2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シラタマホシクサ咲く葦毛湿原 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク・続編 »

2012年9月11日 (火)

浜名湖ガーデンパーク

浜松市西区村櫛町にある「浜名湖ガーデンパーク」、
豊橋葦毛湿原から少し足を延ばして
4年ぶりに訪れてみました。

「浜名湖花博」の会場跡地に整備された
だれでも気楽に楽しめるという緑ゆたかな都市公園です。

Hamanako01

車を停めた南駐車場から
左手に広がる緑地広場を見ながら”西側エリア”の
長~い、アプローチを行きます。

浜名湖に流れ込む水路を渡ると”街のエリア”

Hamanako02

まずは”ふれあい花壇”の道を行きますが、
とにかく広い公園。

今回は公園中央の水路に沿って内側の散策路を、
西から東へ”里のエリア”に歩きます。

Hamanako03

最外が園内サイクリングロード、
その内側をファミリー自転車が走ります。

Hamanako04

”ふれあい花壇”は
学校や個人、企業・団体がオーナーが管理する花壇。

手入れされた花を楽しみながら行くと

Hamanako05

ここがちょうど”街のエリア”の東端
中央にある水路では「遊覧船クルーズ」が楽しめます。

ここから”里のエリア”に入ります。

Hamanako06
こちらの施設はタイの庭園棟

”里のエリア”は南側が「国際庭園ゾーン」で、
花博の海外出展庭園がそのまま残されています。

各国の庭園を楽しみながら・・・

Hamanako07

ちょうど”街のエリア”の中央部に来ました。

今はサルスベリが満開です ^^

Hamanako08

Hamanako09

ここには東屋があり
見事なサルスベリを楽しんで小休憩 ^^;

Hamanako10

そして「えのき橋」で水路を渡り、
反対側を折り返します。

この東側には「「花の美術館」がありますが、
それは続編でご紹介。

折り返す”里のエリア”は「百華園」です。

Hamanako11

たくさんの園芸植物のほか
果実樹木や季節の花が咲く棚田風花壇が続き、
広い迷路のような散策路を戻るように行きます。

Hamanako12

Hamanako13_2

”多彩な園芸品種と、それにまつわる歴史と文化が、
17のエリアに分けて紹介されています”と、ありますが・・・

Hamanako14

道端に咲くひと花の”ヒガンバナ”

Hamanako15

森の中に入ると”ノシラン”が群生

Hamanako16

そして滝の傍には”ミソハギ”が咲いて、
日本の野草も楽しみながら”街のエリア”に戻りました。

中央にある「展望塔」から望む浜名湖も絶景ですが、
今回は園内の最短の散策路をめぐりました。
次は”里のエリア”の最奥にある「花の美術館」です。

« シラタマホシクサ咲く葦毛湿原 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク・続編 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

とても素敵な施設ですね、知りませんでした。
今度機会をみて訪れて見たいところです。

浜名湖はたまに新幹線の窓から眺めるだけでしたが、そんな興味深い公園があるのですね。
水路が気に入りました。美しい風景です。
花博の外国の建物が、今もそうやって利用されているとはビックリ!・・・花博って淡路の時のですか?きっちりメンテナンスしてるんですね。

こんにちは。秋の花々が本格的に楽しめるようになってきましたね。
この公園は私も大好きで、2-3年に1度くらいの頻度で行っています。入場無料で、駐車場がたっぷりあって、過剰なアトラクションなどがないので、ただただ のんびりと植物を眺めながら散歩できるところが良いですよね。

風 Kei さん
ここはのんびりと散策できる楽しい公園です。

広い敷地に花博の施設も一部が残っています。
じっくり見て回ればかなりの時間がかかりますが、
一度は訪れてみる価値があると思います。

フデ さん
新幹線が走る弁天島の傍にありますから
車窓から見えるかも知れません。
水路を挟んで散策路があり綺麗な公園です。

>花博
こちらは2004年開催の「浜名湖花博」の跡地です。
「淡路花博」は2000年の開催、
こちらは「淡路夢舞台」として整備されています。
まだ訪れていませんが、いつか ^^

ねむ さん
秋の花も今週末辺りからでしょうか。

ここは広いですね~ ^^
この日は遅い訪問で中心部だけの散策でした。
このあと載せる「モネの庭」に花を期待したんですが、
チョッと寂しかったです。
なんといっても無料というのは魅力です ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖ガーデンパーク:

« シラタマホシクサ咲く葦毛湿原 | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク・続編 »