2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

奈良 春日山遊歩道・南

奈良市の春日山原始林を巻くように
「奥山ドライブウェイ」を経由して一周する「春日山遊歩道」、
毎年紅葉を楽しみながらハイキングを楽しんでいます。

ここ数年は12月に入ってからの”散りモミジ”でしたが、
今年は全体に早い状況で気が急きました ><;
3年ぶりに11月末の歩きです。

この日も南遊歩道から北へと歩きます。

Kasugas01

Kasugas02

入口からしばらく歩くと「南部交番」があり、
その周辺の紅葉ですが・・・
やはり少し早かったようです ^^;

途中の紅葉もこれといった色づく木もなく

Kasugas03

「妙見宮」に

この日は奈良に入ったら曇り空、
ときおり薄日が差しますが全体に暗い感は否めません ><;

Kasugas04

Kasugas05

それでも陽が射しこむと雰囲気が違います ^^;

Kasugas06

あとは道沿いに次々と現れる
紅葉を楽しみながらのハイキング。

Kasugas07

Kasugas08

やはり陽射しが欲しいところですが、
完全に曇天になってしまいました ><;

Kasugas09

まもなく柳生街道「滝坂の道」合流地点ですが、
ここが南遊歩道の一番の見どころ。

あと少しすれば真っ赤なモミジだろうと思いながら、
何か全体に色づきがイマイチな様にも・・・

Kasugas10

Kasugas11

「滝坂の道」合流地点、
右に”地獄谷園地”から”新池”です。
散ったモミジ葉も多くあり、
よく分からない今年の紅葉でした。

このあと”奥山ドライブウェイ”を経由して
若草山から北の遊歩道へと向かいます。   camera 28日

2012年11月29日 (木)

そぶえ黄葉まつり

全国一のギンナン生産量を誇る愛知県稲沢市祖父江町。

その数1万本ともいわれるイチョウの木が
町中を黄金色に染めるこの時期、
「そぶえイチョウ黄葉まつり」が行われています。

Sobue01

落ち葉で敷き詰められた
メイン会場になっている「祐專寺」境内。

ここから会場周辺の黄葉をめぐって町なか散策です。

Sobue02

Sobue03

会場周辺はどこを歩いても、まっ黄っ黄!

Sobue04

Sobue05

Sobue06

例年同じような写真ばかりで工夫もなく、
ワンパターンで能がありませんが・・・ ><;

Sobue07

少し柿でもあしらってみました ^^;

今年は久しぶりにあの古木とご対面 ^^

Sobue08

Sobue09

個人の方の庭にありますこの木。

樹齢200年以上という実に見事な老木ですが、
”気根”がある「乳いちょう」です。

まぁ、とにかく凄い数のイチョウの木。

Sobue10

まだ実をたくさんつけた木も多く見かけますが、
落ちた実のあるあたりはやはり臭いますねぇ ^^;

ひとめぐりして・・・
あとは近くを走る名鉄尾西線の線路沿い

Sobue11

もちろん狙いは赤い電車です><;

Sobue12_2

イチョウの黄葉と電車も人気です。

各地の紅葉めぐりを続けていますが、
チョッと一息入れていただこうと色違いの黄葉 ^^;
「そぶえイチョウ黄葉まつり」でした。 
「紅葉まつり」は12月2日(日)までです。   camera 27日

2012年11月28日 (水)

近江五個荘 紅葉めぐり

滋賀県多賀町から東近江市五個荘へ走り、
川並町にある「紅葉公園」と石馬寺町の「石馬寺」です。

昨年は12月7日と遅い訪問で、
紅葉も終わり間際でしたが、
この日は2週間も早くてかなり期待していました。

まずは「紅葉公園」

Momiji01

公園入口までの道沿いの紅葉に期待が膨らみます ^^

しかし・・・紅葉は昨年と同じような色具合 ^^;
これは早過ぎたのかそれとも陽射しの加減か?

Momiji02

入口近くはまずまずでしたが

Momiji03

山の中は暗くて冴えませんが、
陽が差しこむと綺麗です ^^;

少し時間が遅かったこともあり、
そのあたりはツラいところでしょうか?

Momiji04

Momiji05

見ごろといえば見ごろ ^^;
今年の紅葉はかなり早い・・・を実感です。

早く来たおかげで昨年は見れなかったこの紅葉!

Momiji06

公園入口の上にある「乾徳寺」境内の紅葉です。

下からでもはっきり分かるほどの
見事な色づきでした。

このあとは北に少し走り「石馬寺(いしばじ)」です。

Isibaji01

参道入り口

ここから参道石段を上がりますが、
途中のモミジはまだ緑一色!

ここは色づくのが遅いところですが、
中腹も今ひとつです。

Isibaji02

六所神社前から本堂境内へ上がります。

Isibaji03

上りきった鐘楼周辺では

Isibaji04

Isibaji05

奥に見える林の中の紅葉が綺麗でした ^^;

Isibaji06

こちらは「宝物館」と「本堂」の奥にある紅葉。

こうして見ると早い分、
いくらか綺麗でしょうか?^^;

Isibaji07

本堂前から奥の御堂周辺

Isibaji08


「紅葉公園」と「石馬寺」
昨年と同じコースで巡ってみましたが、
見ごろか見ごろ前か?
色あいの違う2ヶ所の紅葉でした。   camera 25日

2012年11月27日 (火)

多賀 胡宮神社

滋賀県多賀町にある「胡宮(このみや)神社」。

「多賀大社」の近くにある紅葉の名所ですが、
以前に湖東三山を訪れた時に下見をしてから、
2週間ほど待ちました。

どうやら紅葉も見ごろではないかと出かけました。
駐車場の関係で裏参道からの参拝です。

Konomiya01

本殿下を通り過ぎて ^^;「御輿倉」横

ここも色づき始めの紅葉しか見たことがありませんでしたが、
待ったおかげでしょうか ^^;

Konomiya02

表参道

その甲斐あって見事な紅葉です!

Konomiya03

参道の石段を下りて

Konomiya04

鳥居前

Konomiya05

あらためて表参道の紅葉を楽しみ

Konomiya051

参道横のスロープ道を戻ります。

Konomiya06

戻った社務所前

Konomiya07

見事な紅葉が映えます!

ここから「胡宮神社社務所庭園」へ

Konomiya08

庭園の出口にある紅葉

Konomiya09

その名勝庭園

書院から眺めるように造られた
鑑賞式林泉園(かんしょうしきりんせんえん)。

庭園をまわりながら
右脇の道を上がって入り口へ。

Konomiya10

入口から

ここはちょうど観音堂と大日堂のそばにあります。

Konomiya11

その大日堂の紅葉

ここから拝殿前を通り裏参道に戻ります。

Konomiya12

あらためて境内の紅葉

名神高速道の「多賀SA」から遊歩道もあり、
気軽に訪れることができる「胡宮神社」。

以前は訪れる人も少ない穴場的な存在でしたが、
最近では団体客もも訪れる
人気のスポットになっています。    camera 25日

2012年11月26日 (月)

散り紅葉の石道寺

「鶏足寺」から続く遊歩道を南へ歩くと
すぐに「石道寺(しゃくどうじ)」があります。

その手前の遊歩道から ^^;

Syakudo01

Syakudo02

すでに散ったモミジ葉と、
目の前には真っ赤な紅葉が・・・

小さな坂を通り過ぎると「石道寺」への下り。

Syakudo03

観光協会の写真ではもう終りか?にみえましたが、
この紅葉を見て期待しながら坂を下ります。

Syakudo04

坂の途中から・・・
かなり散ってはいますがこれが終り間際の美しさか?

