2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 層雲峡温泉氷瀑まつり | トップページ | 釧路湿原 鶴見台 »

2012年2月20日 (月)

網走 流氷クルーズ

旅の2日目は層雲峡から網走、そして阿寒湖温泉でした。

降り止まぬ雪の中をバスは走ります。
石北峠から留辺蘂(るべし)に入ると少しの間は晴れ ^^
さらに走る国道39号線はまた雪の中でした。

この日は網走の流氷クルーズでこの旅のハイライト!
まずは地上から眺める流氷群。

Notoro01

網走港の北10キロほどにある
「能取岬(のとろみさき)」です。

Notoro02

初めて見る流氷^^;
まずは一安心?と網走港へ。

Ryuhyo01

この日は客が多く増便され、
その一便に乗船し網走港を出港。

Ryuhyo02

前方はるかに見える白い帯が
その流氷群ですが・・・


Ryuhyo03

近づくとまず小さな流氷群
初体験の身としてはこれでも胸躍ります ^^

Ryuhyo04

一旦流氷が途切れ

   Ryuhyo05

続いて近づく本体?の流氷
砕氷船がその中に入ります。

   Ryuhyo06
 
    
    Ryuhyo07

左舷展望デッキから
ただ、見入るだけ、いえ^^;撮るだけでした。

二階から一階へ

Ryuhyo08

船首で流氷が砕けます!

これでも氷がずいぶん薄くなったと言う人もいましたが、
それはそれで初心者には感激ものでした 。

右舷へと

Ryuhyo09

Ryuhyo10

砕氷船の先端部

Ryuhyo11

何度来ても見れない人も多く、
流氷との出会いは運だけとも・・・

この日はここ数日来最高だったようです。

Ryuhyo12

船尾展望デッキから
船は港に向きを変えています。

Ryuhyo13

名残を惜しんで・・・
流氷群を目に焼き付けます ^^;

この日に同時出航していた”おーろら2号”

  Ryuhyo14

  
  Ryuhyo15

こんなすれ違いも何度かあるでしょうが、
これもまた好運でした!

Ryuhyo16


流氷群を砕いた航跡を眺めながら、
初体験の流氷クルーズは何とも衝撃的なものでした。 

« 層雲峡温泉氷瀑まつり | トップページ | 釧路湿原 鶴見台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん 今日は

私も網走とか、石北峠、留辺蘂は、行っていますが、流氷見物の経験はありません。「流氷なんか見たって」と軽視していました。とんでもない間違いでした。お写真から流氷見物の素晴らしさ、楽しさが伝わって来ます。日本本州にいては、絶対にお目に掛かれない風景です。機会があったら出掛けたいです。

shuttle さん
北海道を旅しながらみていないひとつが流氷でした。

まだ沖合にあり出航は小雪の降る条件でしたが、
間近で見る流氷は実に感激の経験でした。
オホーツク海ならではの流氷、
機会があればぜひ出かけて頂きたいと思います。
ほんとに素晴しかったです。

流氷
話や噂では聞くものの(笑

こんな感じなんですね
流氷の帯を船で破砕しながら進むんですか
これは興奮しますね
是非一度見てみたいものです

好好爺様
今年は、流氷観光のお客様が多く網走だけでも52.000人
昨年の15%アップなのだそうです。
クルーズで流氷を観ることができて本当によかったですね。
まだ子供たちが幼かった頃、6年間網走で暮らしましたが、家から
500mも歩きますと、流氷を観ることができました。
5月初めまで、沖に白い流氷の帯でした。帽子岩の辺りに
ごろごろと、氷の塊。青空の下、流氷の動く様は、今でも目に
焼きついております。お寒いなかでの映像、ありがとうございます。

雪だるま さん
冬に行く北海道ならこれと思っていました。

白い流氷の帯に近づく時は興奮しましたが、
流氷の中に入った後はただ撮るだけでした。
砕氷をファインダー越しに見ると
また違った迫力がありますね。

hiro さん
直近まで観れるかどうか分かりませんでしたが、
これだけの流氷を観れてよかったです ^^

昔はよく着岸のニュースを聞きましたが、
近年は少ないのでしょうね。
観れるのは運だけと言われていましたが、
今回はその運に恵まれたようです。
人気のクルーズ
この日も観光客(自分も含めて ^^)が多かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走 流氷クルーズ:

« 層雲峡温泉氷瀑まつり | トップページ | 釧路湿原 鶴見台 »