2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 羽根谷だんだん公園 | トップページ | 本薬師寺跡のホテイアオイ »

2012年8月23日 (木)

白糸の滝 富士宮市

中日本高速のキャンペーン
「新東名開通!まるごと静岡ドライブプラン・
静岡エリア内乗り放題3日間」で、
遅まきながらの新東名高速のドライブでした。

ただ走るだけではもったいないと、
初日だけは富士の裾野を走って箱根泊まりと、
宿泊の関係で行き先は決めていました。

そのひとつが富士宮市の「白糸の滝」でした。

Siraito01

「白糸の滝」、といえば全国にいくつあるか?
というほど数ある「白糸の滝」ですが
上流に川を持たない湧水の滝があります。

我が見た限りでは軽井沢の「白糸の滝」ですが、
今回は初訪問の静岡富士宮市の「白糸の滝」です。

Siraito02

滝道を下りるたびに
その全容が見え始め・・・唖然と!

Siraito03

近付くにつれまた絶句!(チョッとオーバー ^^;)
しかし驚きました。

Siraito04

流れる落ちる滝筋の多さ、
湾曲した高さ20mの岸壁から、
幅200mともいう長さで幾条もの水が落ちるのは
すべて富士山の伏流水だそうです。

Siraito05

Siraito06_2

一丈の滝だけを見るには似合わない滝ですが

Siraito07

これもまた伏流水と思えば素晴らしい滝です。

全体を見るには一枚写真では酷で ><;
あえて、パノラマで ^^;

Siraito08

その中心部

Siraito09

右から滝道が来ていますが、
途中からのほぼ全景でしょうか ^^;

Siraito10

そして滝から流れる湧水

昭和25年観光百選滝の部で
第1位に選ばれた国の名勝、天然記念物の名瀑です。

そしてその入口にある「音止め滝」

Otodome

曰くは省きますが、
高さ25mから轟音を立てて落下するそのさまも
また素晴しいものでした。

ただ、この滝の周辺は崩落防止のため、
その姿は一部からしか見えません。

静岡県富士宮市のふたつの滝、
ともに素晴らしい滝を楽しみました。

« 羽根谷だんだん公園 | トップページ | 本薬師寺跡のホテイアオイ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

「白糸の滝」は、たくさんの細い滝の集合体ですね。横に長いので、「うわあ」と言う感じで眺めます。近くの「音止めの滝」のほうが、滝らしい滝です。しかし、やはりスケールの大きさと見た目の圧倒的迫力で「白糸の滝」は、日本屈指の名滝と言えます。お写真はよく雰囲気を捉えておられます。

shuttle さん
やはり湧水の滝とはこんなものでしょうか。

我が腕ではこれ以上上手く捉えられませんが、
実際には凄い迫力を感じますね。
「音止の滝」
今は崩落の危険で近くで見れませんでしたが、
この滝もまた豪快で迫力がありました。
本来の滝のイメージはやはりこちらでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白糸の滝 富士宮市:

« 羽根谷だんだん公園 | トップページ | 本薬師寺跡のホテイアオイ »