Syakudo05

Syakudo06

足元に散ったモミジ葉を踏んで本堂の下へ出ます。

Syakudo07

ここからが定番のスポットですが・・・
本堂手前の紅葉がかろうじて残ります ><;

境内の下を回って戻る遊歩道

Syakudo08

Syakudo09

思っていたよりは紅葉が残っていました ^^;
ただ、見る限りこれが終り間際のようです。

それを楽しむのもまたよろしいかと・・・

Syakudo10


滋賀県長浜市木之本町にある紅葉の名所
「鶏足寺」と「石道寺」。

ここはこの2ケ寺がセットですが、
この日は見ごろの紅葉と終り間際の紅葉を
同時に楽しませてもらいました。     camera 24日

2012年11月25日 (日)

湖北 鶏足寺の紅葉

高滋賀県長浜市木之本町古橋にある「鶏足寺(旧飯福寺)」。

湖北にある紅葉の名所として知られていますが、
見ごろとの情報に久しぶりに出かけました。

「己高閣」の駐車場から500mほどの遊歩道を行き、
ちいさな茶畑(亀山)を越えます。

Keisoku01

目の前に現れる色づいたモミジの木々!
今年はまた見事な紅葉に出会いました。

Keisoku02

モミジ葉の散る参道入り口が撮影ポイントですが、
時間が10時過ぎと遅くかなり人に踏まれています。

まずは参道入り口(大門跡)周辺の紅葉を

  Keisoku03

  Keisoku04

この散りモミジの参道が人気で、
朝早くから訪れる人が多いようですが、
この時間ではせいぜいこれぐらいです ><;

Keisoku05

この時間では本堂まで行って参拝し、
戻る参道がちょうど逆光になります ^^;

  Keisoku06

その本堂前からの
見事な紅葉を楽しみ参道を戻ります。

Keisoku07

Keisoku08

Keisoku09

参道入り口に戻って来ました。

Keisoku10

「大門跡」周辺の紅葉を楽しみ

Keisoku11

Keisoku12

ここからすぐ近くにあります
「石道寺」へと行きます。

Keisoku13


これまで来たときはいつも散り紅葉の「鶏足寺」でした。
また前日の雨が心配でしたが、
今年は3度目にして初めて見事な紅葉に出会いました。

この日は風が強く木の葉が散る場面もありましたが、
まだしばらくは楽しめそうです。     camera 24日

2012年11月24日 (土)

どうだん亭 秋の一般公開

愛知県尾張旭市霞ヶ丘町にある「どうだん亭」の
秋の一般公開が行われました(11月25日まで)。

テレビで放映されて、(新聞にも載ったそうです ^^;)
かなりの混雑を覚悟しての訪問でした。

Doudantei01

「満天星亭」

岐阜県飛騨市から移築された合掌造りの古民家
(国の登録有形文化財)ですが、
現在は教育文化施設として利用されています。

Doudantei02

春と秋には無料で一般公開されていますが、
予想どうりの混雑で玄関口まで人の列です。

待ちながら玄関周辺を撮影 ^^;

Doudantei03

出る人、入る人でごった返していますが、
まずは頭上を覆う見事な”イロハモミジ”

Doudantei04

Doudantei05

その左手にあるドウダンツツジ

ゆっくり前に進むおかげで、
待つ時間を苦にすることはありません ^^;

Doudantei06

玄関右手のこれも”ドウダンツツジ”

Doudantei07

そして庭の奥にあるのも”ドウダンツツジ” ^^;
名前に由来する見事なドウダンの木々が色づいています。

ようやく玄関に入ります ><;
その建物にも興味がありましたが・・・
この日はドウダンの庭だけを楽しみます。

Doudantei08

Doudantei09

客間から見た前庭

部屋の中はすれ違うのも大変な混みようで、
ひととおり建物内を見学して外に出ます。

Doudantei10

建物をまわって裏庭へ

Doudantei11

ここにも見事な”ドウダンツツジ”でした。

Doudantei12

見える建物は離れの2階
見下ろす景色はそれほどでもなく省きました ^^;

建物内をゆっくり見る余裕もない混雑でしたが、
庭のドウダンだけは楽しんできました。  camera 21日

2012年11月23日 (金)

曾木公園の紅葉

岐阜県土岐市曽木町にある「曽木公園」。

ライトアップされるとと”水面に映る逆さ紅葉”で知られ、
ここもまた人気のスポットですが、
今、そのライトアップ中!(25日まで)。

小原からはすぐ近くにあり帰路を土岐経由に変えて、
昼間の紅葉を見に立寄ってみました。

Sogi01

ここは紅葉期以外は普通の公園、
特に説明することもなく
入口から公園の紅葉を左回りに見て行きます。

Sogi02

Sogi03

公園内にある120本のモミジの木、
それぞれに違った色あいを楽しみます。

Sogi04

Sogi05

ライトアップされると
池の水面に映る紅葉はまた格別だそうですが、
まだ一度も見たことがありません ><;

Sogi06

Sogi07

それはそれとして、
昼間に見る紅葉もまた見事です。

Sogi08

Sogi09

表から・・・

Sogi10

そして裏から・・・
小さな公園がモミジの木々で染まります。

ライトアップされた”幻想の世界”とは違った、
陽射しに映える見事な紅葉を楽しみました。  camera 20日

2012年11月22日 (木)

小原四季桜まつり

愛知県豊田市小原の「小原四季桜まつり」。

小原地区に点在する会場のなかから
今年もまた「川見(せんみ)四季桜の里」です。

Obara01

小山を覆うように咲く四季桜、
と、書きたかったのですが・・・遅すぎました。

昨年と2日違いでしたがえらい違いです。
最盛期はこの斜面が咲いた花で盛り上がりますが、
今年はご覧のようにスケスケです ><;

Obara02

山の斜面に続く遊歩道から
かろうじて咲いているのが分かるほどで、
これは予想外でした。

Obara03

Obara04

これもいいとこ撮りの寄せ集めで斜面ばかり ^^;

Obara05

遊歩道の山頂部辺りはもうパラパラです。

Obara06

斜面ばかりを楽しんで?戻りました。

ただ、四季桜がダメな分紅葉が見ごろでした。
ということで全部見せます ^^;
この日撮った小原四季桜と紅葉です。

Obara07

Obara08

田代川沿いの四季桜と紅葉
花が咲いているように見えますが花のない小枝です ><;
ただ、紅葉は綺麗でした。

戻って傍にある「川見薬師寺」です。

Obara09

本来なら石段を覆う四季桜ですが、
今年は見事な紅葉を楽しみます ^^;

