2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ひるがの湿原植物園 | トップページ | ひるがの高原コキアパーク »

2012年8月 7日 (火)

桑名石取祭

今年もまたこの祭りで暑さを吹っ飛ばそう!と、
出かけました天下の奇祭「くわな石取祭」です。

”日本一やかましいまつり”として知られる祭りですが、
その鉦と太鼓の音に暑さを忘れようと、
今回は本楽(5日)の曳き揃えから送り出しです。

Isidori01

夕刻の迫る旧東海道に曳き揃えられた38基の祭車。
本楽渡祭への曳き出しを待ちます。

Isidori02

16:30
一番くじを引いた今年の花車・「宝町」の祭車から、
春日神社の渡祭へと曳き出されていきます。

Isidori03

この時間
鉦と太鼓を受け持つのは子供たちが中心 ^^

Isidori04

一番祭車はすぐに旧東海道「吉津屋見附跡」の
細い枡形の道に入ります。

Isidori05

続く二番祭車は「上本町」
このあと38基の祭車が続きますが、
最後が出るまでは数時間あとになります。

Isidori06

Isidori07

「吉津屋見附跡」の枡形
四角になっている道の三辺の道が旧東海道、
そこを回り切る「上本町」の祭車です。

Isidori08

そして「よつや通り」に入ります。

Isidori09

「よつや通り」に建つ道標
旧東海道はここから「七里の渡し」へ。

Isidori10

この辺りから祭車の鉦と太鼓は
打ち手も代わって気合いが入りますか。

ゴンゴンチキチキ!ゴンチキチン!! の音を聞きながら、
追いかける先頭は

Isidori11

Isidori12

京町交差点

すでに本番に備えてか?
鉦と太鼓に囃子連が加わり賑やかなこと ^^;

Isidori13

そして三番祭車の「西矢田町」です。

Isidori14

Isidori15

こちらも本番なみの叩き合い、
各祭車はここで一気に盛り上がります。

Isidori16

その頃
すでに宮通りに入った一番祭車は
渡祭開始に向けて神社手前で待機していました。

Isidori17

春日神社楼門前
このあと神事が執り行われたあと渡祭が始まり、
38基の祭車奉納が行われます。

打ち鳴らされる鉦と太鼓の音は深夜まで続きますが
今年は本楽夕刻の曳き出しと、
渡祭前の町練りを追っかけてここまででした。

« ひるがの湿原植物園 | トップページ | ひるがの高原コキアパーク »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

職務履歴書 さん
コメントありがとうございます。

思いつくままに出かけて書いています。
気楽に覗いていただけたら嬉しいです。

石取祭を検索してやってまいりました。
自分が写っていたので驚きました(汗) 
石取祭を楽しんでもらえると桑名っ子としては大変うれしいです。

? さん
参加された町の方でしょうか?
ご覧いただきコメントありがとうございます。

桑名の伝統の祭り、
今年も楽しませてもらいました。
ありがとうございました。

おひさしぶりです。
暑さにめげずにあちこちへおでかけですね。
桑名の石取り祭りは大好きで、何度かでかけていますが、
ことしは忘れていて、日曜がおわってから
気が付き、がっかりしました。

ン十年もまえ、中学から高校時代に
桑名に住んだことがあります。
そのころは、まったく興味がありませんでしたし
街からはなれていましたので、
まつりのことはしりませんでしたが。
10年ほど前、桑名に住むもと上司にさそわれて
めざめました。
すてきなおまつりです。
来年は、またいくぞ。

ひめ さん
暑い日が続いていますがお変わりありませんか。

桑名にも住まわれたことがあるんですね。
それはあまりに近すぎての部類でしょう。
私も出かけ始めたのは近年です ^^
夜に弱くて ^^;夜の祭りは石取だけですが、
今でも見に行ってはいますが早めに帰っています ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑名石取祭:

« ひるがの湿原植物園 | トップページ | ひるがの高原コキアパーク »