2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 奈良 春日山遊歩道 | トップページ | 當麻寺奥院の冬ぼたん »

2011年12月13日 (火)

寒ぼたんの石光寺

紅葉めぐりを続けてきましたが
そのあとは?と・・・
あてもなく思いつくきで少し早いこの花でした。

奈良県葛城市にある「石光寺(せっこうじ)」です。
もちろん花は寒ぼたん、
一度に咲かず順次咲いて見ごろになる何とも難しい花。

この日のHPでは見ごろでした、さて?

Sekkouji01

山門前の”想観の砂”

”寒ぼたん”の咲き方と冬ぼたんの違いは
ここのHP に詳しいので敢えて省きますが・・・

この日の石光寺境内の”寒ぼたん”です ^^

Sekkouji02

Sekkouji03

Sekkouji04

咲く花もあれば
まだ蕾の花もそれぞれに・・・

Sekkouji05

朝一番の静かな境内です。

Sekkouji06

Sekkouji07

Sekkouji08

境内に咲く花の数はまだ少ないです ^^
どのように楽しむかはその人の気持ちでしょうか?

Sekkouji09

ここに咲く花のひとつ”寒咲アヤメ”
ここから庫裡の中庭に入ります。

Sekkouji10

ここに咲く花も多様ですが・・・、
今はやはり寒ぼたん。

Sekkouji11

Sekkouji12

写真はそのほんの一部 ^^
長年見てきてその咲き様も知りました。

今はまだボチボチです。

Sekkouji13

椿

境内に咲く他の花もまだこれから。

Sekkouji14

そしてこの花
今年はどこへ見に行こうか?・・・
季節もどうやら冬ですね~。

石光寺の寒ぼたん
まだ蕾が多いですがこれから順次咲くようです。
見ごろはもう少し我慢のようです。   11日

« 奈良 春日山遊歩道 | トップページ | 當麻寺奥院の冬ぼたん »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
寒牡丹 水仙 あやめ などこの寒い時期に見られるなんて
めずらしいですね。育て方も難しいんでしょうね。見る側は
いいですよね。米沢にも寒牡丹を見せてくれるところがあります。
私も一度見たい気持ちです。
いつもすばらしい写真を見せていただきありがとうございます。

好好爺様
ず~っと紅葉を楽しませていただきました。
まだ、観られるのですね。こちらは雪掻きをしています。
”寒牡丹”!もうこの花の季節なのですねぇ。
コモ と言うのでしょうか、雪避けや寒さから守るのを
被せてあって、何とも良い風情ですよね。
一度みたいと思っていましたら、札幌百合が原公園の温室で
今年2月に初めて観ることが出来ました。
石光寺の”寒牡丹”有名ですね。観たいなぁ~!もの時季
アヤメも珍しいですね。
いつも、ありがとうございます。

好好爺様
またまた訂正させて下さいませ。
文中   もの時季→この時季・・・です。ごめんなさい。
お風邪を召しませぬように。毎日楽しみにしております。

kiki さん
時期が合えば椿、ローバイ、ギョリュウバイなど多彩です。

育て方は住職がHPにも載せるようですが、
やはり見せてもらうのがいちばんですね ^^
今回はチョッと早かったですが、
この花は12月末から1月初旬が見ごろでしょうね。
米沢はどうでしょうか。

hiro さん
ご親切に訂正まで、あまり気にしないでくださいね ^^

紅葉もどうやら終わってこれからは冬の花と、
少し早いですが訪れてみました。
雪の積もった藁帽子のなかの寒ぼたんを一度見たいんですが、
まだ実現していません ^^

北海道も本格的な雪のようですね。
はや、雪かきとはこちらとの違いを感じます。

好好爺さん

寒牡丹とは素晴らしいですね。寒さに負けないように藁で囲ってあるのですか。名古屋の徳川園でも寒牡丹があるそうです。お知らせいただいた「石光寺」のホームページもじっくり拝見しました。ご住職が動画の中で、色々説明されていました。面白いお方ですね。

shuttle さん  こんばんは。
ここの寒ぼたんは関西でも有名です。

寒と冬ぼたんの違いに固執されているご住職、
このこだわりもまた凄いです。
德川園の寒ぼたん
ここも綺麗ですね~。
どちらかというとこちらは冬ぼたんでしょうか?
例年1月中旬過ぎが見ごろだと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒ぼたんの石光寺:

« 奈良 春日山遊歩道 | トップページ | 當麻寺奥院の冬ぼたん »