2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おひなさまめぐりin二見 | トップページ | 松阪まちなかお雛さま祭り »

2012年2月 8日 (水)

二見 賓日館のおひなさま

「おひなさまめぐりin二見」
今年も町めぐりから賓日館のひな飾りでした。

ここは町なかと有料施設の賓日館がメイン展示場。
昨年も載せた賓日館(ひんじつかん)のひな飾りですが、
今年もまた趣向を凝らしたひな飾りとの出逢いです ^^

Hinjitsu01

玄関の飾りは今年も新作でしょうか ^^
受付からの拝観順路は2階からですが、
あえて1階から見ていきます。

Hinjitsu02

一階入り口から各部屋に向かう廊下、
華やかなひな飾りが並びます。

各部屋のひな飾りは多彩です。

     Hinjitsu03

まず目に入ったのは御殿飾り
段飾りと御殿飾りが同じものかは??です。

Hinjitsu04

次の間

昨年は古雛を中心にのせました。
今年は少し御殿飾りを見ていきます ^^

Hinjitsu05

並んでいる右端の御殿飾り

昭和40年ごろとありましたが、
全体にここの御殿は質素な飾りです。

Hinjitsu06

左の飾りは昭和36年ごろ

上の御殿飾りと同じ方の寄贈だそうですが、
ご姉妹の御殿飾りだそうで・・・
これはチョッと珍しいですね。

Hinjitsu07

こちらは何がメインか分かりませんが ><;
この御殿飾りはかなり古いものです。

Hinjitsu08

こちらも昭和35年の御殿飾り

一般の方から寄贈された飾りには
そのいきさつが書かれていて年代が分かります ^^

御殿の最後はこちら

Hinjitsu09

何年か前にも載せましたが、
実に綺麗な白木の御殿は源氏枠飾り。

驚くのは飾られている内裏雛

Hinjitsu091

天保6年(1835)から保存されていたという古雛ですが、
これが一般の方からの寄贈雛だそうで、驚きです。

1階にある部屋を回っていますが
飾られたおひなさんは多いです・・・
今度は木目込み立ち雛をふたつ。

Hinjitsu10

Hinjitsu11

普通によく見る木目込立ち雛と
下は初めて見る形の木目込雛でした。

Hinjitsu12

こちらは木彫りの賀茂雛

そして

Hinjitsu13

江戸時代後期の立ち雛だそうです。

説明にはもともと寝ていた雛(這子?)を
見やすくするために立たせたとありますが・・・
同形の布製雛は立ち雛として存在します。

さて、段飾り

Hinjitsu14

おちらも古いです。

昭和16年に購入され
その後ひとつひとつ追加購入されていったという、
こんなひな飾りもあるんですねぇ。

1階の座敷に飾られているおひなさんは
まだまだありますが最後はこちら ^^

Hinjitsu15

Hinjitsu152

明治j時代初期の内裏雛
京都雛の独特なお顔を楽しんでくださいと・・・
いかがでしょうか ^^

賓日館のおひなさん
2階には創作木目込人形と一般の段飾りですが、
今年は1階のおひなさんで満足でした。

« おひなさまめぐりin二見 | トップページ | 松阪まちなかお雛さま祭り »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん 今日は

いよいよ足助の「中馬のお雛祭り」が始まります。足助は飯田に通じる「中馬街道」の中継点と言う事で、栄えた時期があるようです。お金持ちもたくさんでき、そうした旧家では、立派なお雛様を所有したとか。どれくらい立派なお雛様だったのかを、街道を通る人達にも見せたのでしょうね。

shuttle さん こんばんは
今週からは各地でお雛祭りが重ねります。

「足助中馬のお雛さん」もいよいよ今週からですね。
ここはお雛さんを見ながら皆さんとの会話が楽しみです。
かって保管するに困るほどの多くの土雛を捨てたと、
そんな豪商の町のエピソードも聞きました。
また、行き場所に悩む時期になりましたが楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/53919488

この記事へのトラックバック一覧です: 二見 賓日館のおひなさま:

« おひなさまめぐりin二見 | トップページ | 松阪まちなかお雛さま祭り »