Obara10

Obara11

Obara12

昨年は見れなかった紅葉、
その分やはり四季桜の終わりが早かったようです。

未練がましく戻った「和紙のふるさと」

Obara13

入口の紅葉を見てここもダメかと、
ダメもとで向った最奥の「工芸館」裏です。

Obara14

Obara15

かなりの逆光ですが敢えて ><;
何とからしい四季桜です。

「小原四季桜まつり」
残念ながら今年は”小原の紅葉”になってしまいました。
やはり花の時期は難しい・・・ ^^;ですね。  camera 20日

2012年11月21日 (水)

穴弘法紅葉まつり 土岐市

岐阜県土岐市土岐津町高山にある「穴弘法」、
紅葉で知られるところだそうですが、
知るのも訪れるのも初めてでした。

駐車場はありますが、
この日(17日)が紅葉のライトアップ初日で、
臨時駐車場(バロー土岐店)から少し歩きました。

Anakobo01

集落の中にある入口から案内に導かれて、
駐車場の先からその紅葉が始まります。

Anakobo02

ライトアップされるとこの池に映る紅葉が
幽玄の世界を演出するようですが、
昼間の池をとりまく紅葉を眺めながら・・・
先へと行きます。

Anakobo03

Anakobo04

池の先で遊歩道から少し下ります。

Anakobo05

大きな池の先には小さな池

Anakobo06

Anakobo07

近くに集落があるとは思えないほどの
山深さを感じます。

Anakobo08

遊歩道に戻るとすぐ先が「穴弘法」

Anakobo09

右に「古城山稲荷」の赤い鳥居

Anakobo10

その先、左にある「穴弘法」です。

戦国時代にこの地で命を落とした人々の霊を弔うため、
元禄元年に開創された「慈善院梵燈寺」の跡。

Anakobo11

後に廃寺となりますが明治末期に地元の人たちにより、
「古城山遍照閣」として再興されるも再び廃寺となる。

Anakobo12

ここ「穴弘法」には
104体の石仏が安置されているそうです。

ここはまた高山城跡の下にあり
城跡への遊歩道が続いています。

Anakobo13

遊歩道から穴弘法の紅葉を見ながら、
道を上ること約5分。

Anakobo14

その「高山城跡」です。

標高183mの丘陵に築かれた城跡には、
3つの曲輪跡とその石標が立てられています。

武田勝頼の東濃攻めによって攻略され、
その後、慶弔5年(1600)の関ヶ原の戦いで
東軍によって攻められ落城。

公園として整備された「高山城跡」

Anakobo15

その”一の曲輪跡”に建てられた桔梗櫓から、
眼下に一望する土岐の市街地です。

土岐市高山地区にある「穴弘法」。
ライトアップが始まる直前の紅葉を楽しみ、
「高山城跡」へのミニハイキングでした。   camera 17日

2012年11月20日 (火)

虎渓山 永保寺

岐阜県多治見市にある「虎渓山 永保寺」
紅葉は二度目でしたが・・・
今が見ごろとのことで出かけました。

本来は表参道からですが、
いつもながら駐車場から近い裏参道?から ><;

Kokeizan01

”梵音巌”上にある「六角堂」横から
名勝庭園の”臥龍池(心字池)」。

Kokeizan02

坂道を行くと再建なったばかりの本堂
先の”大イチョウ”はまだ緑です ^^;

ここから「臥龍池」周辺と「禅堂」横をめぐります。

Kokeizan03

Kokeizan04

紅葉の先には池に架かる”無際橋”

Kokeizan05

左手には禅堂の南に広がる楓の森が、
見事な瓦土塀の先に見えます。

Kokeizan06

Kokeizan07

Kokeizan08

撮るところは決まってしまいますが、
見ごろの紅葉!と美しい瓦土塀の造りを堪能します。

Kokeizan09

臥龍池を周って来ました。

梵音厳上の六角堂と、観音堂そして無際橋、
散ったモミジ葉もまた趣があります。

Kokeizan10

池の西側から・・・

そして右手にあります小さな池の周辺

Kokeizan11

Kokeizan12

この辺りはすでに散り始めていますが、
それがまたよろしい ^^;

Kokeizan13

戻る道筋

Kokeizan14

戻った庫裡前
鐘楼の横からまだ色づいたばかりの大イチョウと ^^

「虎渓山 永保寺」
大イチョウはまだ色づき始めですが、
紅葉は今が一番の見ごろでした。   camera 18日

2012年11月19日 (月)

湖南三山 長寿寺

湖南三山の最後は「常楽寺」から東へ1キロほど、
湖南市東寺にある「長寿寺」です。

ここは一番期待していたところですが、
この日は紅葉に関係なく何やら雰囲気が違いました。
それが何かはあとで分かりましたが・・・
まずは紅葉です ^^;

Tyojyuji01

Tyojyuji02

山門を覆う紅葉

Tyojyuji03

拝観受付からは頭上を覆う紅葉の参道ですが・・・
まだ”見ごろ間近”が当り!です。

Tyojyuji04

「白山神社」との参道分岐

ここまでの参道は・・・美しい緑と銀杏の黄と、
モミジの赤のグラデーションでしたが
その先はまだ緑一色です ^^;

Tyojyuji05

Tyojyuji06

そして本堂前

いつもと違う光景に一瞬??でしたが、
梵字の書かれた柱?の文字で判明です。

この日(16日)から11月25日まで、
本尊の「子安地蔵菩薩(秘仏)」が57年ぶりの御開帳で、
その式典が終わったところ。
ちょうど一般に公開されたばかりでした。(超ラッキー!)

本尊を安置した「春日厨子(国宝)」とともに
早速の拝観でしたがこれが暗くて ><;
胸のあたりから下が見えますがお顔が・・・。

ところがこの時間にちょうどNHKの取材があり、
その撮影用ライトが点きます。(それでも暗かった ^^;)
これはもうWラッキーの秘仏拝観でした。

ということですっかり興奮し、
紅葉のことはどこへやらで撮影手につかず・・・
気を取り直して撮った紅葉です ><;

Tyojyuji07

Tyojyuji08

本堂横の右と左側
左には白山神社の拝殿と本殿があります。

Tyojyuji09

Tyojyuji10

「弁天堂」と「鐘楼」付近

本堂周辺の紅葉を見て参道を戻ります。

Tyojyuji11

緑の多い戻る参道。

ここが染まれば山門にかけて
それは見事な紅葉の天井になりますが・・・><;

Tyojyuji12

Tyojyuji13

Tyojyuji14

参道の紅葉は見ごろはあと少しでした。

見ごろを外しても参道に散る紅葉もまた素晴しく、
「長寿寺」の紅葉はまだこれからです。     camera 16日

2012年11月18日 (日)

