2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 斑鳩 法起寺のコスモス | トップページ | なばなの里のダリア »

2012年10月21日 (日)

斑鳩の里散策

奈良斑鳩の里
「法起寺」のコスモスを見て戻った法隆寺、
そのまま”三塔いにしえの道”から続く
”藤の木・業平つれづれの道”の散策ルートに入ります。

Ikaruga01

ここからは法隆寺境内の西側を行きますが、
まずは「西里公園」の前に咲くコスモス畑です ^^;

戻って境内沿いを”西大門”に

Ikaruga02

ここからすぐ前の小路に入ると西里

Ikaruga03

土塀や板塀の美しい町並みが続く
集落の道を楽しみながら抜けて行きます。

突然目の前は開ける・・・

Ikaruga04

そんな感じの狭い道から飛び出すと
左手に6世紀の後半に造営された「藤の木古墳」です。

古墳を見ながら緩やかな坂道を行くと

Ikaruga05

桜池の一画にある「桜池ポケットパーク」

Ikaruga06

見下ろす「藤の木古墳」と傍らのコスモス畑。

その先には斑鳩のまちが広がり、
さらに奥には「大和三山」も見ることができます。

ここからは登り下りの道を龍田北から竜田公園を目指します。

Ikaruga07

コースを案内してくれるのはこの道標。

コース内で唯一??だった道
ここから地道とコンクリート板の上を行きます。

Ikaruga08

花に誘われて歩きましたがこれが道?
一瞬道を外したかとも思いましたがそのまま行きました。

過ぎると・・・

Ikaruga09

見事な竹藪のトンネルです!
どうやらこのトンネルを通るために
無理やり作られたコースに思えました。

このコースは抜け道があって
案内の道しるべにもコース指示があり好きに選べますが、
今回はもらった地図どおりに歩きました。

このあとは北庄の集落を抜けて行きます。

Ikaruga10

町なかを下りきると竜田川公園散策路に出ました。

Ikaruga11

道はすぐ先の河や藪橋で左折しますが、
そのまま進み竜田大橋から「竜田公園」に行きます。

Ikaruga12

まだ紅葉には程遠い公園を眺め戻ります。

戻ってすぐにある「鹿塚」

Ikaruga13

民家に挟まれた小高い丘に建つ、
聖徳太子にまつわる伝承がある塚です。

過ぎると龍田の町並みへ

Ikaruga141

この道は難波津・四天王寺と斑鳩・法隆寺を結ぶ
「竜田越奈良街道」の旧道で、
虫籠窓、連子格子の古い建物が残っています。

Ikaruga142

その中心にあるのが「龍田神社」

崇神天皇の時代に創立され法隆寺の鎮守とされていたが、
明治の神仏分離により法隆寺から離れます。

Ikaruga15

奈良街道はこの先の斑鳩町役場前で
「当麻街道」と分岐し、
斑鳩から先は「横大路(北の横大路)」となり、
天理市の櫟本(いちのもと)まで続きます。

Ikaruga16

その「当麻街道」(斑鳩散策コースでは”やすらぎの道”)に
少しだけ入ってみました ^^;

ここから「業平道」に戻って法隆寺に

Ikaruga17

途中にある「斑鳩文化財センター」。

ここでは藤の木古墳出土品のレプリカ展示や、
斑鳩の歴史・文化の情報発信が行われています。

ここから法隆寺はすぐ

Ikaruga18

コースの最後にあったコスモス畑 ^^;
斑鳩散策の最後はやはりコスモスでした。

今回はふたつのコースを歩きましたが、
里の秋を楽しんだひとときでした。

« 斑鳩 法起寺のコスモス | トップページ | なばなの里のダリア »

趣味・歩く」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ココログからきました。
私が住んでいる新潟は近頃天気が悪いので、写真の青空がとても美しく感じました。
羨ましい散策コースですね

ばら さん
はじめまして、ご覧いただきコメントありがとうございます。

こちらは秋晴れが続いていますが、
新潟は天気がぐずついているようですね。
この町は法隆寺を中心にお寺が点在し、
里の秋を散策する人は多く人気のところです。
我が家からは少し遠いですが何度か出かけています ^^

