2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長浜の夏! | トップページ | 葦毛湿原 夏の終わりに »

2012年8月18日 (土)

水雲閣と「日永うちわ」展

三重県菰野町の「湯の山温泉」にある老舗旅館「寿亭」。

その別館 ”水雲閣”の二階「櫻の間」で開催されている
~水雲閣と四日市「日永うちわ」展~ です。(~31日まで)

Yunoyama01

昭和4年に建てられた国登録有形文化財の
由緒ある建物と、
三百年の伝統と技「日永うちわ」の両方が楽しめます。

Yunoyama02

寿亭 別館”水雲閣 二階 櫻の間”

座敷には多くの「日永うちわ」が飾られています。

Yunoyama03

その建物の内部が見れるのは
こんな時ぐらいでしょうか?(自身初めてです^^)

そして”日永うちわ”です。

     Yunoyama04

四日市宿日永では”なが餅”、”日永足袋”とともに、
お伊勢参りのみやげ物として人気のあったひとつ。

Yunoyama05

こちらは「真菰和紙」のうちわ

菰野町が商品の開発に力を入れている
”マコモ”とのコラボでしょうか?

Yunoyama06

「日永うちわ」は
一本の細い竹をそのまま使うため柄が丸く

     Yunoyama07

また、女竹(めだけ)だけ細かく割き、
交互に袋状に編んでいるため竹が弓のようにしなります。

そのため、あおぐ風が柔らかくたなびくという・・・

Yunoyama081

こちらは東海道五十三次図のうちわで、
その 四日市

Yunoyama082

 桑名

Yunoyama083

 関 のうちわです。

     Yunoyama09

お馴染みの「伊勢型紙」のうちわ

Yunoyama10

いろんなデザインの「日永うちわ」がありますが、
下段の左から2本目は柄に穴があけられていて
チョッと遊び心の入った「笛付うちわ」だそうです ^^;

三重県の伝統工芸品指定「日永うちわ」と、
老舗旅館「寿亭」の別館「水雲閣。
伝統の技と由緒ある建物を楽しませてもらいました。

湯の山温泉まで来ればやはり「御在所岳」 ^^

Yunoyama11

ロープウエイから見える「水雲閣」

そして本日の御在所岳山上は

Yunoyama12

朝陽台広場

12:00現在
気温 21.8℃ 天候 霧でしたが、
多くの観光客が訪れていました。

« 長浜の夏! | トップページ | 葦毛湿原 夏の終わりに »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

「別館 ”水雲閣”」は、御在所ロープウエイから見えるのですね。お写真から、
私も何度か上から見た覚えがあります。由緒ある建物なんですね。その2階
での「団扇」の展示会。これは実用品と言うより芸術品です。値段も相当する
のでしょうね。

shuttle さん
湯の山温泉でも老舗旅館の別館です。

初めて部屋を見ましたがさすがです。
日永うちわ
チョッと日常で使うにはもったいない?そんな感じです。
以前に日永の本店でも取材しましたが、
買うには手が出ない(私には ^^)一桁違いの値段でした ^^;

四日市高校の出身者としては
なつかしい地名です・
といってもそのころはうちわなんぞに
関わりはなく、
たしか日永といえば、精神病院が有名で
冗談に「ひなが」へ行けとか、むかえにくるぞとか
ふざけていました。
うちわが名産とはずっとあとから知りました。

ひめ さん
青春時代の思い出とはそんなもんですね、
それがまた懐かしいのかも ^^

日永うちわ
今でも本店では夏の発表会が行われているようですが、
昨年からここでもこの催しが始まっています。
四日市の、いえ三重の工芸品ですね ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水雲閣と「日永うちわ」展:

« 長浜の夏! | トップページ | 葦毛湿原 夏の終わりに »