湖南三山 常楽寺

湖南三山「善水寺」を拝観したあとの雨で一旦帰宅、
日をあらためて出かけました湖南三山の残り2ケ寺、
「常楽寺」と「長寿寺」です。

中一日の雨のあとこの日は快晴!
絶好の紅葉めぐりでした。
まずは湖南市西寺にある「常楽寺」です。

Jorakuji01

受付横から本堂(国宝)

和銅年間(708~725)に開基されましたが、
延文5年(1360)に火災で全焼しますが同年に再興。

Jorakuji02

本堂左の小高い丘に建つ「三重塔(国宝)」

境内の紅葉は見ごろでした ^^

Jorakuji03

本堂前
弁天堂と池を覆う紅葉

Jorakuji04

Jorakuji05

こちらは境内右手の「普賢堂」前から・・・

Jorakuji06

Jorakuji07

そして本堂の廊下から見る境内の紅葉。

ここではドウダンツツジの紅葉も見れます。
本堂左手の三重塔下からちょうど本堂と三重塔を巻くように
「西国三十三観音めぐり」の道があります。

Jorakuji08

三重塔下から庫裡横の紅葉。

ここから裏山への「観音めぐり」道が続いています。

Jorakuji09

軽い上りの道を行くと
ちょうど林が切れて三重塔が見えます。

手前の紅葉はドウダンツツジ

Jorakuji10

そのドウダンツツジとモミジが綺麗でした ^^;

Jorakuji11

本堂側に下りてきました。

Jorakuji12

そして観音めぐり道の出口からです。

「常楽寺」はこれまでも比較的見ごろの紅葉でしたが、
湖南三山でもここが一番早いようです。  camera 16日

2012年11月17日 (土)

湖南三山 善水寺

「希望が丘文化公園」から南へ9キロほど走り、
向ったのは湖南三山「善水寺(ぜんすいじ)」でした。

なぜか?3年ごとに訪れていますが、
年ごとにまた違う紅葉を見ることになりました ^^;

紅葉情報では”見ごろ間近”でしたが・・・

Zensuiji01

受付を入ったすぐにある鐘楼とモミジの木、
これだけ見ていると綺麗な紅葉ですが。

Zensuiji02

同じ木ですがチョッと本堂寄りです。

この木は見ごろでしたが・・・
本堂に近い紅葉はまだ”色づき始め”です。

それは後ほど ^^;

Zensuiji03mn

本堂(国宝)
南北朝時代 貞治5年(1366)の再建。

Zensuiji04

本堂横

Zensuiji05

そして本堂からの紅葉です。

Zensuiji06

撮る角度でこれだけ違いますが、
全体には緑も多く・・・これは微妙 ><;

Zensuiji07

庫裡の横から奥へ行きます。

Zensuiji08

Zensuiji09

庫裡の裏庭?

Zensuiji10

最後は”百伝池”横から境内

湖南三山でも紅葉の見ごろが難しい「善水寺」ですが、
ここも一度に染まることはなさそうです。

このあとは「常楽寺」から「長寿寺」へと向いましたが、
走る途中から雨になりました ><;
この2寺は日をあらためて訪れます。   camera 14日

2012年11月16日 (金)

希望が丘 かえでの森

「滋賀県希望が丘文化公園」は
東西約4km、南北約1kmの広大な山林?の中に、
スポーツゾーン、野外活動ゾーン、文化ゾーンの
3つの施設がある総合文化公園です。

遊歩道沿いの紅葉を紹介しましたが、
今回はその途中にある”かえでの森”と”
日本庭園”周辺の紅葉です。

Kaede01

遊歩道から”かえでの森”に入ります。

Kaede02

Kaede03

Kaede04

まるでもみじ谷のようですが、
ちょうど散り始めの見事な紅葉を楽しみます。

Kaede05

Kaede06

施設は東と西のゾーンにあり、
中央部は山林で東西ゲートと施設を結ぶ中央道(車道)と、
山林の中を遊歩道を含めた延長約11kmの
自転車道が整備されています。

Kaede07

Kaede08

”かえでの森”に造られた日本庭園、

池を周りながら庭園の上に出ます。

Kaede09

Kaede10

中段部の紅葉と黄葉 ^^;

Kaede11

最上部に出ました。

Kaede12

Kaede13

Kaede14

この辺りは今が見ごろ

Kaede15


”かえでの森”と文化ゾーン一帯では
11月30日まで「希望が丘紅葉祭」が開催中!
週末にはイベントも行われるようです。

「希望が丘文化公園」
散り始めた遊歩道の紅葉と
かえでの森”の見事な紅葉を堪能しました。  camera 14日

2012年11月15日 (木)

希望が文化公園の紅葉

滋賀県「希望が丘文化公園」
竜王町、湖南市、野洲市にまたがる広大な公園ですが、
ここに”かえでの森”があります。

紅葉情報が見ごろでしたが・・・
何所に?が本音でした。

ここは入園無料ですが駐車料金(¥500)がいります。
以前に一度Uターンした経験がありますが ><;
今回は目的がありました。

Kibougaoka01

東ゲート傍の「多目的広場」です。

ここから中央道の車道を行き、
途中から自転車道と重なる遊歩道に入ります。

ここから約1キロほどの道、

Kibougaoka02

すぐに始まる紅葉の遊歩道、
はや散り紅葉の感がありますが・・・見事です!

その道沿いの紅葉をご覧いただきます。

Kibougaoka03

Kibougaoka04

Kibougaoka05

遊歩道を曲がるたびに現れる紅葉に
思わず奈良の「春日原始林」を思い出しました。

遊歩道に続く紅葉・・・説明はなしです ^^;

Kibougaoka06

Kibougaoka07

Kibougaoka08

Kibougaoka09

”かえでの森”が近づいてきました。

Kibougaoka10

この右下がその”かえでの森”です。

そのまま進みます。

Kibougaoka11

Kibougaoka12

Kibougaoka13

”かえでの森”です。

谷に下りると日本庭園がありますが、
撮影中に厚い雲に覆われました。

流れる雲を見ながら、
日差しの回復するまでこの先の遊歩道を行きます。

Kibougaoka14

途中は紅葉もなくただ歩くだけでしたが ^^;
ここが南駐車場。

日差しが戻りました。
先の道は自転車道ですが来た道を戻ります。

Kibougaoka15

Kibougaoka16

”かえでの森”に戻って来ました ^^;

このあとはその見事な”かえでの森”と、
”日本庭園”の紅葉!です。    camera 14日

2012年11月14日 (水)

湖東三山 紅葉情報

湖東三山の紅葉情報
見ごろの「金剛輪寺」を先に載せましたが、
残る「百済寺」と「西明寺」です。

三山を同時に回ると紅葉の遅い両寺ですが、
どうしても三山はセットになります。

まずは「百済寺」から

Sanzan01

受付入口から下

Sanzan02

そしてすぐ横
こちらは庭園の入口付近です。

Sanzan03

本堂下の参道あたり、
残念ながら参道の紅葉はまだこれからでした。

あとは「庭園本坊」です。

Sanzan04

庭園入口から池を回り込みます。

Sanzan05

緑の松と相まって綺麗ですが・・・
「遠望台」へと紅葉の中へ入ります。

Sanzan050

Sanzan06

途中の紅葉を楽しみながら

Sanzan07

「遠望台」です。

Sanzan08

庭園は”見ごろ”と言えば”見ごろ”ですが、
全体にはまだこれからかと・・・。
ここは三山でもいちばん遅いようです。

次は「西明寺」

Sanzan09

時間が経つにつれて晴れてきました。
紅葉には好都合です。

Sanzan10

定番スポット!
ここもまだ早かったです ><;