爽やかな古都の秋をお楽しみのようで嬉しいです☆思い立って行ける所ばかりなので、詳しいご案内がとっても有難いです。是非ゆっくり訪れます。m(_ _)m
帰京途中です。お蔭様で素晴らしい蒼空に恵まれた2日間でした☆ありがとうございましたm(_ _)m
富士山も南アルプスの山々も、総て姿を見せてくれました☆
'芋の露 連山影を正しうす'
実感出来て 益々好きな句となりました☆
昨日は、木曽駒ヶ岳の後 宝剣小屋に泊まり、今朝はなんと宝剣岳にも登れたんです!!感激!!鎖場に来たとき自然と「神様、お母さん、好好爺様、守ってください。」と祈っていてビックリ☆笑いました(笑)☆
アルプスの山々♪夕日♪満天の星空♪ご来光♪大満足の初3000メートルで、山に魅了されてしまいました☆(*^-^*)V また行きたい☆(笑)
珍しく、いい写真も撮れましたょ~☆ ^_^;
山ガール達もたーくさん☆おしゃべりも楽しみました☆
以上、感謝を込めてご報告致します。
そろそろ 馬籠(高速バスが速い と聞きまして)ここも未だ行ってません… ^_^;
「時間とお金」
初めてなるほどね~ と想う今日この頃です(笑)

好好爺様
何とも羨ましい散策コースですねぇ。
元気なうちに、是非とも行って見たいところです。私ごとで
恐縮でございますが、若くして亡くなった義妹がこの地の出身でした。
話にも聞いておりましたのでとても懐かしく思います。
コスモス・・・続いて拝見しておりますが、風景にぴったり、
和風にも合うお花ですね。いつも楽しみにしております。

miyabi さん
山小屋にお泊りでしたか^^
それなら宝剣岳は外せませんね。

中岳から駒ヶ岳へ絶景を楽しまれ、
宝剣岳では山登りの気分も経験されたことと思います。
とにかく天候が良くて何よりでした。
気楽に?楽しめる春や夏の千畳敷、
そして八丁坂から木曽駒岳、宝剣岳へと、
また高山歩きに出かけてみてください。
季節が変われば違う景色に出会えるかと思います ^^

hiro さん
里の秋を楽しんで歩くには格好のところです。

義妹さんの出身地でしたか。
素晴しいふるさとです。
斑鳩のコスモスは全国で第4位の人気があるそうです。
とてもコスモスが似合う里です ^^

木曽駒ヶ岳の後 宝剣小屋で山ガールが宝剣岳に登って来た話を聞かせてくれたので、翌日晴天ならば登ろう、とその場で決まりました♪(笑)とても怖かったので、駄目なら引き返す積もりでしたが、緊張感と覚悟が良かったようで登れました☆(笑)
下界に下りたくない。何日か アルプスの山々を、日没と星空と日の出を観ていたい☆と思いました *^-^*
今回も人が少なくはなかったですが、お花畑の頃、また行きたいですが人のラッシュは… ^_^;☆
山岳部出身のナビゲーターさんは、「結構歩けるから、次は西穂高方面へ 5月に 残雪と絶景体験でも…?」と。でもまだちょっと早いのでは?と思っています。木曽駒ヶ岳で何度もわき上がるガスだけでびびった小心者の私なんです… ^_^;(笑)
名古屋からは駒ヶ根行きのバスがあるんですね~☆アルプスに近くて羨ましいです☆

miyabi さん
高山の魅力にハマったようですね ^^

山岳部出身のナビさんがみえるなら大丈夫ですよ。
山にガスは付きものですが
ただ、周りが見えないだけに侮らないことですね。
家からの山行きは車ですが、
駒ヶ岳の花のシーズンは凄いですから ^^

山歩き、私はいつも単独行動で適当にやっていますが、
必ずグループで楽しまれるようにお願いします ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斑鳩の里散策:

« 斑鳩 法起寺のコスモス | トップページ | なばなの里のダリア »