはそうはいけませんが真イカ、にアオリイカ、
これはお買い得で数杯をゲツト!
こちらには早朝から多くの人だかりができていました ^^;

Kihoku05

大漁旗の懸かるテント造りのブースで、
鮮魚から干物、乾物、地元特産品など何でもありです。

Kihoku06

Kihoku07

こちらは伊勢エビにアワビ、ナマコなど、
交渉次第では安くなる?・・・かも ^^;

Kihoku08

会場には買ったものをその場で焼いて食べることができる、
七輪の貸出しコーナーもあります。

Kihoku09

Kihoku10

紀伊長島は干物でも有名ですが、
やはり圧倒的に多いのはその干物でしょうか?

Kihoku11

この日のイベントは
地元の食材を使った”大敷汁”のふるまいや、
ビンチョウマグロの解体ショー&ふるまいなど ^^;

Kihoku12

そこまで待つだけの余裕もなく ><;
この日は買い物だけ済ませて帰りました。

買ったイカと干物がお買い得ならまた来年も・・・
そんな気にさせられた ^^
紀北町の「年末きながしま港市」でした。   camera 24日

2012年12月24日 (月)

長谷寺の冬ぼたん

この連休はまず趣味の歩きと決めていましたが、
まずは旬もの「長谷寺」です。

もちろん目当ては「冬ぼたん」 ^^;

Hase01

朝一番の到着でしたが、
静かな登楼にすでに人影が・・・

その登楼横の「冬ぼたん」は

Hase02

まだ準備中です ><;

Hase03

藁帽子は3つ、
これから順次増えていくようですが?

Hase04_2

やはり見ごろは年明けかと ^^

Hase05

冬枯れの長谷寺

境内は工事中で奥の院からから先は通行止め、
帰り道を本坊に行きます。

Hase06

お馴染みの光景ですが・・・花はまだ蕾 ><;

Hase07

Hase08_2

残念ながらここもやはり年明けのようです。

期待はしていませんでしたが、
やはり寂しい風景には気落ちします ^^;

Hase09

Hase10_4

帰り道の出口にあった1本のモミジの木。

小枝に付いたたくさんの朝露に、
少しは気分も清々しくなった「長谷寺」でした。 camera 23日

2012年12月23日 (日)

熊野灘 夕景

高校の同期会が行われた志摩市浜島のホテルから、
熊野灘に落ちる夕日を撮ってみました ^^;

Hamajima

ホテルのガーデンから見た昼間の熊野灘、
ちょうど太陽が右側にあります。

夕景です ^^

Hamajima01

太陽が熊野灘に沈み始めます。

Hamajima03

定点ではありません ><;

海に沈む夕日と空の雲を追ってみました。

Hamajima04

Hamajima05

Hamajima06


こういう機会でしか撮ったことがない夕日ですが、
しばし”ぶらり旅”もひと休み ^^;
これもまた旅?の楽しみか ^^熊野灘の夕景でした。

2012年12月22日 (土)

志摩マリンランド

この時期になるとやはりここに来てしまいます。

志摩市賢島にある「志摩マリンランド」
今年も恒例の新春特別展「ヘビにちなんだ魚たち」。

Simam01


その来年の干支”巳”にちなんだ魚たちです。

Simam02

その会場ですが、
ハナから”蛇首ガメ”です ^^;

Simam03

名前は”ニューギニアヘビクビガメ”

撮り方が悪い訳ではありませんが、
その長~い首を出してくれません ><;

そして正面の水槽には”ホタテウミヘビ”ですが、
こちらは砂のなか ^^;

Simam04

こちらは尻尾だけの”シマウミヘビ”

Simam05

こちらは頭だけの”ゴイシウミヘビ”
身体に黒い斑点が並ぶそうですが見えません ><;

Simam06

次の水槽には”オオヘビガイ”
もうひとつの”スネークフィシュ(オキヘソ)”は
体半分しか見えずボツに ^^;

Simam07

これはまた可愛い魚ですが、
名前は何と”キングコブラ(キングコブラグッピー)”
いろいろありますね~ ^^;

Simam08

”スネークスキングラミー”
かえあだ側の模様が魅力的とありますが・・・
その動きもまた魅力的です。

Simam09

こちらは川の魚”ヘビカジカ”
日本固有種だそうです。

Simam10

Simam11

蛇の目ふたつ ^^;
上は”蛇の目ナマコ”、下は”蛇の目アメフラシ”
言われてもこれって何?^^;

となりには”レッドスネークフイッシュ(アカタラ)”も
いましたが岩のなか ><;

Simam12

Simam13

”コブラバイクシクリッド”と
”スネークヘッドガジョン(タメトモハゼ)”
詳しい説明を省くのがツラいですが・・・
ここは端折ります。

このあとが大変でした ^^;

Simam14

Simam15

7つの「蛇頭スネークヘッド”が入る水槽、
確認できたのは上から
黄色い”アルビノスネーックヘッド”と
右に”レインボースネークヘッド”、左に”コウタイ”?
下は”タイワンドジョウ”(奥)と・・・手前が??

