2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 桜紀行・山の辺の道 | トップページ | 木曽三川公園センター »

2012年4月14日 (土)

愛知五条川・桜紀行

愛知県の西部を流れる「五条川」はサクラで知られ、
途中の大口町、江南市、岩倉市の区間は
「日本さくら名所100選」に選定されています。

「岩倉桜まつり」も終わった五条川
以前に岩倉市から大口町の一部まで歩きましたが、
今回はもう少し先までそのサクラ堤を見てみようと・・・
五条川に沿って整備されている「尾北自然歩道」を
岩倉市から犬山市羽黒までの”桜紀行”です ^^

Gojyogawa01

岩倉駅から”祭り広場”に出て
南に少し歩いた大市場橋が今回のスタート地点 ^^

長くなりますが一挙に載せます。

Gojyogawa02

五条川沿いに植えられた桜の木は約4,000本強、
そのうち岩倉市は1,600本といわれます。

Gojyogawa03

Gojyogawa04

「岩倉桜まつり」は終りましたが、
まだ満開のサクラを見ながら五条川を北上します。

名神高速道をくぐるとまもなく江南市に、
岩倉市のスタートからここまで約3kmです。

Gojyogawa05

ここからは「江南桜まつり」ですが、
ここではいろんな工夫がされている
楽しい堤のサクラを見ての歩きです。

Gojyogawa06

Gojyogawa07

約2キロほどで江南市の五条川を抜けると
大口町に入ります。

  Gojyogawa08

  Gojyogawa09

大口町を流れる五条川の堤には
約1,800本とも言われるサクラですが・・・
すでに散り始めた木もあります。

Gojyogawa10

田園地帯を流れる川はこの先で大きく蛇行しながら
町なかへと入り、
大口町の桜まつりのメイン会場を抜けて行きます ^^;

Gojyogawa11_2

まずは「金助桜まつり」の会場「堀尾跡公園」
ここは見事な散りサクラ・・・

Gojyogawa12

桜吹雪の舞う中を「裁断橋」を横に見ながら・・・
ここまでは以前に歩いたところ。
スタート地点からほぼ、6kmです。

Gojyogawa13

ここから先は未知の五条川ですが、
ここはまだ大口町のお花見スポットのメイン部分 ^^;

チョッと珍しい花に出会いました。

Gojyogawa14

Gojyogawa15

サクラとイロハモミジ
ちょうどモミジの花が咲き始めでした。

先へと行きます ^^

Gojyogawa16

Gojyogawa17

Gojyogawa18

平日ではありましたが、
歩かれている人も多いですが、
大半の方はサクラの下での花見です。
 

「平和橋」周辺を過ぎると五条川には静寂が戻り、
歩く人もまばらになります。

Gojyogawa19

Gojyogawa20

人里とも付かず離れず・・・
川は北へ北へと続きます。

途中で国道41号線をくぐりますが、
桜並木が途絶えたのはその間の僅かだけでした。

さらに北へ歩くと大口町の北端になる河北、
その河北グランド傍のサクラです。

         Gojyogawa21_2

散ったサクラの花びらが川面に浮かんで、
これは一幅の絵でした ^^

  Gojyogawa22

これこそ偶然ですが、
しばしその偶然を楽しませてもらいました。

ここから犬山市へ入りますが、
ここまで大口町のサクラ堤は7kmほど。

今回の目的地でした羽黒はもうすぐです。

Gojyogawa23

犬山市への案内板

Gojyogawa24

羽黒を流れる五条川のサクラ、
川には風に泳ぐ鯉のぼりが架かります。

そして

Gojyogawa25

県道27号を跨ぐ陸橋から見るサクラの帯、
下に流れる川が見えません ><;

岩倉をスタートしてここまで約13km、
五条川堤に途切れなく続くサクラを見て来ましたが、
この先、このサクラ堤はどこまで続くのか・・・
心残りはありましたが、
ここから名鉄小牧線の羽黒駅に出ました。  12日

« 桜紀行・山の辺の道 | トップページ | 木曽三川公園センター »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

フ~☆ため息がでました☆素敵\(*^o^*)/
13kmもの桜並木ですか☆更に続く…?!
☆一幅の絵☆ホント☆携帯の待受画面にしてもいいですか? ^-^

好好爺さん

「五条川」の川岸に咲いている桜の距離は、かなり長いのですね。岩倉市から大口町、更にもう少し先、五条川に沿って整備されている「尾北自然歩道」を、岩倉市から犬山市羽黒まで「桜紀行」されたとか。上空からの航空写真でも、この五条川堤、両岸の桜並木は、くねくねとどこまでも続いていました。満開の桜を見ながらの散策、無上の楽しみを味わわれましたね。

miyabi さん
まだこの前後がありますからもっと長いですね。

>携帯の待受画面
チョッと白が多いですが
使えるようでしたらどうぞ使ってやってください ^^

ありがとうございます☆早速☆上品な日本画の待受画面になりました☆とっても嬉しいです☆m(_ _)m

shuttle さん
こればかりは好きでないと歩けませんね。

以前に「堀尾跡公園」まで歩いたときに
その先はどこまで続くかと興味があり、
サクラの咲くこの時期にもう一度と思っていました。
計画したときにちょうど羽黒駅があるのを知り、
とりあえず名古屋まで戻れるこの区間でした。
長い距離にも途切れることのない満開のサクラを見ながら、
これ以上はない至福の時間でした。

miyabi さん
はや散りだしたサクラですが。

まだ少しは使っていただけそうですね。
ありがとうございます ^^

好好爺様
桜紀行、嬉しく拝見しております。お蔭様で
「日本さくら名所100選」に選ばれているサクラ咲く光景
なんと素晴らしいことでしょう。沢山のサクラ写真の中、
「イロハモミジ」の彩りも素的なものですね。
本当にありがとうございます。

hiro さん
こちらのサクラはすでに散り始めました。

今は近辺どこに行ってもサクラですが、
これからは遅咲きの桜紀行になります ^^
イロハモミジの花
思わぬところで見ることになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知五条川・桜紀行:

« 桜紀行・山の辺の道 | トップページ | 木曽三川公園センター »