2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大和街道・奈良から伏見へ | トップページ | ぶらっと伏見 »

2012年1月31日 (火)

御香宮神社

京都市伏見区にある「御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)」、
(ごこうぐうじんじゃとも)。

地元の人たちからは
”ごこんさん”の愛称で親しまれている神社です。


Gokounomiya01

表門(伏見城大手門)

Gokounomiya02

Gokounomiya03

拝殿

神功皇后を主祭神として仲哀天皇、応神天皇他
六柱の神を祀り、日本第一安産守護之大神として
広く崇められている。

     Gokounomiya04

御香水

社の名の由来となった清泉
平安時代にこの境内から「香」の良い水が湧出たことから、
清和天皇より「御香宮」の名を賜る。

Gokounomiya05

一時水質悪化で取水が禁止されていたようですが、
今は横にあるこちらで取水可能になっています。

この日は「小堀遠州ゆかりの石庭」拝観でした。

Gokounomiya06

Gokounomiya07

社務所(書院)にあるその石庭

伏見奉行を命じられた小堀遠州が
元和九年(1623)に奉行所内に造った庭園の石を、
戦後に移して造ったものと。

Gokounomiya08

Gokounomiya09

明治維新に伏見の戦いで焼け落ちた伏見奉行所は、
以降、陸軍工兵隊、米軍キャンプ場と移り変わる。

Gokounomiya10

Gokounomiya11

昭和32年に市営住宅地となったのを機に
残った庭の一部がこの地に移築され、
中根金作氏によりあらためて作庭される。

Gokounomiya12

書院手前の大きな手水鉢が印象的ですが、
手水鉢には文明九年(1477)の銘があるそうです。

小堀遠州の庭園がどのように残されているのか、
それは分かりませんが・・・

Gokounomiya13

Gokounomiya14

Gokounomiya15

”形式は鶴亀式の枯山水で、
枯滝の三尊を連続させた石組み・・・”とありますが、
難しいです ><;

Gokounomiya16


大和街道を歩いた後での伏見散策。
まずは、御香宮神社にある
「小堀遠州ゆかりの石庭」でした。

« 大和街道・奈良から伏見へ | トップページ | ぶらっと伏見 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん 今日は

伏見街道終着点は、「御香宮神社」でしたか。「小堀遠州ゆかりの石庭」があるのですね。素晴らしい庭園です。目の保養になりました。

shuttle さん
街道歩きを終えたあとは時間があれば町の散策です。

今回は2日目に時間ができて、
まだ見ていなかった「御香宮」の石庭でした。
あとは以前にも何度か見ているため、
旧街道周辺をあらためて回ってみました。
伏見の最終回はこのあとにアップします。

こんばんは~
大和街道を歩いた後の御香宮神社ですか。
本当にお元気ですね。
本殿の彩色が綺麗でいつも目にとまりますね。
枯山水の石庭があるなんて知りませんでした。
いつか機会があれば寄ってみたいです。

aya さん おはようございます。
今回は時間がありゆっくりと参拝しました。

ここは御香水に目がいきますが
拝殿の軒唐破風の彫刻や
本殿の極彩色の飾りは凄いですね。
石庭
”遠州ゆかり”とのことで、つい見学してしまいした ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御香宮神社:

« 大和街道・奈良から伏見へ | トップページ | ぶらっと伏見 »