Simam16

最後は「蛇頭 スネークヘッド」
赤い”レッドスネークヘッド”と
黄色い”アーモンドスネークヘッド”でした。

Simam17


今年も残すところ10日ほど、
またここ志摩マリンランドで「干支の魚展」を楽しみ
年末恒例の志摩のひとときでした。

2012年12月21日 (金)

當麻寺千仏院 庭園

當麻寺の塔頭のひとつ「千仏院」の入口にある
「石庭付廽遊式特別庭園」の石柱にいつもは素通りでしたが、
この日はなぜか?反応しました。

見た目は普通の家のように見えますが、
維持費100円を箱に入れて(ぼたんの時は200円)入園。

Senbutuin01

その入口です。

Senbutuin02

どう見ても冬枯れの庭園で何もありません ><;

Senbutuin03

庭の真中辺りで小さな池に架かる橋。
(あとで調べたら”小さん池”だそうです)

「極楽橋」と言うそうですが、
ちょうどお見えになった奥さま?と少し立ち話 ^^;
橋のその先には極楽浄土があるという・・・、
そしてこの時期は11月末が庭の見ごろだそうです。

Senbutuin04

この池をめぐるように飛び石の道があり、
庭が一周できるそうです。

Senbutuin05

ちょうど入口の反対側(最奥)にはぼたんの木があり、
ここが東塔を望む随一の景勝地とあります。

Senbutuin06

折り返すと観音堂?祀られているのは「聖観音菩薩」、
お参りしてお堂のなかを通り抜けます。

Senbutuin07

飛び石の敷かれた道には散ったモミジ葉

Senbutuin08

「極楽橋」を渡ったところに出ました。

Senbutuin09

右に「講堂」を見ながらまもなく一周

Senbutuin10

入口が見えました ^^
ここにもぼたんの木がたくさんあります。

この時期は何もない小さな庭園ですが、
ここはまた”華鬘草”と”さくら草”のお寺とか・・・
春に花が咲けばまた違う感じになるようです。

2012年12月20日 (木)

當麻寺奥院の冬ぼたん

毎年同じパターンですが寒ぼたんのあとは冬ぼたん ^^;

「石光寺」から南へ1キロほど歩くと「當麻寺」ですが、
その”奥院”には”冬ぼたん”が咲きます。

Taima01

冬ぼたんに隠れていますが奥院の楼門と、
當麻寺の西塔と東塔。
ここから浄土庭園をめぐります。

こちらの”冬ぼたん”も今年は数が少なく感じました。

Taima02

Taima03

毎年同じ場所に植えられているためか
花数の違いが分かります。

冬牡丹は春先の花をこの時期に咲かせたもの。

Taima04

石彫”からくり龍”の渓流

そのため数の違いはあってもすべて花は開いています。

Taima05

庭園のスロープを上がったところで正面に見えた十月サクラ。

何度も見ていますが、
これだけたくさん咲いているのは初めてでした。

Taima06

Taima07

冬ぼたんを見に来てなんですが、
この日はこちらでしょうね ^^;

ここには阿弥陀堂の横にも十月サクラの木があります。

Taima08

こちらがその木の一部ですが、
この花は間近で見ることができます。

Taima09

その八重の小さな花が特徴。

花がサクラにそれましたが ^^;冬ぼたんに戻ります。

Taima10

Taima11

この花もやはり寒さが影響していますか?
例年に比べるとかなり少ない数でした。

Taima12

Taima13


二上山を背景に當麻の自然を取り入れた浄土庭園、
春には當麻寺中之坊とともに
當麻寺の”ぼたん園”としても知られています。

2012年12月19日 (水)

石光寺の寒ぼたん

Sekkouji01

雨上がりの曇り空の中で霞む二上山を見ながら、
今年もまた「石光寺(せっこうじ)」の”寒ぼたん”でした。

Sekkouji02

ここ数年通いながら
まともな寒ぼたんを見たことがありませんが、
今年もHPでは寒さで開花が遅れていると・・・

Sekkouji03

Sekkouji04

分かっていながらも来てしまうのがこの花。

一度に咲かずに順に咲くという、、
なんとも見ごろの時期が分からない花です ><;

Sekkouji05

藁帽子は多いんですが、
咲く花もあれば蕾もあり、すでに落ちた花と様々で
毎年悩ませてくれますが ^^;

Sekkouji06

この日はその数300株といわれる中で、
わずか20株ほどが咲いているだけでした。

Sekkouji07

Sekkouji08

これから見ごろになるかどうかは分かりませんが 、
咲いていた綺麗どころを載せています ^^;

     Sekkouji09

今年は椿もサザンカもすでに散っています。

Sekkouji10

寒咲あやめも水仙も確認できませんでした。

Sekkouji11

庫裡の中庭
寒ぼたん以外に咲く花もほとんどありません。

Sekkouji12

たくさんの実を付けたマンリョウも
少し小振りに感じます ^^;

奈良県葛城市染野にある花の寺「石光寺」
今年もまた時期が合わずか?
チョッと寂しい”寒ぼたん”でした。  camera 18日

2012年12月18日 (火)

常滑 やきもの散歩道 B

旬ものを挟みましたが常滑 「やきもの散歩道」の続きです。

A・Bコースが交差する”いちき橋”の先を直進すると
Bコース(4km)に入ります。

正直この道は見どころが点在していて、
散歩というよりは軽いウオーキングかも知れません ^^;

Sanpob01

小さなお社の傍にある案内板を見て

Sanpob02

焼酎瓶で土留された道を行きます。

しばらくは住宅街のなかを行きますが

Sanpob03

それらしき雰囲気の道になると
ここが最初の見どころ?でしょうか ^^;

Sanpob04

クロガネモチの見事な木が目を引く
「相持院」の境内に入ります。

ここは知多四国八十八カ所の35番霊場。

Sanpob05

境内から急な石段を下りると
これもまた見事な山門があります。

ここから道は33番霊場の「大善院」へと向かいますが、
この辺りは札所巡りの逆打ちをやっている感じです ><;

県道を渡ると常滑焼の陶祖「鯉江方寿翁」の墓碑へ。

Sanpob06

方寿自身が父と祖父のため自ら製作したという
記念すべき作品(焼物)だそうです。

ここから墓地の中を抜けて再び県道へ。

Sanpob07

何もない道をしばらく行くと「とこなめ陶の森」

常滑焼の歴史を紹介する資料館や
陶芸研究所のある施設ですがそのまま通過します ^^;

