2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 二見 賓日館のおひなさま | トップページ | 長浜盆梅展 »

2012年2月 9日 (木)

松阪まちなかお雛さま祭り

二見町の「ひなめぐり」から松阪市の「雛祭り」へと、
三重のひな街道をハシゴしました。

松阪のまちなかを本町から”よいほモール”、
パティオひの街”、”みなとまち通り”と
旧参宮街道(伊勢街道)をを歩いて行きます。

この間、らしきお雛さんを見ることはありません ><;

Matsusaka01_2 

最後の”ゆめの樹通り”にある、おもてなし処「夢休庵」、
ここがこのイベントのメイン会場「お雛さま館」です。

Matsusaka02

華やかな会場内には手作り雛?が並びますが、
そんな片隅に飾られているお雛さんがあります。

こちらがそのお雛さんです。

Matsusaka031

どちらかというと自分にはこちらがメイン ^^;
小さな内裏雛ですが・・・

Matsusaka032

お雛さんを切り取ってみました ^^;
かなりの年代物ですが・・・

別々に ^^

Matsusaka033

Matsusaka034

昨年は3段飾りでしたが・・・
なんとも味わいのある内裏雛です。

そしてもうひとつ

Matsusaka035

こちらも負けずと素敵なおひなさんでしたが・・・
ここのお雛祭りはどうなっているんでしょう?

そして会場の奥にある小部屋には

Matsusaka04

親王飾りと御殿飾りが並びます。

飾りは昭和後期でしょうか?
御殿飾りも昭和の全盛期のものですね。

Matsusaka05

その御殿
煌びやかさはないですが一般的に多くみる造りです。

ところでこの”お雛さま祭り”
ここを含めて”お休み処”が3ヶ所ありますが、
あとの2ヶ所は毎土曜日にしか開いていません ><;
どうか散策される方はご注意を!

では戻ります ^^;
今回は反対側の道筋を・・・

Matsusaka06

見れるお雛さんも少ないですが、
はっきり写真に撮るにはツラいです ^^;

Matsusaka07

それに日曜日はお休みの店もありますね。

Matsusaka08

ガラス越しではなく
撮りたいお雛さんもあるんですが、
なぜか今年の松阪ひな祭りは全体に寂しい ><;

お雛さんがだめなら「岡寺」へと裏道に入ったら、
そのお寺の前で出会ったこ御殿飾りです。

Matsusaka09

ガラス戸を明けて案内を乞いました。

雛人形は伊勢神宮の遷宮に使われた
木の端で造られたものとか。
その御殿は少し袖板が外れていますが、
綺麗な源氏枠飾りでした。

Matsusaka10

前にある「岡寺山継松寺」

地元では岡寺さんと呼ばれ親しまれていますが、
3月9日から3日間行われる「初午大祭」は
多くに参拝者で賑わいます。

なんとも寂しい「松阪まちなか お雛さま祭り」
好きな松阪ですが、
3度目にして思わぬ期待外れの雛めぐりでした。

« 二見 賓日館のおひなさま | トップページ | 長浜盆梅展 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松阪まちなかお雛さま祭り:

« 二見 賓日館のおひなさま | トップページ | 長浜盆梅展 »