2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 信州の夏・美ヶ原高原 | トップページ | 赤蓮保存田・愛西市立田 »

2012年7月22日 (日)

八方尾根 自然研究路

信州の旅2日目は、
今回の旅の目的でした「八方尾根 自然研究路」です。

ここも随分と昔になりますが、
以前に来たときとは散策路が整備された木道になり、
何か様変わりがした感じがしました。

今回は登りに岩ゴロの登山道を使い、
整備された木道を下りにしました。

Hakuba01

山麓の八方駅(標高773m)からゴンドラリフト、
兎平(1,400m)、黒菱平(1,680m)と
リフトを乗り継いで八方池山荘(1,830m)に。

Hakuba02

登山道コースから見える白馬連峰の東側

Hakuba03

イワシモツケと白馬三山

山々と道筋に咲く花々を楽しみながら、
岩のゴロつく道を急登していきます。

Hakuba04

途中で左に見える木道コース、
山は白馬連峰の西側。

Hakuba05

こちらは東側の山々を見ながらの登山道コース、
途中「八方山ケルン」の先でコースは合流します。

Hakuba06

その「八方山ケルン(1,974m)」
ここから合流地点まではもうすぐです ^^;

Hakuba07

目の前が広がり白馬連山の西側が現れ、
ここからはその威容がはっきりと見えます。

Hakuba08

そして「第二ケルン(息・やすむケルン)」
先に八方ケルンが確認できます。

Hakuba09

その東側には白馬三山を中心に
白馬連峰の山々の大パノラマが・・・ ^^

ここからは一本道の散策路です。

Hakuba10

足元に咲くハクサンタイゲキ

Hakuba11

そしてすぐに「八方ケルン」
ここから八方池はもうすぐです。

Hakuba12

途中にある八方池への散策路を分けて
尾根道を行くと下に見える「八方池」。

さらに行くと

Hakuba13

「八方池 第3ケルン」(標高2,080m)

通り過ぎて少し下り、
唐松岳への分岐を分けて八方池に下ります。

Hakuba14

心配していたのは湖面の状況、
風があり鏡面のような湖面ではありませんでしたが、
待つことしばらくでした。

Hakuba15

すぐに風が出て湖面にはさざ波?が、
そして山の状況が刻々と変わります ><;

Hakuba16

小一時間ほど待つ中でなんとか撮った、
それらしき写真でした。

これ以上は待っても無駄と池を周り下山です。

Hakuba17

この日は唐松岳を目指す
中学生たちの団体に出会いました。

池を周りながら咲く花を少し

Hakuba18

イブキジャコウソウ

Hakuba19

チングルマにコイワカガミ

そして尾根に戻って戻ります。
帰りの途中から使った木道のコース。

Hakuba20

この道は右には雪渓を、
左には途切れなく咲く高山植物を見て行きます。

ここから続編にと思いましたが、
長くなりますがこのまま一気に続けます ^^;

     Hakuba21

まずは”ハクサンチドリ”
この日見つけたのはこのひと花だけでした ^^

Hakuba22

そして木道の右に続く雪渓はその一部です ^^;

あとはリフト乗り場までの花

  Hakuba23 Hakuba24
ミヤマアズマギクにワタスゲ

  Hakuba25 Hakuba26
ユキワリソウにカラマツソウ

写真が多いためサムネイルですが、
ご覧になりたい花はクリックでどうぞ ^^;

そして、お花畑のある黒菱平に戻って来ました。

  Hakuba27 Hakuba28
鎌池湿原のオニシモツケとオニアザミ

Hakuba29

そしてクルマユリです。

たくさんの花のなかからほんの一部を紹介、
最後はリフトの足下に咲く”花の道”を楽しみながら、
夏の信州ぶらり旅でした。    19日

« 信州の夏・美ヶ原高原 | トップページ | 赤蓮保存田・愛西市立田 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

オオッ!!
なんてすばらしい~

好好爺さんは毎日お出かけのようですが…
フットワークがいいですね~。
今回の旅…連日すばらしい!!

ここはリフトを乗り継いで??

いいですね!!

こういう山歩きに最近憧れます~。
イタリア北部のドロミテやオーストリアなどでも
かなり上までロープウェイで上がれて登山道もなだらかで

お花がいっぱいだし!!

ワクワクする画像…U。・ω・。)ノノthank you...☆ !!

万華鏡を見るような素晴らしい世界☆感動しています♪
あの山々はこんな宝物の世界を秘めているのですね~☆素敵!!♪見たいです~☆o(^-^)o
好好爺様の健脚、行動力、豊かな知識…ずっと伺いたかったのですが…ご年齢は秘密でしょうか?(笑)…とうとう、聞いちゃった~☆^_^;(笑)
どれも素晴らしい写真の中で、今日の私には、クルマユリ が印象的でした☆悪天候の千畳敷カールでハクサンチドリが見れたこと、改めてラッキーだったとわかりました☆
素晴らしい朝をありがとうございましたm(_ _)m
感謝をこめて…☆

すばらしい!!!
拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
素敵な写真ばかりで、ため息がでました。
行きたいな~
絶対行ってきますね!

ぐーま さん
楽しんでいただきありがとうございます ^^

ここもリフトのおかげで標高差は200m、
登山道も大半が木道に整備されていて
楽ちん登山ができます。

街道歩きもいいですが、
夏は暑さを忘れる高山歩きもぜひ、涼しいですよ ^^

miyabi さん
行動力は自分が身軽で動くことが好きだからですね。

あとはだた、普通です ^^;
年齢 ><;
隠された秘密があるわけではありませんが(笑)
このブログを始めたときは
孫を2人連れて毎週び場を探していました^^;
爺といえば爺ですが、若干低めの好好爺です ^^

高山植物、花を探すのも大変ですね。

sakura さん
ご覧いただきコメントありがとうございます。
楽しんでいただけたら嬉しいです ^^

ここは行けば必ず満足されると思います。
ただし、山の天気は変わりやすく、
あとはその時の運?だけです ^^;

今またゆっくりと写真を楽しませて頂きました☆朝はお花の写真に惹かれましたが、夜は風景写真に魅せられました☆ *^-^*
特に、八方池が写っている二点♪水のある風景☆に安らぎをおぼえます♪o(^-^)o
やはり、☆年齢☆不詳☆
ということで…(笑)
沢山の読者が、勇気ある質問へのアンサーを固唾を飲んで見守っておられたか と…?(笑)
では、独断で勝手に、67歳位…?o(^-^)oと させて頂きますね~☆(笑)(ヒント活かせているかしら~?笑)もっとお若ければどうぞお許しを…(^_^;)m(_ _)m
美しい写真のお蔭で、爽やかに目覚め、穏やかに眠れます☆
感謝をこめて…☆

miyabi さん
お見事なご推測で恐れ入ります

当らずといえども遠からず ^^;
若干若く思っていただいたのは爺へのご配慮でしょうか。
ありがとうございます ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八方尾根 自然研究路:

« 信州の夏・美ヶ原高原 | トップページ | 赤蓮保存田・愛西市立田 »