ここから急な坂を下ると

     Sanpob08

33番霊場の「大善院」

本堂前には樹齢500年ともいわれる
「いぶき」の大木(市指定天然記念物)があります。

またしばらく県道を歩き

Sanpob09

案内板に従って行くと
「INAXライブミュージアム」に着きました。

もちろん見学はしませんでしたが ><;

Sanpob10

こちらの「トンネル窯」は無料 ^^;
せっかくなので中を見せていただき散歩道に戻ります。

Sanpob11

途中にある陶彫

Sanpob12

こちらは先の「鯉江方寿翁陶像」。
横に咲いていたサザンカの花に見惚れました ><;

ここは途中からアクセスルートに変更して、
”陶彫のある商店街」を経由した方が楽しかったか?と、
見るものもなくチョッと反省でした。

Sanpob13

散歩道大駐車場を過ぎると
ちょうどAコースと並行するように下の県道を歩きます。

Sanpob14

ここがAコースで紹介した「棚井戸の坂」、
そして「いちき橋」は目の前です。

Sanpob15

戻った「陶磁器会館」前
赤いポストの上には
赤いバイクに乗った郵便配達の招き猫 ^^;

常滑「やきもの散歩道」
最後もやはり楽しい招き猫でした。

2012年12月17日 (月)

夫婦岩 大注連縄張神事

常滑を散歩の途中ですが旬ものを挟みます ^^;

伊勢市二見町の「二見興玉神社」で16日(日)に行われた
夫婦岩の大注連縄張神事です。

Futami01

年に3回(5月・9月・12月)行われる大注連縄張神事ですが、
さすがに師走の海は大荒れでした ><;

以前見た時も12月の寒い日でしたが、
今回はそれ以上に強風と荒波で危険との判断から、
潮が引くのを待って開始が遅れます。

Futami02

すでに「二見太鼓」の演奏も始まっていましたが、
神事は1時間遅れでのスタートでした。

Futami03

威勢のいい木遣り唄が唄われるなか、
氏子さんたちによって古い大注連縄が外されます。

潮が引いたとはいえかなりの波!そして寒い ><;

Futami04

最後の古い縄が外されて
注連縄のない夫婦岩です。

Futami05

新しい大注連縄が氏子さんたちと
参拝者の方たちによって引かれます。

Futami06

Futami07

1本目が高さ9mの男岩に渡り結ばれていきます。

Futami08

2本目が渡され

Futami09

3本目が待機
大注連縄の長さは35m、太さ10cm、主さ40kg。

Futami10

最後の5本目が男岩に渡りました。

Futami11

Futami12

男岩と女岩(4m)に張られた大注連縄

”古来、人々が日の出を拝し、また興玉石を拝する鳥居であり、 
大注連縄張神事は清浄無垢にして自然崇拝を象徴する
特殊神事であります ” と説明にあります。

Futami13

女岩にもしっかりと結ばれて

Futami14

真新しい5本の大注連縄が張られました。
これで今年の「夫婦岩 大注連縄張神事」は終り。

Futami15

すぐに紅白餅まきが始まりました。

ちょうど1時間ほどの神事でしたが
この日の寒さは並ではありませんでした ><;

Futami16


そんななかで新しい大注連縄に張り替えられて、
いつもと変わらぬ夫婦岩。

今年もまた新しい大注連縄で新年を迎えます。

2012年12月16日 (日)

常滑 やきもの散歩道

「とこなめ招き猫通り」を過ぎるとすぐに「陶磁器会館」、
ここが「やきもの散歩道」の起点になります。

散歩道はA(1.6km)・B(4km)の2コースがありますが、
スター地点はともに陶磁器会館からになります。
まずは会館の西側からAコースの散歩道に入ります。

Sanpoa01

「招き猫通り」を過ぎてすぐに右折すると
子供たちの陶壁画がある”上天の坂”といわれる道に。

最初のギャラリーを見学しながら散歩を楽しみます。

     Sanpoa02

Aコースの要所にある案内板
これを見ながら行くと地図もいりません ^^;

Sanpoa03

道は廻船問屋「瀧田家」の敷地内を抜けて行きます。
(休館日は迂回します ^^;)

Sanpoa04

敷地を抜けると「デンデン坂」。

焼酎瓶の土留と黒壁、敷かれているのは
土管を焼くときに下に置く”焼台(ケサワ)”だそうですが、
ここはこの散歩道の見どころのひとつだと思います。

Sanpoa05

その瀧田家入口
この日は見学はなしでそのまま通過 ^^;

Sanpoa06

すぐに「土管坂」

ここに敷かれているその”焼台”の説明がありました ^^;
左右には明治時代の「土管」と、
昭和時代の「焼酎瓶」が埋め込まれています。

過ぎると「登窯広場」

Sanpoa071

Sanpoa072

ここにある「展示工房館」に
その焼酎瓶が展示されていました。

その登り窯です。

Sanpoa08

大きな登窯を巻くように付けられた道は、
窯の最頂部にある10本の煙突が見れるように裏側から。
この煙突は中央から両端へと高くなっていて、
窯の隅々まで均一に焼けるように工夫されたものだそうです。

Sanpoa09

登窯の外側
国の重要有形民俗文化財に指定されています。

ここから風情のある散歩道が続きます。

Sanpoa101

Sanpoa102

黒壁の作業場が続く通りと「笑福招喜猫神社」
ご神体はもちろん常滑焼の招き猫 ^^

そして

 Sanpoa11 Sanpoa12

この煙突がある辺りは”暮布土屋(くらふとや)通りと呼ばれ、
陶磁器のギャラリーや食べ物屋があります。

Sanpoa13

Sanpoa14_2

ギャラリーの建ち並ぶ道を抜けて
急坂を上がって行くと

Sanpoa15

通ってきた道を見下ろす高台にでて、
常滑のシンボルともいえる煙突のある風景が見えます。

Sanpoa16

すぐに「棚井戸の坂」

ここから”いちき橋”を渡り左折すると、
Aコースの起点、陶磁器会館はすぐですが、
そのまま直進してBコースに入りました。

2012年12月15日 (土)