Sanzan11

ここではなぜかこの土壁 ^^;

この日は本坊から名勝庭園「蓬莱庭」を抜け、
一方通行の参道を本堂に行きます。

Sanzan12

本坊入口

Sanzan13

庭園の中を行く参道から

Sanzan14

本堂前

本堂内陣では12月9日まで
10年に一度の「刀八毘沙門天」が特別公開中ですが、
これは必見です。

Sanzan15

三重塔前
どこも今ひとつの感じでしょうか。

表参道を下ります。

Sanzan16

「二天門」下です。

「百済寺」と「西明寺」の紅葉、
私的にはまだ先かと感じましたがそれがいつかは?
しかし人気の湖東三山、
この日も多くの人が訪れていました。   camera  12日

2012年11月13日 (火)

湖東三山 金剛輪寺

湖東三山の紅葉情報が一斉に”見ごろ”になりましたが、
そのなかでも一番早くから”見ごろ”でした「金剛輪寺」。
その”血染めのもみじ”が染まっていました。

湖東三山、まずはその紅葉から。

Kongou01

黒門

Kongou02

Kongou03

くぐった境内と、
拝観受付の先です ^^;

まだ少し早いかと思いましたが
一部は見ごろです。

Kongou04

途中の「西谷堂」横、
本堂脇の紅葉に期待をしました!

Kongou05

紅葉は中抜き ^^;
千体地蔵に励まされて参道を行きます。

Kongou06

「二天門」をくぐった本堂前、
そして本堂脇の紅葉です。

Kongou07

Kongou08

”血染めの紅葉”!見ごろですね ^^
何も言葉はありません。

Kongou09

本堂裏

Kongou10

周辺はまだこれからかと思いますがいい感じです。

「三重塔」は現在保存修理のため
来年3月まで工事中ですが
その一部を見ることができます。

Kongou11

あらためて本堂脇の紅葉、
ここが染まるとやはり違います。

”血染めのもみじ”はもう一ヶ所「名勝庭園」にも ^^

Kongou12

ワンパターンですが ><;

Kongou13

庭園に入ります。

Kongou14

これは裏モミジが楽しみでした ^^

     Kongou15

これもワンパターンですが ^^;
庭園の最奥から。

Kongou16

庭を周ります。

Kongou17

Kongou18

池泉回遊式庭園

湖東三山一の名園古庭だそうですが、
今回は紅葉ばかり撮りました ><;

久しぶりに訪れた湖東三山。
見ごろの「金剛輪寺」を」先に出しましたが、
「百済寺」と「西明寺」の情報はこのあとに。  camera 12日

2012年11月12日 (月)

徳源院の紅葉

滋賀県米原市清滝にある京極家墓所「清瀧寺 徳源院」。

春の”道誉さくら”、秋はハギで知られていますが、
庭園の紅葉もまた見事です。

参道を突き当たると
境内周辺の紅葉はかなり色づきいています。

Tokugenin01

Tokugenin02

まもなく見ごろの状況でしょうか。

Tokugenin03

本堂への入口
庫裡の間に見える庭園の紅葉が綺麗でした。

これはあとの楽しみでまずは境内を。

Tokugenin04

三重塔前

Tokugenin05

塔の横

そして庭園を拝観します。

Tokugenin06

先客があり”額縁庭園”は無理でした ^^;

まだ、奥の木々が色づき始めですが、
この木々が染まると庭園は紅葉につつまれます。

Tokugenin07

Tokugenin08

正面の紅葉の左右

Tokugenin09

庭園の左側
白壁の向こうが「京極家歴代墓所」です。

そして外から見えた紅葉

Tokugenin10

庫裡の左側にあります。

Tokugenin11

アップで ^^;

Tokugenin12

あらためて庭園です。

江戸初期の作風で小堀遠州の作とも言われる
「池泉回遊式庭園」。
散り紅葉直前の景色もまたよろしいかと・・・。

この境内周辺の他の紅葉も、
まだ全体では”色づき始め”でした。   camera 10日

2012年11月11日 (日)

秋の内宮周辺

「神宮ばら園」を先に載せましたが
この日の目的は「旧慶光院客殿」の拝観でした。

おはらい町にあります「神宮道場」の前に、
いつも表門の扉が閉ざされている「旧慶光院」があります。
今年は11月7日から3日間だけ特別公開されました。

国重文「旧慶光院客殿(現、神宮祭主職舎)」

Ise01

表門の先には唐破風造、檜皮葺の車寄せがありますが、
松の植え込みが邪魔で見えません ><;

門をくぐれば撮影禁止

Ise02

門外から撮れるのはこれだけ ^^;
建物は客殿横の「勝手所」です。

この左手から主屋の南面に回り込み、
その客殿を拝観しますが・・・
写真もなく、ただの説明だけではと
こわしくはこちら に任せて自分だけが楽しみました ><;

そのあとはやはり内宮参拝

Ise03

渡る宇治橋
内宮神苑にもモミジの木があります。

Ise04

渡り始めた宇治橋横の紅葉
神苑のモミジは参道左右の小径沿いにあります。
(これも参道といえば参道ですが ^^;)

Ise05


ちょうど菊花展開催中でまずは菊の花。

少し行くと右に見える紅葉に、
小径を少し戻りました。

Ise06

まだ”色づき始め”です。

Ise07


見たかったのはここ

Ise08

五十鈴川の御手洗場

まだまだこれからです ^^;
これから先にはモミジの木はありません。

「正宮」に参拝して帰り道、
休憩所から参道に戻らずそのまま小径を行きます。

Ise09

神宮司庁へと分岐する道から振り返っていますが、
ここはまだ緑のモミジです。

ただ、見上げれば

Ise10

少し色づいていました。
この先「子安神社」周辺のモミジも
まだ緑でこちらも紅葉はまだ先のようです。

戻る「おかげ横丁」の菊花展

Ise11

菊は菊でも”伊勢菊”です ^^;

Ise12

Ise13

細長く糸のように垂れさがる特有の花びらから、
”伊勢なます菊”とも言われ、「伊勢三珍花」のひとつ。

以前に追っかけたことのある「伊勢三珍花」、
5月の”伊勢ナデシコ”、6月の”伊勢花菖蒲(伊勢誉)”、
そしてこの”伊勢菊”です。

この日は内宮に参拝しながら周辺の秋を楽しみました。

2012年11月10日 (土)

