2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 関宿 街道まつり | トップページ | 三重の東海道 »

2012年11月 6日 (火)

関宿 町家の細部意匠

「関宿 街道まつり」が盛り上がるなか、
こちらは手元の”イラスト案内図”にあった
”町家の細部意匠”を探して町なかの散策でした。

Seki01

まつり会場の西にある関宿 新所(しんじょ)の町並み。

何度も関宿には来ていますが、
この「イラスト案内図」を見るのは何年ぶりか ?でした。

Seki02

Seki03

各民家の格子に掛けられた水彩スケッチ画?


その中に”町家の細部意匠”という項目があります。
細部の意匠に工夫されたものということで、
漆喰細工や瓦細工が紹介されています。

大混雑の町なかを庇や屋根瓦を見ながら・・・
まずは案内図にある漆喰細工と瓦細工を探します。

では中町から

Seki04

Seki05

上が漆喰彫刻の 虎、 下が 龍 (少し傷んでいます)、
ともに一軒の町家に対であります。

Seki06

これは瓦細工の 虎

続いては新所

Seki07

Seki08

こちらは漆喰塗籠壁の両脇に
漆喰彫刻の 鶴と亀が細工されています。

Seki09

そしてこちらの民家の袖壁には鯉の滝昇り。

紹介されている漆喰と瓦細工はこれだけですが、
見て行くうちに他にもたくさんの飾り瓦がありました。

何も説明はできませんが ^^;
こちらは中町から新所へと見た順です。

Seki10

七福神のようですが・・・これはいきなり?

Seki11

Seki12

こちらも七福神の大黒天と恵比寿さんでしょうか。

新所へ入ります。

Seki13_2

これも七福神から?
どうやら飾り瓦は七福神の恵比寿さんや
大黒天が多いようです。

Seki14

といいながら、これは鍾馗さんですね。

Seki15

右腕が折れていますが、恵比寿さん

Seki16_2

そして最後はこちらの飾り、
これも右腕が折れていますが・・・これは何?
もしかしてこれも鍾馗さん?でしょうか。

他にもらしきものがありましたが、
比較的分かりやすいのを撮ってみました。

Seki17

新所の町並み

最後にある”水彩スケッチ画”を見てゆるい下り坂を行くと

Seki18

関宿の「西追分」です。

”南無妙法蓮華経  ひだりハいか やまとみち”
と刻まれている道標を兼ねた「髭題目碑」が建ちます。

直進すれば旧東海道 坂下宿から鈴鹿峠へ、
左にとれば伊賀から奈良に向かう大和街道です。

東西約1.8キロの旧東海道関宿
「街道まつり」のあとは漆喰細工と瓦細工の細部意匠、
そして飾り瓦を楽しみました。

« 関宿 街道まつり | トップページ | 三重の東海道 »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

好々爺さん

「案内図にある漆喰細工と瓦細工」、それを丹念に写真に撮られた
好々爺さんに、感謝します。さすが、盛大だった宿場町を偲ばせる
「見事な漆喰細工と瓦細工」です。今時、これだけの細工をするの
には、莫大な出費が必要でしょう。財力があったのですね。

shuttle さん
普通一般的な町家なんですが見事なものです。

案内図に載るだけあって
他の飾り瓦とはチョッと造りが違います。
歴史のあるこれだけの宿場町ですから
やはりそれだけのものを感じます。

漆喰細工と瓦細工
めでたい物が多いですね。
見事なものです。
その中に瓦鍾馗さんが含まれているのが
とても嬉しいです^^;
いつ行けるかわかりませんが
鍾馗さんを見つけに行きたいです。

aya さん
やはり縁起物が多いですね。
特に飾り瓦はほとんど大黒と恵比寿さんでした。

紹介されていたのは漆喰細工でしたが、
町屋の飾り物としては貴重なものなんでしょうね。
そんななかで唯一の鍾馗さんでした ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/56047003

この記事へのトラックバック一覧です: 関宿 町家の細部意匠:

« 関宿 街道まつり | トップページ | 三重の東海道 »