とこなめ招き猫通り

愛知県常滑市といえば常滑焼で知られていますが、
町なかをめぐる「やきもの散歩道」もまた人気のスポット。
久しぶりに・・・が続きますが、
その散歩道を4年ぶりに歩いてみました。

その前に ^^
名鉄「常滑駅」から陶磁器会館に向かう道路沿いの壁に、
「御利益陶製招き猫」のある通りがあります。

Maneki01

そのものズバリの「とこなめ招き猫通り」

以前にも載せましたが、
常滑市の陶芸作家39人が手がけられたという、
39体の様々なご利益が込められた招き猫が並びます。

Maneki02

まじめなものから、なるほどと納得できるもの、
思わずニンマリしたり、笑いを誘うものとさまざまですが、
その中から以前に紹介したものとは別ものをご紹介!

特に解説されていることもなくタイトルのみ、
それぞれに納得していただければと ^^;

Maneki03

健康長寿

我が身好みではないものもありますが・・・

Maneki04

悩み解消   

チョッと・・・?か、解説が欲しいところ。

Maneki05

歩きながら撮った順に載せていきます。

     Maneki06

     旅行安全

Maneki07

縁結び

Maneki08

これは以前にも載せた「美人祈願」

なぜか魅かれる招きですが><;今回はそのおめめを ^^;

 
     Maneki09

     禁酒

これは身につまされます><;

Maneki10

五穀豊穣

Maneki11

子育て ズバリ!そのものです ^^

Maneki12

開運招福

これも傑作!いい顔してます ^^;

     Maneki13

そして最後にあるのは 禁煙 でした。

39体の「御利益陶製招き猫」から勝手に選んだ
いくつかの招き猫ですが、
他にも楽しい作品が並んでいます。

ここを過ぎるとこの日の目的でした
とこなめ「やきもの散歩道」そのAコースに入ります。

2012年12月14日 (金)

お千保稲荷 参道商店街

”旬もの”を挟みましたが「お千保稲荷」の続きです ^^;

”おちょぼさん”にお参りしたあとは
参道商店街をぶらつきます。

南口と東口を結ぶ参道には、
それこそなんでもありの
見るだけでも楽しいお店が建ち並びます。

Ochobo01

ここはちょうど参道の中ほどになりますが、
この日の目的はこちらでした。

Ochobo02

チョッと南口に寄ったところにあるお店、
ここにはこの時期になると自然薯を見にきます ^^;
自然薯も自然物が少なくなり栽培物が多くなりました。

味も良くなり栽培物で十分なんですが、
たまには自然物をと来るんですが・・・
この日は自分が思っていたほどの物もなく手ぶらです ><;

あとは参道をぶらつくだけです ^^;

Ochobo03

Ochobo04

どちらも漬物屋さんですが、
漬物も人気でお店が多いですね。

生活雑貨から食料品までなんでもありのそのお店

Ochobo05

なかには縁起物を売る店も。

Ochobo06

この日は早くから出かけたためか準備中のところが多く、
まだ閉まっている店もありました。

余談ですが
この左手にあるカレー屋さんはイチオシです ^^;

Ochobo07

”もろこ”も人気のひとつ

Ochobo08

神社を過ぎると東口
いつも立ち食いする” どて 串 ”の店は
まだ閉まっていました ><;

Ochobo09

ここでは草餅も有名

いつものお店もまだ空いていませんせしたが、
軽く焼きあがった草餅もまた美味 ^^

Ochobo10

唯一軒開いていた どて串屋さん、
これがないと”おちょぼさん”に来た気がしない、
”どて”と”串カツ”はここの楽しみですね ^^;

師走も半ばの「お千保稲荷」
戻るころには人も増え、準備中の店も開いて、
いつもの活気ある”おちょぼさん”でした。

2012年12月13日 (木)

雪の御在所岳標高記念日

雪が降ったら御在所岳!ではありませんが、
この日は当初から違った目的があり、
それに合わせるように雪が降りました ><;

標高1,212mの御在所岳。

Gozaisho01

12月12日が標高記念日ということですが、
今年は奇しくも2012年ということで企画されたのか?

Gozaisho02

朝陽台広場

’12.12/12.12:12 三滋(さんし)DEいらっしゃい!!
(山頂は三重と滋賀の県境です ><;)というイベント。

皆さんこの時間に自由に登頂してくださいということで、
好きに行ってみました ^^;

Gozaisho03

富士見台への道ですが、
今回は時間までに山頂に行くため、
通常の遊歩道を行きます。

Gozaisho04

好きな樹氷のトンネルを通ります。

先で山上駅からの道と合流。

Gozaisho05

山上広場への途中からこの日のスキー場、
その先が山頂です。

Gozaisho06

お馴染みの氷瀑もまだこれからですが、
いつもよりは早い出来栄えではないでしょうか?

Gozaisho07

こちらの遊歩道には
積雪はあっても木々の枝に雪はなし ^^;

Gozaisho08

山頂直下の登り道
まだ積もったばかりで歩きやすい雪道です。

Gozaisho09

そして山頂の「一等三角点」

すでにイベントの準備がされていて、
皆さん盛んに記念撮影をされていました。

Gozaisho10

待つ間にも続々と登って来る人たち。

ただ、このイベントを知らずに登山されている方も多く、
ここにきて初めて知って何事かと?思う人もあり、
平日のこの時間にしては人が多く当然でしょうね ^^;

Gozaisho11

時間が近付くにつれて三角点の前に集まる人たち。

その予行練習があり、
今回は1、2、3・・・12で、ヤッホー!とカウントアップ ><;
皆さんマジです、御在所が、山が好きなんですね~ ^^

そして時刻になりました!

