2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山本勘助生誕の地 | トップページ | 積丹半島 »

2012年6月15日 (金)

小樽運河

冬に続いての北海道旅行
今回は道央から道南を巡る自由な旅でした。

初日は小樽
快晴の千歳空港でしたが走る途中から雨になります。
着いた小樽は小雨の中・・・
まずは天狗山へと向かいましたが山上は霞んでいて、
ここは諦めて「小樽運河」です。

Unga01

小雨の中の「小樽運河」

小樽といえば「小樽運河」ともいわれる人気スポット、
南の「浅草橋」から北へと歩きます。

Unga02

Unga03

橋から下りて散策路へ入ります。
橋の袂にある船乗り場の船は運河クルーズでしょうか。

ここから北へ約1キロほど

Unga04

Unga05

この運河は内陸部に水路を掘った運河ではなく、
沖合を埋め立てて出来た水路で
「埋め立て式運河」と呼ばれ大正12年(1923)に完成。

Unga06

倉庫に絡む蔦と赤レンガの景観が人気の運河

Unga07

Unga08

運河に掛かる橋のひとつ「中央橋」
小さな広場には観光客用の人力車が並び、
ブロンズ像のオブッジェも ^^

Unga09

橋から北側の眺め

Unga10

散策路に戻りさらに北へと歩きます。

Unga11

途中にある小樽港への水路、
ここから少し行くと「竜宮橋」。
Unga12

散策路は橋の袂に上がって下りますが、
この先で運河は少し広くなります。

昭和40年(1960)代に運河を埋め立て
道路を整備する方針が出されると保存運動が高まり、
そのため半分を埋め立てるという妥協案が出されます。

しかし意見が折り合わないまま工事が着手され、
現在の「小樽運河」が誕生します。

Unga13

多くの漁船が繋がれている北運河。

埋め立てられた南側の運河は幅20mですが、
こちらは完成当時のまま幅40mだそうです。

Unga14

そして運河に架かる最後の「北浜橋」
歩行者専用の橋だそうで行き止まりです ^^;
橋の袂には”カモメ呼ぶ少女”像が建ちます。

運河の北端には「運河公園」がありますが、
観光人力車はここまででしょうか?戻って行きました。

Unga15

その「運河公園」

運河から旧日本郵船小樽支店(国重文)の間にあった
専用船入澗(ふないりま)と倉庫群の跡地を整備し、
運河とその周辺の面影を今に伝える記念公園だそうです。

初日は雨となりましたがこれもまた良し、
小雨の中で楽しんだ「小樽運河~ふれあいの散歩道~」、
これが旅の始まりでした。

« 山本勘助生誕の地 | トップページ | 積丹半島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

「小樽運河」は、生憎の雨だったとか。しかし、お写真は反って風情を増しています。この運河沿いの道を私も歩きました。「都はるみ」に、名曲「小樽運河」がありますね。1番は「精進落としの 酒を飲み 別の生き方 あったねと 四十路なかばの 秋が行き
セピア色した 雨が降る イェスタディを聴きながら 二人歩いた あぁ 小樽運河」です。この歌詞の中でも、雨は降っています。

shuttle さん
雨の小樽運河なんてそうは歩けないと楽しんできました。

都はるみの「小樽運河」、ありがとうございます。
「千年の古都」とともに晩年の?名曲ですね。
この雨はそれにピッタリだったかも知れません。
もう少し雨を意識すればよかったと反省です ^^;

好好爺様
「小樽運河」素敵な映像とご説明、
ありがとうございます。いつも通る散策路、
今度から違った目で観察したいと思っているところです。
北運河の端まで行かれたのですねぇ。お疲れの出ませぬように。
これからの旅の「ブログ」も楽しみにしております。

hiro さん
念願の小樽運河を楽しみました。

hiro さんには見慣れた景色といつもの散策路ですね。
こういう場所があると癒されますね。
北運河もやはり見ておきたいと、
「運河公園」に惹かれて行ってしまいました ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽運河:

« 山本勘助生誕の地 | トップページ | 積丹半島 »