2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南知多町の水仙畑 | トップページ | 海女と漁師のまち 相差 »

2012年2月 3日 (金)

伊賀盆梅展

三重県伊賀市にある「木の館 豊寿庵」で、
すでに始まっている「伊賀盆梅展(~2月末)」です。

ほとんどの盆梅が咲き、全体では5分咲きとの情報に
雪が舞い、強風は吹き荒れる中を出かけました。

Bonbai01

お馴染みの薬医門を入り、
まずは1号館の会場から。

Bonbai02

長寿の木 ”おさすり大杉”とともに、
数鉢の盆梅が展示されています。

Bonbai03

外からの光に映えて花が綺麗なんですが、
撮るにはチョッとツラい・・・><;

      Bonbai04

まだ蕾もありますが、
見るにはこれぐらいがいいのではないかと ^^

寒さに震えながら本館の会場へ

Bonbai05

入るとまず目に入るのがこれです ^^

”展示する盆梅は近畿・東海最大級”とありますが・・・
そんな盆梅が並びます。

Bonbai06

右側に並ぶ盆梅

昨年に続いての盆梅展ですが、
その時は1月中旬と早いころでしたが・・・
今年は少し遅いようです。

Bonbai07

会場の中央ですが
こちらはまだ蕾が多いですね ^^;

その一番奥に見える盆梅です。

    Bonbai071

まずまずでしょうか。

さらに奥へと行きます。

      Bonbai08

そのなかではこの一鉢

Bonbai09

うまく表現できませんが、
薄いピンクの花から漂う芳香といい、
なんとも綺麗な花びらでした。

一旦外に出て二階と三階に行きます。

こちらにも数鉢が展示されていますが、
やはり場所が寒いということで蕾が多いです。

そんななかかr・・・

Bonbai10

   Bonbai11

     Bonbai12

他にもチョッと寂しい盆梅もありましたが、
まぁ、満足の盆梅展でした。

花も少々 ^^;

Bonbai13

Bonbai14


強い寒気の影響でほんに寒い日でしたが、
盆梅の花びらに気持ちもホッとに ^^
    

気の早い話ですが、
この盆梅展が終わるとしだれ梅が見ごろを迎え、
次は「しだれ梅まつり」が始まります。  2日

« 南知多町の水仙畑 | トップページ | 海女と漁師のまち 相差 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

綺麗に咲いていますね。
先日前を通つて
迷って結局入らなかった所です。
何か所にも会場があって見ごたえありますね。
こちらで拝見出来て良かったです。

盆梅展
昨年の撮影記録を見ると
もう出掛けているのですが
この週末までの寒波で
とても咲いているとは思えないほどの気分です

今週末
いつもの盆梅展へ行ってみようかな、って思っています

好好爺様
「伊賀盆梅展」拝見いたしました。
桃の花や桜とは違って、きわめて「日本風」な「梅盆栽」
綺麗ですねぇ。そちらも、雪だったようですね。
毎日開いて拝読いたしますが、つい、お花を見ますと
コメントしたくなります。
こちらの2月は、晴れていても、凍てつく寒さ!
そうでなければ、冬の催事はできません。以前の
好好爺様のコメントに、道東の流氷を観に行かれると
記載なさっていましたが、「流氷」にうまく出会えられ
ますように祈ります。

aya さん
あのときにはここを通るルートでしたか?

もう少しすると全鉢が見ごろになりそうです。
今年は2階の応接ルームには展示されていないため、
多少鉢が少ないかも知れません。

雪だるま さん
この日は別の目的地に行く途中寄りでした。

こう寒いとチョッと出かけるのも考えものです。
いつものところはもうそろそろと思いながら・・・
このところの雪もあり思案中です。(笑)
行かれたら参考にさせていただきます。

hiro さん
ありがとうございます。

雪は積もることは少ないですが今年は結構多いですね。
盆梅もどうやら見ごろを迎えそうですが、
この寒波でどうなりますか。
もっとも北海道の寒さとは比較になりませんが。
流氷見物
ご祈念ありがとうございます。
中旬に予定していますができたらそう願いたいですね。

好好爺さん  今晩は

盆栽を見るため、この寒い中を、お出掛けでしたか。盆栽は、手入れが大変でしょうね。苦労して綺麗に花を咲かせた喜びは、大きいと思います。渡しは、こうした盆栽を眺めるたびに、手入れなさる人達のご苦労を想像しています。その美しい盆栽をこうしてお見せくださり感謝です。

shuttle さん
盆梅もこれから少し載せていきます。

見る身には嬉しい盆梅ですが
裏では相当な苦労があると思います。
花もさることながらやはり盆梅は
その形の素晴らしさでしょうか。
最近はそれを考えながら撮っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀盆梅展:

« 南知多町の水仙畑 | トップページ | 海女と漁師のまち 相差 »