Gozaisho12

 ’12.12/12.12:12 

皆さんの”ヤッホー!”が山頂に響きました!
これにておしまいです ><;

Gozaisho13

記念バッジをもらって皆さんも解散!

たったのこれだけでしたが ^^;
久しぶりに盛況の御在所岳山頂でした。

Gozaisho14

ちょうど空も曇って小雪の舞う天候となり、
早々に退散します。

今日の1枚、いや2枚です ^^;

Gozaisho15

チョッと解け始めた山頂の樹氷と

Gozaisho16

ボケボケですが ><;
ロープウエイから撮った山麓で見た日本カモシカです。

この日は珍しく3号鉄塔の周辺で、
それも撮影できる間近で数頭を確認しましたが、
撮れたのはこの1頭だけでした。   camera 12日

2012年12月12日 (水)

お千保稲荷

ブログにはしばらくご無沙汰でしたが
久しぶりに「お千保稲荷(おちょぼいなり)」へ出かけました。

岐阜県海津市平田町にあります「千保稲荷神社」ですが、
”おちょぼさん”と呼ばれ親しまれています。

師走参りでもありませんが、
なぜかこの時期になると気になるものがあって ^^;
つい来てしまいます。

Ochobo001

その気になるものは後にして ^^;
まずは参拝です。

Ochobo002

入口で買ったお供えの油揚げとローソクのセット、
以前は30円でしたが今は50円です ><;

Ochobo003

お燈明場でろうそくに火を灯し供えます。

このローソクは”持ち帰って再献灯してください”と
書かれています。
そんな人を見たことはありません^^;

Ochobo004

拝殿へ

Ochobo005

油揚げ供え台

この油揚げも持って帰れますが・・・
これもまたないですねぇ ><;

Ochobo006

拝殿と向かい合うようにある「霊殿」
商売繁盛の神社だけにたくさんの「名刺」です。

そして本殿をひと回りします。

Ochobo007

本殿横にある「重軽石」
説明はこちらで。

Ochobo0071

端折って書くと誤解を招きそうですが、
お読みいただきお分かりいただけた?かと ^^;

この”おちょぼさん”
小さい境内ですがお参りするところが多いのです。

Ochobo008

Ochobo009

本殿の左右にもお社がありますが、
ここにお参りしてちょうど一周。

Ochobo010

拝殿横に出て出口になります。

Ochobo011

鳥居脇にあるお稲荷さんにもお参りして

Ochobo012

境内を出るとこのお人形が迎えてくれます。
ここから参道商店街へと出ます。

京都の「伏見稲荷」、豊橋の「豊川稲荷」と並んで、
日本三大稲荷のひとつといわれる「お千保稲荷」。
正月以外にも多くの人が訪れ賑わっています。

2012年12月11日 (火)

ぎなんフェスタ

昨日は夜来の雪で12センチの積雪となり、
思わぬ雪に冬用タイヤへの交換も見合わせて、
朝から動けず ><;
「ぎなんフェスタ&全国ねぎサミット」の続きです。

午後から始まった”ゆるキャラ大集合”のステージから
その一部です。

Yurukyara01

やはりホストは岐南町のマスキャラ「ねぎっちょ」くん。
地元の「徳田ねぎ」をイメージして作られています。

Yurukyara02

相手はJA岐阜のマスキャラ「みのっ太」くん。

ここで登場するのがこのゆるキャラたち ^^

Yurukyara03

右は埼玉県深谷市のイメージキャラ「ふっかちゃん」
頭のつのは”深谷ねぎ”、
そして左は群馬県下仁田町の「ねぎ坊」、
イメージは”下仁田ねぎ”そのものです ^^;

Yurukyara04

そして登場したのが”おっさんこと ミルク082 ”

ここで披露されたのが”ネギ~サンバ”。
アップテンポの実にノリやすい曲ですが、
実はこの人深谷市の職員?だそうです・・・何?

盛り上がった会場でしたが、
このあとは岐阜のキャラによる寸劇!

Yurukyara05

内容はよく分かりませんでしたが ><;
キャラは「ぎせつ丸」と「のぶさま」。

Yurukyara06_2

ステージに現れるのは岐阜県のキャラたち ^^
中央は山県市の「ナッチョル」くん、
左端が関市の非公式キャラ「ぶう」に、
右端は岐阜清流国体(終わっています ><;)の
キャラ「ミナモ」です。

Yurukyara07

Yurukyara08

笠松町の「かさまるちゃん」と「かさまるくん」、
「ひだくろ」に中央には「ナガラー」もいます。

Yurukyara09

このキャラが???分かりません ><;
途中までしたが何か分からぬキャラたちの寸劇を見て、
いつもながら早めの退散でした。

Yurukyara10

戻る途中で出会ったのは
せと狛犬プロジェクトの「せとこま(こまくん)」です。

他にもたくさんの人気ゆるキャラが集まっていましたが、
買ったねぎをぶら下げて退散!
この日(9日)もときおり雪交じりの雨が降る、
とにかく寒い日でした。

2012年12月10日 (月)

全国ねぎサミット2012

岐阜県岐南町で行われた
「ぎなんフェスタ&全国ねぎサミット2012」(9日)です。

全国12産地から13種類のねぎが集結!
人気ゆるキャラとのふれあいもあり、
この日は多くの人がつめかけていました。

Ginan01

岐南町のキャラは”ねぎっちょ”くん。

ステージで準備のお手伝いですが、
午後からの「人気ゆるキャラ大集合」ではホスト役です。

「全国ねぎサミット」ということで、
やはり会場の主役は”ねぎ”でしょうか ^^

Ginan02

12のブースで13種類のねぎが売られていますが、
一部ではねぎを使った料理も紹介されています。

ではその”ねぎ” をぐる~と回ってご紹介 ^^;

