2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ダイナランドゆり園 | トップページ | 桑名石取祭 »

2012年8月 6日 (月)

ひるがの湿原植物園

岐阜県郡上市の最北端に位置する「ひるがの高原」、
標高900mに広がる高原地帯です。

春の水芭蕉から冬のスキーまで、
四季を通じて楽しめる観光地でもありますが、
今回はチョッと地味に・・・

Hirugano01

まずはここ、
ひるがの高原といえば「分水嶺公園」、
春から初夏にかけては山野草が咲きます。

Hirugano02

大日ケ岳から流れ出た水はここを分水嶺として、
一方は長良川を経て太平洋へ、
一方は庄川を経て日本海へと注ぎ込みます。

Hirugano03 
オカトラノオ

公園内は散策路が整備されていますが、
今はめぼしい花も咲いていません。

このすぐ隣にあるのが「ひるがの湿原植物園」

Hirugano04

ひるがの高原で最も手付かずの自然が残る湿原として、
地域の方の協力により整備されました。

Hirugano05

湿原の入口
園内には50種類上の湿原植物と、
水生植物が生育します。

一周20分も歩けば見て回れますが、
今回はその花とともに載せます。

Hirugano06

入口正面のスイレン池(正式名は?)と
その周辺の花。

Hirugano07 
ヤマハハコ

Hirugano08
コオニユリ

Hirugano09  
キンコウカは終りかけ ^^;

Hirugano10  
サワギキョウ

この辺りが湿原の東側、
まだかなりの花が咲いていました。

Hirugano11

ここから続く整備された木道を行きます。

     Hirugano12  
今は一番多く見られる ノギラン

Hirugano13  
これも多い サワヒヨドリ

     Hirugano14  
      イヌゴマ

Hirugano15 
咲き始めのマツムシソウとオトコエシ

花は他にも咲いていましたが、
目に付いたものだけを選んでみました ^^;

Hirugano16

木道、地道と巡って園内を一周しました。

高原の小さな湿原ですが、
ここはなぜか気持ちが癒される・・・
そんな「ひるがの湿原植物園」です。 

« ダイナランドゆり園 | トップページ | 桑名石取祭 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

分水嶺と言われても
まったく分からない

以前写真を撮りに出かけ
どう撮っていいか不明のまま
今でもこちらの写真は御蔵入りのまま(笑

雪だるま さん
分水嶺といってもここは観光用に造られた公園でしょうね。

確かにここで水は分かれるようになっています。
ただ、大日ケ岳の山懐を源とする水は、
すでに幾条にも分かれて流れているはずです ^^;

私も初めて見たときはここが分水嶺かと?
かなり興味を持ちましたが、
個人的には観光用だと割り切っています (笑)

好好爺さん

「ひるがの高原」は、高速道の傍らにあり、私も2,3回通過しています。わざわざこの高原を訪れると言うことはありませんでした。立ち寄りですから、ほんの上っ面を見るだけで、お写真のような湿原や高山植物を見ると言うことも、ありませんでした。しかし、特に分水嶺の標識は、気に入りました。次回チャンスがあったら是非眺めてみたいです。

shuttle さん
この辺りはスキー場がメインで観光スポットは少ないですね。

近年「牧歌の里」や「ゆり園」が開園して観光客が多くなりましたが、
近隣の滝や分水嶺公園、湿原も人は少ないです。
何が魅力かはそれぞれですが、
通り過ぎるにはもったいない ^^そんなひるがの高原です。
機会があればぜひ、散策してみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひるがの湿原植物園:

« ダイナランドゆり園 | トップページ | 桑名石取祭 »