2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上野森林公園 | トップページ | 奈良道 久居から伊勢街道へ »

2012年9月 8日 (土)

伊賀越奈良道 平木から久居

昨年の5月に「芭蕉さんと行こう伊勢詣」で歩いた
伊賀街道・長野峠まで、
そのあとは榊原温泉まで車での送迎でした。

2日目も別ルートで「伊勢街道」に入りましたが、
今回、正式なルートである「伊賀街道」から、
途中で「奈良街道」に入る道を歩いてみました。

Iganara01

スタートは長野峠の手前にある平木バス停から、
すぐに平木集落へ入る平木口です。

Iganara02

流れる川は長野川
しばらくはこの川が旅の友・・・

Iganara03

1キロほどで「長野宿」です。
宿場の雰囲気もあまりありませんが、
ここが伊勢の国の最初の宿場でした。

Iganara04

宿の出口(伊勢からは入口 ^^)にある案内板。

ここからは見るものもない単調な国道歩きが
延々と続きます。

Iganara05

5キロほどでようやく国道を離れると美里町足坂。

ここに「御神燈」と「万度石」が2ヶ所にありますが、
その比較的綺麗なひとつ ^^;

すぐに国道に戻ると五百野(いおの)の集落。
この辺りの道は複雑でチョッと迷いました ^^;

     Iganara06

国道傍に建つ「五百野皇女古墳塚」。

五百野皇女(いおののひめみこ)は景行天皇の皇女で
名を「久須姫命(くすひめのみこと)」と言い、
「倭姫命(やまとひめのみこと)」の跡を継いで斎王を務め、
任を終えて都への帰途にこの地で亡くなったという。
五百野(いおの)の地名も皇女に由来する・・・と。

ひとつ賢くなって ^^
旧道を先に行くと奈良街道(旧伊賀道)の分岐。

Iganara07

左に分けると伊賀街道、
右に行くと奈良街道です。

Iganara08

分岐の中央に立派な常夜灯と道標が建ちます。
「右 さんぐう道 左 なら大さか道」

ここからは昔は原野だったという・・・
今も何もないだらだらと上る道を行きます。

Iganara09

羽野で国道165号線を横断すると
ようやく旧道らしき戸木(へき)の集落。
そして久居の中心部へ入りますが、
とは言え、見るべきものもなく少しだけ寄り道を。

     Iganara10

我が趣味で恐縮ですが
「子午の鐘(ときのかね)」の傍にある芭蕉句碑 ^^;
句は
”道端の 木槿は馬に 喰われけり 翁”

ここ久居で詠んだ句とありますが、
芭蕉41歳のときに「野ざらし紀行」での吟で、
作年と年齢にも??です。

何やら本筋から外れましたが、
このあとは「伊勢街道」月本の追分まで・・・続きます。

« 上野森林公園 | トップページ | 奈良道 久居から伊勢街道へ »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/55594268

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀越奈良道 平木から久居:

« 上野森林公園 | トップページ | 奈良道 久居から伊勢街道へ »