Ginan03

まずは埼玉県深谷市の「深谷ねぎ」

Ginan04

次が岐阜県高山市の「飛騨1本太葱」

Ginan05

秋田県能代市は「白神ねぎ」

Ginan06

そして京都市からは「九条ねぎ」と、
それぞれに特徴のあるねぎが並びます。

会場ではゆるキャラとのふれあいも・・・

Ginan07

Ginan08

こちらは千葉県八街(やちまた)市の
”ピーちゃん”と”ナッちゃん”です。

次のブースは地元岐南町、
しかしその「徳田ねぎ」は人気なのか売り切れで、
これは寂しい・・・ ><;

Ginan09

こちらは岐阜県坂祝(さかほぎ)町の「坂祝ねぎ」

Ginan10

その横は福井県小浜市の「谷田部ねぎ」

曲がった根元と甘みが特徴とのことで、
これを一袋買いました ^^;

Ginan11

キャラは岐阜JAのキャラ”みのっ太くん”

Ginan12

Ginan13

次のコーナーは千葉県松戸市から
「矢切ねぎ」と「あじさいねぎ」の2種類です。
焼きねぎの実演販売でした ^^;

Ginan14

群馬県下仁田町から「下仁田ねぎ」
以前酒の肴に一度食しましたがこの太さは凄い!

Ginan15

兵庫県朝来市の「岩津ねぎ」
こちらの料理は”ねぎの天ぷら”です。

そして最後は

Ginan16

茨城県坂東市の「坂東ねぎ」
こちらは「ねぎスキ」の実演試食でした。

以上、
全国12産地から13種類のねぎをご紹介!

Ginan17

「坂東ねぎの「ねぎスキ」は豚肉でしたが、
こちらは飛騨牛のPRキャラ”ひだくろ”くん。

初めて知りました「全国ねぎサミット2012」
毎年開催地が変わるようですが、
今年は「ぎなんフェスタ」と合わせての開催でした。

2012年12月 9日 (日)

花フェスタ記念公園 冬

岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」。

すでに冬季営業期間に入って今は冬のイベント、
地球館フラワーショー 「ハートフルクリスマスショー」と、
「トンネルイルミネーション」が開催中!

Hanafesu01

この日は西ゲートから入園
ゆめとゆめかがクリスマスバージョンで迎えてくれます。

Hanafesu02

この時期バラ園には”バラ”はありません ^^;
目的は「トンネルイルミネーション」と「花の地球館」です。

Hanafesu03

今年はなんとも殺風景な展望デッキを通り

Hanafesu04

トンネルギャラリーです。

さてそのイルミネーションはこちら

Hanafesu05

約18、000個のLED電球で装飾されたトンネルですが、
これぞ”シンプル イズ ベスト”でしょうか ^^;

Hanafesu06

Hanafesu07

Hanafesu08

全長50mほどのトンネルイルミネーション

Hanafesu09

Hanafesu10

Hanafesu11

その中央部に造られた光のオブジェを楽しみます ^^
「トンネルイルミネーション」は2月28日まで。

トンネルを抜けると花の地球館(大温室)

Hanafesu12

館内に入ると全長6mの巨大クリスマスツリーと、
2頭の白馬が曳く白い馬車が迎えてくれます。

Hanafesu13_2

Hanafesu14_2

Hanafesu15_2

その館内は赤、白、緑のクリスマスカラーで演出されて、
クリスマスムードいっぱいの空間が広がる、
ランドスケープアーキテクト阿部容子プロデュース
「ハートフルクリスマスショー」(12月24日まで)。

このあとは冬枯れの公園散策でしたが、
ここに来たら”バラ” ですね ^^

Hanafesu16

「世界のバラ園」に咲いていたなかから一枚 ^^;

この日バラ園は萎えたバラが多く
綺麗なバラには出逢えませんでした。

ムチャ寒かった「花フェスタ記念公園」ですが、
冬のイベント”ハートフルクリスマスショー”と
”トンネルイルミネーション”で暖まりました。

2012年12月 8日 (土)

師走の宇治市植物公園

今年は紅葉の見ごろが1週間ほど早く終った感があり、
師走恒例の我がブログネタも早い出番になりました。

この時期には毎年出かけています
京都府宇治市の「宇治市植物公園」。
目的はお馴染みの”花と水のタベストリー”でした。

Uji01

フラワーブリッジの先にある”壁泉”越しに見る
今年の干支”巳”のタベストリーです。

いつもながらこれだけを見に入園していますが、
なぜかこれを見ないと師走を感じません ><;

Uji02

水がながれるカナールの最上部から

Uji03

下へと下ります。


Uji04

毎年同じ記事の構成ですが、
変わるのは干支の絵柄だけ ><;

ボックスウッドを中心に、
ハボタン、ビオラ、ビビクリアホワイトなど
約3600鉢の花木によって造られています。

これでこの日の目的は終りました ^^;
あとは何もない園内を散策します。

Uji05

モミジ林の紅葉も終わっています。

Uji06

「修景池」周辺のラクウショウも散って
公園は冬支度です。

あとはこの時期のサクラ三種 ^^;

Uji07

十月桜

Uji08

冬桜

Uji09

子福桜

今年は少し早い訪問のためか、
ともにまだ咲き始めのようです。

Uji10

バラ園のバラも一枚 ^^

このあと宇治市街地の散策となりましたが
宇治川沿いで見た紅葉。

Uji11

これが今年載せる最後の一枚かと ^^;

今年も恒例の「宇治市植物公園」から宇治市街へ、
宇治の師走を町なかそぞろ歩きでした。   camera 6日

2012年12月 7日 (金)

国道166号沿線ドライブ

松阪市粥見の”サザンカ”を見たあと、
国道166号線を西へ走っていたら目に入った四季桜?
帰りに立ち寄ろうとそのまま走ったらまた桜!