伊勢 神宮ばら園

伊勢市宇治中之切町にある「神宮バラ園」では、
春と秋のばら展に合わせてバラ園が開放されていますが、
ただいま秋の開園中です。

神宮会館の裏手にあるバラ園ですが、
何年ぶりか?の訪問でした。

Iseb01

それほど広くないバラ園ですが、
120種、450株のバラが植えられています。

Iseb02

春バラと比べて華やかさはありませんが、
ここの特徴は”プリンセス・ローズ”があること。

Iseb03

会館裏手の斜面にその花が並びますが、
ここにもその一画があります。

Iseb04

”プリンセス・・・”と名のつく皇族妃ゆかりのバラ、
その数が多いのには驚きます。

ほぼ網羅、いえすべてでしょうか?その数10種類。

Iseb05

こちらは”プリンセス・ハナコ”のコーナー

Iseb06

ここでしか見ることができないという
常陸宮妃華子殿下に贈られた”プリンセス・ハナコ”は
丸みを帯びた薄桃色の花が可憐です。

Iseb07

Iseb08

Iseb09

それぞれに名はありますが・・・
いつものことながら失礼して ^^;

Iseb10

会館へと下りる斜面の上
この斜面と下にもたくさんのバラがあります。

バラの名はほとんどがカタカナですが、
そんななかから思いの和名ばら ^^;

Iseb11

しのぶれど

Iseb12

恋心

Iseb13

たそがれに

それぞれの花名で何やら一句できそうな・・・ ><;

「神宮ばら園」
開園は11月15日までの予定です。   camera 8日

2012年11月 9日 (金)

近江 八幡公園

近江八幡市の「八幡公園」
春の桜とともに秋は紅葉で知られています。

以前に見事な紅葉をみた日からは20日ほども早く、
今回は期待もしていませんでしたが、
東近江市からは近いので走ってみました。

Omi801

市立図書館横の公園入口、

まずはイチョウの紅葉と

Omi802

ガラス窓に映るドウダンツツジの紅葉 ^^
目的が違っていますがこれはこれで ^^;

目的の紅葉は・・・

Omi803

図書館裏の遊歩道沿い、
何やら期待をしてしまいそうでした。

Omi804

いつもは入口から奥へと見て行きますが、
この日は奥のモミジから入口に戻ります。

まだ青葉に近い木々

Omi805

部分的に染まり始めた木もありますが、
全体には”色づき始め”でしょうか。

Omi806

Omi807

日差しがなければとても撮れない状況です。

Omi808

公園中央にある「豊臣秀次像」
この像が真っ赤な紅葉につつまれるのは
まだまだ先のようです。

モミジがダメなら町なか散策と、
この日は歩きも想定しての近江八幡市でした。

Omi809

公園から「八幡掘」に出ます。

堀沿いを歩きながら「白雲橋」

Omi810

八幡堀の秋景色!

この日は風が強くもう冬かと思う日でしたが、
このあとは市内を散策。
久しぶりに「朝鮮人街道」を歩いてみました。  camera 7日

2012年11月 8日 (木)

太郎坊宮の紅葉

近隣県の紅葉情報は
山を除いてほとんどが”色づき始め”から変わらず、
しびれを切らして様子を見に出かけた東近江でした。

渋滞の高速を気にすることもなく、
のんびりと走れるR421で「石博トンネル」を抜けます。
目の前には見事な紅葉が続きますがこの日も曇天 ><;
ここはあらためてと思いながら・・・。

Tarobo01

着いた東近江市小脇町の「太郎坊宮(阿賀神社)」。
この日は久しぶりに石段を上ります。

Tarobo02

「成願寺」前から下を振り返ります。
情報は当り!の”色づき始め”でしょうか。

Tarobo03

ではここから・・・ ^^;

Tarobo04

途中でハッとするような紅葉がありましたが、
これだけでした ><;

Tarobo05

社務所下から振り返ります。
まだ色づいていません・・・が綺麗です。

Tarobo06

「絵馬殿」前
大分色づいてきています。

Tarobo07

「社務所」入口から
もう少しって感じでしょうか ^^;

Tarobo08

社務所横から本殿へと続く石段上、
まだまだですね。

Tarobo09

Tarobo10

「拝殿」前と
これから上る「夫婦岩」の下。
チョッとグラデーション気味でいい感じでしょうか。

Tarobo12

通り過ぎて順光です ^^;

ここから本殿に参拝して裏参道を下りますが、
こちらには紅葉はありません。

Tarobo13

「お百度の道」に入って見えたコスモス畑!
コスモスはもう終りと思っていましたがこれは行きます。

Tarobo14

里の秋

Tarobo15

終りかけのコスモスなら載せないつもりでしたが・・・
見ごろの見事なコスモス畑でした。

Tarobo16

「太郎坊宮」とコスモス!
まさかこんな光景を撮ることになるとは・・・。

その紅葉、
やはり見ごろになるのは中旬以降でしょうか。
ここも山といえば山ですが、
このあと平地?の紅葉を見に走りました。  camera 7日

2012年11月 7日 (水)

三重の東海道

朝からの雨で動けず関宿まつりの写真を整理しながら、
以前に歩いた東海道を思いだしていました。

関宿を含め三重県の東海道には7つの宿場町があります。
その街道筋を思いつくまま並べてみました ><;
(写真は2005年から06年にかけて撮ったものです)

まずは「桑名宿」の「七里の渡し」跡から

Tokaido01

建てられている鳥居は「伊勢国一の鳥居」で、
式年遷宮で建て替えられる内宮宇治橋の
外側の鳥居が移されています。

ここから桑名城跡の横を通り桑名の町を抜けて行きます。

     Tokaido02

矢田町の矢田立場跡にある火の見櫓を見ると
すぐに町屋川を渡ります。


この先朝日町を抜けて朝明川を渡り富田へ

     Tokaido03

近鉄富田駅手前でガードをくぐると「富田の一里塚」。

富田の先で国道1号線を添うように行き、
海蔵川を渡ると「四日市宿」に入ります。

街道らしき雰囲気が残る近鉄内部線沿いを行くと、
日永の追分。

Tokaido041

Tokaido042

国道1号線と23号線への道を分けるようにある追分。

大きな道標と常夜灯、
そして中には神宮遥拝所と鳥居があります。

道を左にとれば伊勢街道(参宮街道)ですが、
東海道は右に行きます。

先で内部駅を過ぎればやがて「杖衝坂」

  Tokaido051 Tokaido052

芭蕉が「笈の小文」の旅で詠んだ
”徒歩(かち)ならば 杖つき坂を 落馬かな”
の句碑が坂上にあります。

次が「石薬師宿」

Tokaido06

ここには「本陣跡」が残りますが、
また佐々木信綱の生家があるところ。

その季節には宿町が卯の花で埋まります。

     Tokaido07

その宿場の名ともなった「石薬師寺」。

そして道は「庄野宿」へ入りますが、
ここは特にらしきものはありません。

Tokaido08

庄野の町並み

この先、復元された「和田の一里塚」を見て、
単調な道を行くと「亀山宿」です。

Tokaido09

この先から宿場の面影が残る町並みですが、
そのまま先を急ぎます ><;

