2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽三川公園センター | トップページ | 花みこし乱舞・総練り »

2012年4月16日 (月)

美濃まつり・花みこし

岐阜県美濃市で14日(土)に行われた「美濃まつり」。
「八幡神社」の春の祭礼ですが、
その初日は春を呼ぶ華麗な”花みこし”でした。

昨年は中止されましたが、
美濃市の皆さんが待ち焦がれたという”まつり”を
4年ぶりに訪れました。

Mino01

朝からの雨で開始は1時間遅れでしたが、
その「八幡神社」
すでに奉納のため花みこしが集まっていました。

以前見たときは途中の町なかからでしたが、
今回は神社への奉納から”町練り”、
そしてクライマックスの”総練り”まで全てです ^^

長くなりますから二回に分けて・・・
まずは神社への奉納から町練りです。

Mino02

境内で待機する”花みこし”
雨で遅らせても雨止まず・・・そんななか、
拝殿前での奉納が始まります ^^

Mino03

Mino04

美濃和紙を桜色に染めた花を結びつけた
”しない”と呼ばれる長くしなった竹の棒を、
250~300本ほどみこしの屋根に取り付けた”花みこし”。

各町内の子どもの”花みこし”と大人のみこしが対で、
お祓いを受けた大人みこしが拝殿前で練ります。

Mino05

Mino06

練りは
時には傾け、持ち上げ、そして回ります ^^

Mino07

Mino08

Mino09

「美濃まつり」に参加している”花みこし”は31基。

Mino10

Mino11

神社での練りを奉納した”花みこし”は
ここから町練りへと入ります。

町練りに出た」「花みこし」は
”うだつの上がる”中心部へ入りました。

Mino12

Mino13

華やかな色の”しない”が舞い、
みこしを担ぐ町衆の”オイサー、オイサー”の掛け声と、
太鼓と笛の音が練りを盛り上げます。


Mino14

Mino15

”うだつ”の上がる町筋を”花みこし”が行きます ^^
これが「美濃まつり」初日の”花みこし”!

町筋を練った”花みこし”は
午後からクライマックスの”太鼓の叩き出し”と、
”花みこし”の総練りとなりますが・・・続きます。

« 木曽三川公園センター | トップページ | 花みこし乱舞・総練り »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

珍しいお祭り風景ありがとうございました。しないが華やかに揺れる様、楽しそうな賑わいが眼に浮かびます☆クライマックスの続編、楽しみにしていまーす☆ *^-^*

miyabi さん
花みこしがうだつの上がる町を練る・・・
ということでわくわくして見たのが最初でした 。

華やかな”しない”が総練りで激しく揺れます ^^期待してください!
と言いたいんですが・・・撮るのは難しいですね ><;

ちょうどネットでこの祭りの神輿のことを知ったばかりでした。
和紙でできているのですか・・・軽いのか重いのか・・・どうなんだろ。
花に見立てたこの鮮やかなピンク色がとてもいいですね♪
ちょっとかついてみたくなります。ヒョイって

カメラ好きにはたまらない良い被写体じゃないですか。
テレビで見たことありますよ。

好好爺さん 今晩は

「花みこし」ご説明では「美濃和紙を桜色に染めた花を結びつけた”しない”と呼ばれる長くしなった竹の棒を、250~300本ほどみこしの屋根に取り付けた”花みこし」と言うので、よく理解しました。その鮮やかな花の方に目が向きますが、なるほど「神輿」はちゃんとあるのですね。地方色豊かな楽しいお祭りです。

gen さん
「花みこし」の重さは300kg以上あるようです。

ピンクの花を付けた”しない”が舞うさまは
桜の咲くこの時期にピッタリで華やかです。
ヒョイ、と担ぐわけにはいきませんが、
お姐さんたちだけで担ぐ”女みこし”も参加していますよ ^^

あくび さん
まさにそのとおりでですね。

激しく動く「花みこし」をすぐ近くで撮れるなんて、
こんなまつりはここだけですからねぇ。
被写体としては申し分ありません ^^

shuttle さん
神輿はちゃんと”しない”の下にあります。

古くは江戸時代に「雨乞い」から始まった祭のようです。
五穀豊穣に絡む地方の祭りは多いですが、
和紙の里だけにその素材を使った華麗な「みこし」は
この時期ならではのまつりではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美濃まつり・花みこし:

« 木曽三川公園センター | トップページ | 花みこし乱舞・総練り »