思わず車を停めたのは、
以前に”巨大楠”の神木を見た「水屋神社」のある
飯高町赤桶(あこう)の「赤桶橋」袂でした。

ちょうど「つつじの里 荒滝」への入口になります。

R16601

櫛田川の渓流の上と

R16602

橋の袂の茶畑の上でした。

R16603_2

何桜?
この時期に咲くサクラには我が知る限り
四季桜、十月桜、冬桜、不断桜に子福桜と多いんですが 、
これは四季桜ではないかと ^^;

ここから戻り、
先に見た野々口地区の「浄願寺」前に咲く四季桜です。

R16604

木の本数は少ないですが、
チョッと楽しませてくれそうでした ^^

R16605

R16606

R16607

花曇り?でしたが、
小さくて目立たないサクラ花に精一杯近寄りました。

R16608

思わぬところで思わぬサクラ!

何度も走っている国道166号線、
四季を通じて知るには未熟でした ><;

ここから戻るR166でしたが、
ここも何度か紹介した飯南町にある「大石不動院」

R16609

すでに散りモミジでしたが、
サクラを見たあとだけにやはり立ち寄りました ^^;

R16610

展望台への道を「太師堂」へ。

R16611

「大師堂」横に散ったモミジ

この先展望台への紅葉はもう終わりです ^^;

R16612

戻る石段から「鐘楼」

すでに終わった紅葉でしたが、
この前は「伊勢本街道」で
この日も団体の方たちが歩かれていました。

R16613

境内の傍にある”むかでらん群落”
岩の横にある紅葉も、もう終わりです。

松阪市飯南町と飯高町を走る国道166号線、
沿線には多くの見どころがありますが、
目についたスポットをチョイスしてみました。  camera 5日

2012年12月 6日 (木)

粥見のサザンカ

松阪市飯南町粥見にある「サザンカの大木」、
テレビで放映されてからしばらくが経ちました。

マスコミの情報はいつも早めとは思っていますが、
そろそろ満開ではないかと出かけてみました。

Kayumi01

思いどうり?満開のサザンカ!
紅葉は終わっていましたが、
イチョウの黄葉はまだ残っています。

Kayumi02

茶畑に張り出すように延びた枝は、
もう地面に着きそうに垂れています。

Kayumi03

2年ぶりでしたが、
そのときよりも木の成長を感じました。

Kayumi04

すでに萎えた花もありますが、
今がピークでしょうか。

Kayumi05

花のトンネルをくぐり茶畑を回ります。

Kayumi06

くぐり抜けて振り返れば、
今年も茶店の横にある白いサザンカとの競演です ^^;

Kayumi07

茶畑の西側奥から

Kayumi08

そして東側奥から・・・

Kayumi09

樹齢は不明ですが、
推定120年から150年ともいわれる大木で
市の天然記念物に指定されています。

Kayumi10

あらためて”サザンカの大木”です ^^

東西11m、南北14mの見事な枝に、
満開の花がこぼれ落ちそうでした。   camera 5日

2012年12月 5日 (水)

岐阜 養老公園の紅葉

紅葉もそろそろ終盤のようですが、
この日は岐阜県養老町の「養老公園」でした。

昨年は見ごろ情報に振り回され中途半端な紅葉でしたが
今年は遅すぎる?と思うほど待っていました ^^;

そのリベンジができるか?と入る滝道。

Yoro01

期待させてくれますが、
しでに足元は見事な散りモミジ・・・

お昼前でしたが滝道を上るにつれて
日差しはまだ山の陰になります ><;

Yoro02

遊歩道も散ったモミジ葉で敷き詰められています^^;
これといった紅葉もなく”養老の滝”に到着。

     Yoro03

ここから上にある滝駐車場へ

Yoro04

この辺りは陽射しもありまだ綺麗です。

ここから山道を下りて滝からの帰り道に合流しますが、
「リフト乗り場」辺りから見事な紅葉に出会います。

Yoro05

Yoro06

Yoro07

これが終り間際の美しさ?でしょうか ^^;

  Yoro08

”菊水泉”の湧く神社下辺りはまだ見ごろです。

ここから「養老神社」の鳥居まで続く
”せせらぎコース”に入ります。

私的にはここが一番の見どころと思っていますが・・・

  Yoro09

  Yoro10

とても終り間際などとは思えないほどの紅葉!
ほんとにこれがラストチャンス、そんな状況です。

Yoro11

短い距離ですがこの日のハイライト!でした。

キャンプ場のある対岸もまた素晴らしいですが、
今年はすでに終わった感じです。

アップも少し ^^;

Yoro12

Yoro13

見事な色違いの紅葉でした。

岐阜の「養老公園」
今年は昨年のリベンジでしたが、
散り急ぐなかでひと味違った紅葉でした。   camera 3日

2012年12月 4日 (火)

犬山寂光院の紅葉

愛知県犬山市にある「継鹿尾観音 寂光寺」。

正式には「継鹿尾山八葉蓮台寺寂光院
つがおざんはちようれんだいじじゃっこういん)」ですが、
尾張の”もみじでら”として知られています。

紅葉が見ごろとのことで出かけてみました。

Jakkoin01

Jakkoin02

この日は順光の表参道からではなく、
北側にある石段の参道からでしたが・・・
上るにつれ見える紅葉に期待します ^^;

Jakkoin03

Jakkoin04

ここには来ては何度もフラれていたんですが、
前回はこの参道辺りがまだ緑のモミジ葉でした ^^;

