2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 古今伝授の里 | トップページ | 醒ヶ井地蔵川 »

2012年8月11日 (土)

伊吹山のシモツケソウ

今年もまた霧の伊吹山とシモツケソウでした ><;

ドライブウエイの料金所の案内は
山頂の天候 霧、視界 100m、
これならまだいいか?と入りました。

Ibuki01

”恋慕観音像”と西遊歩道
霧はまずまずの感じでしたが登るにつれて・・・

Ibuki02

例年のことながらこの時期は避けられません ^^;

シモツケソウは少々早いか?との感じもしましたが、
全体には見ごろです ^^

今回は遊歩道と山頂のシモツケシソウ、
その見どころを載せます。

Ibuki03

まずは西遊歩道

見ると撮るでは大違い ><;
霧が流れて、
ロングでは何とも迫力がありません ><;

Ibuki04

アップで捉えるとまだ視界が効く分綺麗です。

この日は西遊歩道をそのまま山頂に

Ibuki05

途中のシモツケソウの咲き具合を確認しながら、
着いた山頂から登山道にUターンしました。

Ibuki06

その山頂登山道です。

Ibuki07

こちらも霧の中で、
どうしてもアップになります ><;

一旦西遊歩道に戻り、
そのまま登り返して山頂お花畑です。

Ibuki08

こちらはイブキジャコウソウですが、
お花畑はシシウドとメタカラコウで埋まっています ^^;

そのなかを回り込んで目的の花!

Ibuki09

この日は待てど霧が晴れず、
そのピンクの絨毯はどうしても表現できません ><;

Ibuki10

少し明るくなってもせいぜいこんなもんです ^^;

Ibuki11

まぁ、絨毯は無理で座布団ぐらいですが・・・
近くの花で勘弁していただくとして。

お花畑を一周し中央遊歩道を少し下ります。

Ibuki12

あらためて、
もう少し霧が晴れてくれたらと ^^;

Ibuki13

反対側の斜面

いつまで待てども思わぬ我が思い・・・
そのまま東遊歩道へと下ります。

Ibuki14

ちょうど東側の山裾から吹き上がる霧、
視界100mはすでにありません。

Ibuki15

遊歩道を少し下ったところですが、
ここが東の見どころです。

Ibuki16

右の斜面

霧が晴れる気配もなく、
あえてその霧の中のシモツケソウです。

Ibuki17

今年も霧の中で残念でしたが、
最後は多少綺麗なところで終わりたいと、
ここもアップで収めてみました ><;

Ibuki18

下りて来ました駐車場から、
中央遊歩道を登る人とこの日の山頂です。

この時間まで霧が晴れることはありませんでしたが、
シモツケソウは今が見ごろです。    10日

« 古今伝授の里 | トップページ | 醒ヶ井地蔵川 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

伊吹山の「シモツケソウ」は、伊吹山の代名詞のような高山植物ですね。
ピンクの色合いと言い群生して華やかなことと言い、登山者の目を楽しま
せます。残念なことに、伊吹山の頂上付近は、いつも霧が立ち込め、視界
が悪いです。お写真はその悪条件を克服して綺麗に撮ってありますね。

shuttle さん
ここの夏はやはりこのシモツケソウですね。

まぁ、しかし毎年この霧に悩まされています。
この日はまだ早い時間は視界が開けていたこともあり、
どうにか近いところの花は撮れました。
ただ、すっきりと晴れることがなくこれが精一杯でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山のシモツケソウ:

« 古今伝授の里 | トップページ | 醒ヶ井地蔵川 »