2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大府盆梅展とおひなさま | トップページ | 中馬のおひなさん 続編 »

2012年2月13日 (月)

中馬のおひなさん

豊田市足助町で始まった「中馬のおひなさん」
その初日の模様です。

昨年は古雛を中心に載せましたが、
今回は見て回った順に道筋のひな飾りから
我が好みで載せてみました。

駐車場から歩き始めて、
最初に見せていただいたお店のひな飾りです。

Asuke01

土雛、御殿、段飾りが並びます。

そのなかから中央に飾られた御殿飾りです。

Asuke012

いつものことながら
書かれていない年代を推測するのは失礼なんですが・・・
造りや飾りから昭和40年代かと思います。

Asuke02

巴川を巴橋で渡りますが見える橋は「待月橋」
紅葉の季節には格好の撮影スポットです ^^;

ここから西町に入ります。

Asuke03

Asuke032

この展示も多彩でしたが珍しい大正時代の男びな。
3月の雛祭りに飾られていたそうです。

Asuke033

初めて載せますか?平成6年のおひなさん。
まだ新しい現代びなは”京雛”で
男雛と女雛の位置が京風になっています。

今年はこの平成雛が多く飾られていました。

Asuke04 

何年か前に撮っていましたがある”蕎麦処”の御殿飾り、
年代は全く分かりません が><;
大きくて珍しい造りです。

Asuke042

奥にあった木目込みの段飾り
まさにひな飾りの変遷を感じます。

Asuke05

西町をUターンして「足助交流館」

ここもお馴染みの雛飾りですが、
徳島勝浦町の里親びな。
昭和30年代の御殿飾りが中心に飾られています。

町なかへと戻ります。

Asuke06

道筋に見る飾りもまた楽しく

Asuke062

竹筒の中にさりげなく飾られた大内雛、
横に並ぶガラスびなも素敵なものです ^^

新町筋へと入ります。

Asuke07

まだ早い時間でもあり人は少ないですが
この後すぐに増えてきました。

Asuke08

この通りは道筋の飾りも華やかです。
飾られている御殿飾りは初めて見ました。

Asuke09

土雛の内裏雛、昭和初期とありますが、
綺麗な内裏雛です。

一年ぶりのおひなさんを眺めながら
見慣れた道筋を行きます。

Asuke092

菓子処の雛飾りですが古雛は何度も載せています。
今回はこちらの段飾り
昭和55年という段飾りは一番多い飾りです。

今年は平成の飾りが多いと感じましたが

Asuke10

そんななかでのこの飾り、
江戸時代後期の白木の御殿飾り(源氏枠)と
大正時代の御殿飾りです。
以前に載せた気もしますが・・・
旧き御殿飾りの代表みたいなもんですね。

Asuke11

町筋を彩る餅花を使った華やかな飾り

Asuke12

これもひなめぐりの楽しみのひとつ 。
餅花を買われる人も多くいます。

Asuke13

ガラス越しを避けて屋内からの斜め撮りですが・・・
昭和8年とありました。
飾りも華やかさはなくシンプルな御殿飾りですね。

足助”中馬のおひなさん”
このあとは田町から新田町へとめぐります。

« 大府盆梅展とおひなさま | トップページ | 中馬のおひなさん 続編 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん 今日は

流石は好好爺さん、見慣れた足助の「中馬のお雛様」も好好爺さんの目を通すと、全く新鮮に見えます。同じお雛様を。私たち夫婦も、昨日12日に見てきました。お写真で感動を新たにしております。

shuttle さん
日曜日にいかれましたか。

人出が凄かったのではないかと推察しますが、
ここは毎年人気ですね。
今年は昨年と重ならないように
一般的な御殿と段飾りから選んでみました。
会場の雰囲気も入れてみましたが、
それらしく感じていただけたら嬉しいですね。

こんばんは~
御殿飾りの雛飾り豪華ですね。
こんな素敵な雛飾り初めて見ました。
年代物の雛飾りとてもシックでいい表情ですね。
いいものを見せて戴きました。

aya さん こんばんは
ここは全国的にも人気のところです。

近畿でも有名どころがこれから始まりますが、
それぞれにまた素敵なお雛さんがたくさんあって
楽しい雛まつりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中馬のおひなさん:

« 大府盆梅展とおひなさま | トップページ | 中馬のおひなさん 続編 »