Jakkoin05

表参道を覆うような紅葉

Jakkoin06

今年は見事に染まっていました。

Jakkoin07

「見送り太師像」の建つ山麓広場に出ます。

ここから本堂までは
300段の石段を上る「七福坂」が待っています ^^

Jakkoin08

何度も曲がりながら上る七福坂の石段ですが、
ここからが最後の「福禄寿坂」。

Jakkoin09

あと数段で本堂境内
仰ぎ見る紅葉が上って来た疲れを癒してくれます。

Jakkoin10

上りきって見るその紅葉!と、
ここまではよかったんですが。

Jakkoin11

「本堂」と「随求堂」を結ぶ渡り廊下をくぐると、
「鐘楼(願いの鐘)」。

期待していたその先の紅葉は ><;

Jakkoin12

真っ赤に染まるモミジですが
散り残りの一部だけです ^^;

Jakkoin13

本堂前境内
下が良ければ上はやはり散り急ぎます ><;

本堂裏にある「弁天堂」へ

Jakkoin14

これはまた見事!
裏からの透かしモミジもよろしいが敢えて表を。

Jakkoin15

我が趣味の世界も一枚 ^^;

全て見事な紅葉ならそれは素晴らしいですが、
これだけ見れれば十分でした。

Jakkoin16

「見送り太師像」のあるところから、
スロープの参道を下ります。

この日は電車で来て駅から歩きました。

Jakkoin17

名鉄「犬山遊園駅」に戻る途中にある
「犬山国際文化村」の紅葉です。

朝とはえらい違いの見事な裏モミジでした。  camera 1日

2012年12月 3日 (月)

水沢もみじ谷 四日市

三重県四日市市水沢町にある「水沢もみじ谷」。

紅葉情報をもらってから1週間経過、
そろそろいいか?と出かけてみました。

この日はちょうど「もみじまつり」の最終日でもあり、
混雑を避けて早めの時間でした。

Suizawa01

もみじ谷への下り口

ちょうど朝日が射しこむ時間で、
綺麗なグラデーションを楽しみます。

Suizawa02

周辺はまだ緑の葉も見られますが、
全体には見ごろでしょうか?

谷へと下りて行きます。

Suizawa03

Suizawa04

ここは谷の一番下ですが・・・
まだこれからでしょうか?

Suizawa05

上を見ても真っ赤な紅葉は少ないですね ^^;

Suizawa06

Suizawa07

谷沿いの紅葉を見ながら、
上の車道に上がってみました。

Suizawa08

Suizawa09

もみじ谷の車道沿いに色づくモミジ!

Suizawa10

谷の上部にあるモミジ
少し綺麗どころを撮っていますが、
全体にはもう少しでしょうか?

朝日がもう少し昇れば、
谷からはまた違った紅葉を楽しめそうです。  camera 30日

2012年12月 2日 (日)

奈良県新公会堂 庭園

かなり期待外れの「春日山遊歩道」から、
奈良公園に向う途中で「新公会堂」の綺麗な紅葉を見て、
周囲を回っていたら庭園入口を発見!

この庭園に入れるとはまったく知りませんでした ><;
これはもう庭園拝見と行きます ^^;

Narak01

イチョウの葉が散った入り口

Narak02

入った庭園の西側です ^^;
池を半分めぐり、右奥へ。Narak03

Narak04

右奥(南側)から見た紅葉です。

戻って芝生広場へと続く道から
あらためてその紅葉を。

Narak05

Narak06

奈良公園の紅葉もまだ綺麗でしたが、
ここにこんなにモミジの木があるとは・・・
外から見るのとえらい違いでした ^^;

Narak07

芝生広場の周り(北側)に色づく
多くの紅葉を楽しみます。

Narak08

Narak09

Narak10

資料が無いので解説できませんが・・・
東から南側まで行くと広いですね ^^;

Narak11

この日はその北側の部分だけでしたが、
赤い太鼓橋を渡ります。

Narak12_2

紅葉の先には「新公会堂」
初めて中から見ましたが美しい建物です。

Narak13

芝生広場の中にあるモミジの木、

庭園の紅葉
山の紅葉もよろしいがやはり違いを実感します ^^;

Narak14

これは趣味の世界で・・・><;

Narak15


若草山を借景に造られたという
「奈良県新公会堂 庭園」。
その左側半分をめぐって紅葉を楽しみました。  camera 28日

2012年12月 1日 (土)

春日山遊歩道・北

「春日山原始林」の南遊歩道を「滝坂の道」分岐から
少し行くと「芳山交番」に出ます。
ここから遊歩道は「奥山ドライブウェイ」になります。

「ドライブウェイ」にも紅葉はありますが、
これといった見どころもありません。
”鶯の滝”へ大原橋周辺の紅葉を見て若草山へ。

Kasugan01

若草山山頂

この日は珍しく”おにぎり”を持参、
鹿に包囲されての昼食タイムでした ^^;

しばし休憩のあと北の遊歩道を下ります。

Kasugan02

中水谷休憩舎周辺

相変わらずの曇り空
こちらの紅葉も見どころはかなり下ったところにあり、
途中はあまり見どころはありません。

Kasugan03

Kasugan04

しかし、少し早かったからか?
いつもよりは紅葉が楽しめます。

Kasugan05

ただ、色づきがイマイチ ><;

道が九十九に折れ曲がるころから
北遊歩道の最大の見どころになりますが・・・

Kasugan06

Kasugan07

Kasugan08

曇天ではこの紅葉が映えません ><;
やはり陽射しが欲しかったが

Kasugan09

これだけはどうしようもないですね ^^;

Kasugan10

Kasugan11

”洞のモミジ”周辺

出口に近い「月日亭」周辺はもう終わりです。

Kasugan12

遊歩道を出て春日大社への道、
”水谷茶屋”辺りですがここも黄葉ですね ^^;

今年はなんとも中途半端な時に来てしまいましたが、
ここはやはり散ったモミジ葉の上を歩くのが一番かと?
あらためて思った「春日山遊歩道」でした。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »