2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋なのに | トップページ | 元興寺塔跡の萩 »

2012年9月19日 (水)

奈良白毫寺の萩

風と大雨で動けず出かける予定が遅れ、
花の状態も心配でした奈良の「白毫寺」です。

春に咲く樹齢400年の「五色の椿」で有名ですが、
秋は参道に赤と白のハギが咲き乱れ、
奈良でも屈指の”萩の寺”としても知られています。

開花情報は見ごろでした!

Byakugouji01

参道下にある受付を入ると
山門に続く石段の左側に赤萩が咲きます。

Byakugouji02

石段右側の萩はまだ小さく
ほとんど咲いていません。

Byakugouji03

この参道にはヒガンバナも咲きますが、
今は数本が花を付けていました。

Byakugouji04

山門前の右手に咲く白ハギを見て
山門をくぐると「白毫寺」のハイライト!

Byakugouji05

参道の石段を覆うように
赤と白の萩が咲きます。

Byakugouji06

Byakugouji07

Byakugouji08

散り始めまでにはまだ少し・・・
今が一番の見ごろでしょうか。

Byakugouji09

Byakugouji10

見事なハギを眺めながら参道最上部、
そして本堂前に。

Byakugouji11

庫裡前から本堂左手、
本堂前は少し散り始めていますが、
まだ見ごろでしょうか?微妙です ^^;

Byakugouji12

本堂右手の若ハギは綺麗です ^^

本堂裏に出ます。

Byakugouji13

本堂裏、
ここは先にベンチがありいつも東側から・・・
この時間は人がいませんでした。

Byakugouji14

そして「宝蔵」前、
今回は右側の全体ですが、
ここはキキョウと一緒に咲いています。

境内に咲くハギを見て戻る途中

Byakugouji15

あらためて、
最上部から眺める参道の萩です。

古都奈良に萩の寺あり「白毫寺」
参拝者も少なく存分に堪能させてもらいました。


オマケ!です ^^

Byakugouji16

寺の前を通る”山の辺の道”沿い、
その角に咲く”酔芙蓉”です。

ハギを見に来るときはこの花も楽しみのひとつ、
まだ昼前で二日酔いだけが目立っていました ^^

« 秋なのに | トップページ | 元興寺塔跡の萩 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

前回、奈良に出かけた折にすぐ近くを通ったのですが、この時期は何もないかと思って通り過ぎてしまいました。
ああ、萩が有名なのですね、知らないばかりに、残念です。

良かった~☆雨 で散っていないか?と…。大丈夫でしたね♪嬉しいです☆
それにしても…素晴らしい写真です☆m(_ _)m同じ所を見ると、腕前の凄さに改めて感動します☆
階段最上段の白とピンクの花、見つかりましたか?携帯では写っているかどうか?分かりません(笑)

好々爺さん

私は奈良のお寺の中でも、「白毫寺」には、特に思い入れがあります。
お写真の通り、石段両脇の萩の花や、古びたお寺が印象に深く残って
います。ここの家人ともお話をしました。優雅な関西弁が嬉しかったです。
何か、有名な文人のような気分になったことが思い出です。

風 Kei さん
春の椿とともに秋は萩の寺として知られています。

やや高台にあり、
境内から市街が一望できます。
花とともに多くの仏像も自由に拝観できて、
奈良でも好きなお寺のひとつです。

miyabi さん
チョッと心配でしたが見ごろの萩を堪能しました。

今回は情報もいただき
ちょうどピーク前の見ごろでした。
白とピンクの2色分けは参道最上部のハギがそれです。
アップでは撮ってきましたが、
少し分かり難いので載せませんでした^^

shuttle さん
この寺の前は奈良「歴史の道」ですが、
一部は「山の辺の道」と重なっています。

山麓を行くこの道が好きで
「白毫寺」へは必ず歩いて訪れています。
仰るとおり古い本堂に文化財(仏像)なども多く、
小さいですが静かで好きなお寺ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良白毫寺の萩:

« 秋なのに | トップページ | 元興寺塔跡の萩 »