2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伏見稲荷山参拝・続編 | トップページ | 奈良西大寺の大茶盛 »

2012年1月15日 (日)

四天王寺 どやどや

Shitennoji01

大阪市天王寺区にある四天王寺です。

この日は毎年1月14日に行われる
修正会結願法要の”どやどや”でした。

”元旦から14日間にわたって「六時堂」で行われた
修正会の結願日に、紅白の鉢巻きに、しめ込み姿の
中高生たちが魔除けの護符を奪い合う恒例の行事。”

Shitennoji02

この日は近鉄ウオーキングに参加したため、
着いたときはもう会場は人で埋まっていました。
やはり二兎を追ってはいけません ><;

遠くからの見物に、真正面に松という最悪の場所。
これでもまだ良い方でした ^^;


Shitennoji03

可愛い幼稚園児の”ワッショイ!”から始まりましたが、
そのあとが紅白に分かれた
四天王寺羽曳丘中学・高校の生徒たちです。

Shitennoji04

Shitennoji05

堂前で舞い落ちる護符を取ろうともみ合いますが、
この位置からではどうにもなりません ><;

今回はその雰囲気だけでもということで・・・

Shitennoji06

生徒たちのもみ合いに水が掛けられ、
見ていても寒そうですが、
この日もまた寒い日でした。

Shitennoji07

Shitennoji08

ひとしきりもみ合いお札を取って戻る生徒たち。

五穀豊穣などを祈る法要の締めくくりで、
日本三大奇祭(岡山県・西大寺会陽、
岩手県・黒石寺蘇民祭)のひとつだそうです。

     Shitennoji09

次が清風南海 清風中学・高校の生徒たち、
こちらは違う角度から。

Shitennoji10

Shitennoji11

場所を変えて練り歩きの様子ですが、
これはまた凄い人数です。

「六時堂」横からです。

Shitennoji12

Shitennoji13

さすがに今回は猛反省!

このような神事にはやはり早めの下見と、
場所取りの大切さをあらためて痛感しました。

Shitennoji14

人混みの中でただ右往左往しながらも、
久しぶりに遅くまでの見物でした。

ちなみに”どやどや”とは
牛王宝印楊枝を受けようと、人々がどやどやと六時堂に
集まったことからだそうです。

« 伏見稲荷山参拝・続編 | トップページ | 奈良西大寺の大茶盛 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

また、珍しいものを見せていただきました。大阪の「四天王寺」と言えば有名な寺院です。私も名前に惹かれて、嘗て訪れ参拝しました。当時は、未だ四天王寺の周りには、青いテントが張り巡らされ、ホームレスが屯していました。猛今では、どの都会でもホームレスの青いテントは撤去されています。四天王寺のこの行事は、寒いさなかに素っ裸で参加するのですから、若い男性で無いと勤まりません。見物客も多いようですね。

shuttle さん
昔はこの辺りもそうでしたね。

”どやどや”は私も初めてでしたが凄いひとでした。
四天王寺のイメージが少し変わりましたが、
中・高校生の若者たちに元気をもらって来ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四天王寺 どやどや:

« 伏見稲荷山参拝・続編 | トップページ | 奈良西大寺の大茶盛 »