梅厳寺境内の「京口門跡」の碑を見て行くと

     Tokaido10

「野村一里塚」跡

載せていませんがこの街道筋には
距離ごとに見事に「一里塚跡(石柱も含め)」があります。

ここから4キロ先が「関宿」の「東追分」ですが、
その鳥居の傍にやはり「一里塚跡」の石柱があります。

その関宿はまつりで紹介済 ^^;


Tokaido11

ここは関の「地蔵院」の静かなたたずまいを。

このあとは「西追分」から
目の前に迫る鈴鹿峠へと向かいます。

Tokaido12

三重の東海道、最後にある「坂下宿」。

歩いた時はこの道の広さにたまげて、
これから峠に向かう宿町には思えませんでした。

その分、このあと峠への道が待っています。
峠下にある「片山神社」から一気に峠をと意気込んだら、
あっけなく峠に着いた・・・そんな記憶があります。

Tokaido13

当時は雪の残る時期でしたが、その鈴鹿峠。

ここには”姿見の鏡岩”なるものがあります。

Tokaido14

そこから見下ろす国道1号線。

戻って県境の石柱を越えると滋賀県

Tokaido15

目の前が開けると茶畑の前の休憩所に
巨大な「万人講常夜灯」が建っています。

Tokaido16

峠から眺める滋賀県側の景色!

三重県の東海道
桑名から鈴鹿峠まで約50キロほどの道のり、
古い写真を引っ張り出して駆け足で紹介しました。

2012年11月 6日 (火)

関宿 町家の細部意匠

「関宿 街道まつり」が盛り上がるなか、
こちらは手元の”イラスト案内図”にあった
”町家の細部意匠”を探して町なかの散策でした。

Seki01

まつり会場の西にある関宿 新所(しんじょ)の町並み。

何度も関宿には来ていますが、
この「イラスト案内図」を見るのは何年ぶりか ?でした。

Seki02

Seki03

各民家の格子に掛けられた水彩スケッチ画?


その中に”町家の細部意匠”という項目があります。
細部の意匠に工夫されたものということで、
漆喰細工や瓦細工が紹介されています。

大混雑の町なかを庇や屋根瓦を見ながら・・・
まずは案内図にある漆喰細工と瓦細工を探します。

では中町から

Seki04

Seki05

上が漆喰彫刻の 虎、 下が 龍 (少し傷んでいます)、
ともに一軒の町家に対であります。

Seki06

これは瓦細工の 虎

続いては新所

Seki07

Seki08

こちらは漆喰塗籠壁の両脇に
漆喰彫刻の 鶴と亀が細工されています。

Seki09

そしてこちらの民家の袖壁には鯉の滝昇り。

紹介されている漆喰と瓦細工はこれだけですが、
見て行くうちに他にもたくさんの飾り瓦がありました。

何も説明はできませんが ^^;
こちらは中町から新所へと見た順です。

Seki10

七福神のようですが・・・これはいきなり?

Seki11

Seki12

こちらも七福神の大黒天と恵比寿さんでしょうか。

新所へ入ります。

Seki13_2

これも七福神から?
どうやら飾り瓦は七福神の恵比寿さんや
大黒天が多いようです。

Seki14

といいながら、これは鍾馗さんですね。

Seki15

右腕が折れていますが、恵比寿さん

Seki16_2

そして最後はこちらの飾り、
これも右腕が折れていますが・・・これは何?
もしかしてこれも鍾馗さん?でしょうか。

他にもらしきものがありましたが、
比較的分かりやすいのを撮ってみました。

Seki17

新所の町並み

最後にある”水彩スケッチ画”を見てゆるい下り坂を行くと

Seki18

関宿の「西追分」です。

”南無妙法蓮華経  ひだりハいか やまとみち”
と刻まれている道標を兼ねた「髭題目碑」が建ちます。

直進すれば旧東海道 坂下宿から鈴鹿峠へ、
左にとれば伊賀から奈良に向かう大和街道です。

東西約1.8キロの旧東海道関宿
「街道まつり」のあとは漆喰細工と瓦細工の細部意匠、
そして飾り瓦を楽しみました。

2012年11月 5日 (月)

関宿 街道まつり

三重県亀山市の関宿で4日(日)に行われた
東海道関宿 「街道まつり」。
旧東海道の街道一帯で行われる市民まつりですが、
この日はそのメイン行事「宿場大行列」でした。

Sekisyuku01

いつもは観光客が多くても静かな関宿ですが、
この日はすでに凄い人で賑やかです ><;

少し駐車に手間どり時間に遅れ、
メインの行列がスターとする東追分まで急ぎました。

人でごった返す街道を行くと

Sekisyuku02

途中でスタートした「こども樽みこし」に出会います。

さらに先を行くと

Sekisyuku03

「宿場大行列」の先頭”着物道中”が来ていました。

道を急ぎます ^^;

Sekisyuku04

東追分の手前でスタートしたばかりの
街道まつり伝統の”関ふれあい音頭”です。

Sekisyuku05

そして東海道関宿の東追分です。

ここは東海道と伊勢別街道との分岐ですが、
建っている神宮遥拝鳥居は20年ごとの式年遷宮で、
内宮宇治橋の南詰め鳥居が移されたものです。

ちょうど「正調鈴鹿馬子唄」が、
保存会の方たちにより唄われていました。

Sekisyuku06

Sekisyuku07

その「正調鈴鹿馬子唄保存会」が出発!

そして、そのあとに続く「時代行列」

Sekisyuku08

Sekisyuku09

今年は来年の式年遷宮に合わせて、
市内各地区の方たちの参加による”おかげ参り”です。

Sekisyuku10

次々と出発するたくさんの”・・・講”のグループ。

そのあとには「時代仮装コンテスト」

Sekisyuku11

Sekisyuku12

Sekisyuku13

”ひょっとこ隊”、”笠地蔵の花笠音頭”、に
”胡蝶のソーラン踊り”や、ほかにも
”南京玉すだれ”に”弁慶と義経”など多彩です^^;

そしてこれも目玉でしょうか?

Sekisyuku14

Sekisyuku15

華やかな「花魁道中」が続きます。
こういうのは目の保養になりますなぁ ^^;

そして最後はやはり曳山です!

