2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 御香宮神社 | トップページ | 南知多町の水仙畑 »

2012年2月 1日 (水)

ぶらっと伏見

5年ぶりの伏見散策・・・と言いたいんですが、
今回は歩き旅のあとで
ほんにぶらっと ^^個人的な好みの町歩きです。

まずは御香宮神社境内から

Fushimi01

表門の傍にあります「天満宮」

もちろん学問の神様・菅原道真を祀りますが、
我が目的はこちらの芭蕉句碑です。

Fushimi02

個人的な趣味で恐縮ですがこれは外せません ^^;

 梅か香に のつと日の出る 山路哉 翁
 應々と いへと敲くや 雪の門 去来 

陰(裏)には
明治二十六巳とし十一月蕉翁のふた百とせの
御遠忌を營み・・・とあり、
明治26年(1893)11月に建てられたものです。

ここにはいろんな碑がありますが、
もうひとつはこれ。

Fushimi03

碑には当時の総理、佐藤栄作の書で
「明治維新 伏見の戦跡」と刻まれています。

御香宮神社は明治維新の伏見の戦いで、
薩摩軍が陣を置いたところ。

すぐ南にある幕府軍の伏見奉行とは
わずか数百メートルしか離れていません。

Fushimi04

その伏見奉行所跡は
広大な桃陵団地の入り口に碑だけがあります。

Fushimi05

その右手にある三面の石垣は
江戸時代の奉行所の石垣と、
明治時代に陸軍が奉行所の敷地を拡げて
西に建設したものとか。

旧街道に戻ります。

Fushimi06

道が突き当たる「四ツ当り」
その右角にある「伏見御堂」の前には
「会津藩駐屯地跡」の碑があります。

ここから町の中心部へ入りますが、
伏見はまた酒造で知られるところで多くの酒蔵が建ち並び、
多くの伏水(伏見の名の謂れとも)があります。

これもそのひとつ。

     Fushimi07

油掛町に曲がる角にある伏水は
清酒 神聖の仕込み水”白菊水”です。

南下すれば大倉記念館(月桂冠)、長建寺から
宇治川派流をへて寺田屋、そして京橋ですが、
歩いた油掛町を西へと行きます。

Fushimi081

Fushimi082

竹田街道に出る手前にある「西岸寺(油掛地蔵)」
由緒は省きますがここも我が趣味で ^^;

Fushimi09

境内にある芭蕉句碑です ><;

貞享二年(1685)
三世住職・任口上人を訪ねたときの句で、
” 我衣に ふしみの桃の しつくせよ ”(野ざらし紀行)。

ぶらっと伏見
最後はやはりここでしょうか ^^
Fushimi101

Fushimi102

「寺田屋」
坂本龍馬が投宿した船宿ですが、
龍馬襲撃で知られ、
今は伏見の観光には欠かせないところでしょう ^^

Fushimi11

三十石船や多くの舟がが行き交ったという
そんな昔の船着き場が前にあります。

帰りは龍馬通りを抜けて

Fushimi12

伏見の台所ともいわれる納屋町商店街、
さらに風呂屋町商店街と楽しみながら
北へ北へと歩いて丹波橋へ出ました。

数ある観光スポットは回りませんでしたが ^^;
今回は我が趣味で楽しんだ伏見でした。

« 御香宮神社 | トップページ | 南知多町の水仙畑 »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん 今日は

伏見の「寺田屋」には、見学に入ったことがあります。床の間の刀傷も見ました。しかし、伏見にはたくさんの見所があるのですね。芭蕉翁の句碑も懐かしい句です。鳥羽伏見の戦いは、明治維新の口火となりました。当時の京都は、何しろ政治の中心でしたから、動乱も激しかった事でしょう。

shuttle さん
伏見ではやはり「寺田屋」が一番の人気のようです。
ここを中心に周辺の散策が定番でしょうか。

今回は街道周辺の見どころ(我が趣味だけですが^^;)を中心に、
久しぶりのぶらっと散策でした。
伏見の寺田屋と龍馬には関心があっても、
鳥羽伏見の戦いには興味はないかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/53867980

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらっと伏見:

« 御香宮神社 | トップページ | 南知多町の水仙畑 »