Sekisyuku16
Sekisyuku17

「関宿まつり」では何度も見ている
小﨑(こさき)の山車(関宿ではヤマと言います ^^)。

Sekisyuku18

山車の見事な見返り幕を見て、
行列が到着するメイン会場の「関地蔵院」へと
先に出ました。

Sekisyuku19

途中の坂の上から振り返る「宿場大行列」、
ここが一番カメラマンの多いところ。

Sekisyuku20

そして「関地蔵院」
まずは最初にスタートした「着物道中」が到着しました。

このあと続々と行列がこの会場に入って
「街道まつり」はまだ続きますが、
「関宿 街道まつり」はメイン行事のここまででした。

2012年11月 4日 (日)

九頭竜湖の紅葉

福井県大野市の「九頭竜湖」、
紅葉情報は見ごろとのことで快晴のなかを出かけました。

ところが・・・天気はやはり気ままです ^^;
ここも山といえば山ですが目的に近付くにつれ曇天に ><;
厚い雲に覆われ、
山にはモヤがかかり周辺は霞みます。

Kuzuryu01

ここは定番の場所
渡る橋は「箱ケ瀬橋(夢のかけはし)」。

薄日の差すのを狙っての撮影!
何やらこのパターンが定着したようで、
今年の紅葉は思いやられます ><;

Kuzuryu02

橋の途中から左手

情報もいろいろありましたが

Kuzuryu03

橋から右手
やはりまだ色づき始めです。

天気が悪いからとは言いませんが、
晴れて日差しがあればもう少し綺麗だと・・・
そんな思いでしたがこれだけはねぇ ^^;

Kuzuryu04

近くで撮ればまぁ~見ごろでしょうか?

Kuzuryu05

遠望ではまったく霞みます。

Kuzuryu06

Kuzuryu07

まぁ、傍で見れる紅葉を楽しんで、
ダム湖を下ります。

次が野尻の神社前駐車場

Kuzuryu08

ダム湖畔と

Kuzuryu09

山側
少し陽が差し始めました ^^

ここから「九頭竜ダム」へ

Kuzuryu10

ダムの辺りは少し陽が差し期待しましたが

Kuzuryu11

Kuzuryu12

それも束の間で
やはり紅葉はまだこれからのようです ^^;

しかしこの日は寒かった!
この寒さで紅葉は一気に進むのでしょうか?
せめて晴れ間を見せた九頭竜ダム湖を一枚!

Kuzuryu13


このあと大野市街まで走りましたが下るにつれ、
車窓から見る紅葉は綺麗でした。
なぜ?・・・これは余分な疑問でした ^^;  camera 3日 

2012年11月 3日 (土)

山の辺の道 秋景色

日本最古の道と言われる「山の辺の道」
春の華やかさはありませんが、
秋はまたそれなりに歩きが楽しめます。

この日は遅い出発で
歩き初めは三輪からでした。

Yamanobe01

まずは「大神神社」に参拝。

ここからどんな秋の景気が楽しめるか?・・・と、
思いながらでしたが、期待しないでください ><;
ただ歩きが目的のこの日でした。

Yamanobe02

「若宮社」参道

この時期、この道は柿とみかん畑の中を行きます。
で、昼食にと買ったのは”柿の葉寿し” ^^;

「山の辺の道」の秋景色、
では出発!

Yamanobe03

「玄賓庵」
周辺の紅葉はまだこれからです。

ここからすぐに「桧原神社」ですが

Yamanobe04

その手前にあるこの道筋は
観光ポスターですっかり知られました ^^;

Yamanobe05

そして「桧原神社」
ちょうど神職が「御神饌」?の最中でした。

道を回り込むと

Yamanobe06

ソバとコスモス畑

山の辺の道周辺の耕作放棄地を再生するために
復園が模索されています。

ここから「大和の青垣」へ

Yamanobe07

古事記にうたわれた
” 大和は国のまほろば たなづく青垣
                 山ごもれる大和し 美わし ”
この辺りはその大和青垣国定公園です。

Yamanobe08

柿と
Yamanobe09

みかん畑が続く”山の辺の道”

Yamanobe10

「景行天皇陵」手前の定番スポット

いつもは先に見える曲がり角にある
歌碑から振り返っていますが、
この日は手前のコスモスを入れて道順に・・・ ^^;

Yamanobe11

こうした無人販売の店もこの道の定番、
道のいたるところにあります ^^

Yamanobe12

見下ろす大和盆地の先には
はるか右に二上山、
その左手には葛城、金剛山が見えます。

「中山廃寺跡」を過ぎてすぐ

Yamanobe13

小さなコスモス畑がありました ^^
その先に見えるのはは「念佛寺」。

Yamanobe14

萱生町(かよう)に入ると正面には生駒山

Yamanobe15

すぐ傍にはコスモス畑

環濠竹の内町を分けると「夜都岐神社」

Yamanobe16

その道筋には近くの綿畑への案内板
ここから「南 山の辺の道」は最後の難所?へ。

Yamanobe17

その道筋には柿の木が1本
個人的にですが、この柿の木は秀逸でした!

そして天理観光農園への手前には

Yamanobe18

Yamanobe19

四季桜が咲きます ^^

こんな花や実ものを楽しみながら・・・
最後の急坂を上って下りれば「内山永久寺跡」
ここから「石上神宮」はもうすぐ ^^

この日の最後はこの写真で

Yamanobe20

案山子の”柿ちゃん”です ^^;

この日は.何とも寒い日でしたが、
そんな秋の「山の辺の道」。
四季に移ろう”いにしえの道”を楽しみました。 camera 2日

2012年11月 1日 (木)

せせらぎ街道

曇天だった「古今伝授の里」が晴れて青空が戻り、
それなら紅葉ドライブにと郡上から「せせらぎ街道」へ。
しかし、この日の天気は気まぐれでした。

郡上から明宝に入ると奥住の辺りで雨がパラツキます。
これは撮れるところで一枚と ^^;

Seseragi01

坂本峠に入る手前の明宝温泉付近
すでにここまで紅葉は下りてきています。

坂本トンネルを抜けて見事な紅葉を見ながら
道の駅「パスカル清見」に。

Seseragi02

Seseragi03

雨は上がりましたが曇天!
雲の動きを見ながら日差しを待っての撮影。

紅葉もあれば黄葉も

Seseragi04

Seseragi05

Seseragi06

この道筋の紅葉は車窓から見ると素晴らしいですが、
道筋のパーキングに車を停めて見ると
何とも単純な景色で様になりません ><;
毎回同じことを書いていますが、
そう思うのは自分だけでしょうか ><;

次が「西ウレ峠」周辺ですが、
ここはせせらぎ街道でも一番の見どころ、
しかしすでに終りに近く通り過ぎます。

Seseragi07

巣之俣橋から

そんなことで途中の紅葉は撮っていませんが、
西ウレ峠を下り巣野俣へ入り、
ここは綺麗だったので車を停めました。

Seseragi08

そして「大倉滝口」
Seseragi09

大倉谷方面

いつもならここの蕎麦処で昼食ですが・・・
相変わらずの凄い人!これは敬遠して
そのまま少し下って「平滝駐車場」です。

Seseragi10

平滝
「大倉滝」もいい滝ですが、
なぜかこの滝が気に入っています ^^

Seseragi11

Seseragi12_2

高さはありませんが、
川の中ほど両断している岩のため、
幾条にも流れ落ちる様は見ていて飽きません。

ちょうど雨が上がった後

Seseragi13

Seseragi14

そんな紅葉もまたよろしい!

行きと帰りではまた違う景色を楽しみながら、
この日はここから戻りました。

紅葉見ごろの「せせらぎ街道」
平日でしたが多くの人が訪れていました。  camera 31日

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »