2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平清盛ゆかりの地 大輪田泊 | トップページ | 仙禅寺磨崖仏 »

2011年12月17日 (土)

宇治市植物公園

師走になるとどうしてもここに行ってしまいます。
今年もまた宇治市植物公園の”花と水のタベストリー”
この時期はお馴染みの干支の絵柄です。

Uji001

渡るフラワーブリッジ

Uji002

その先、
壁泉の上から見える今年の干支”辰”です。

毎年見ているタベストリー
何もない師走の公園ですが入園します ^^

まずはその絵柄から

Uji003

Uji004

カナールの中段から全景と”辰”の部分

使われている花は
目・牙、体、角が色の違うビオラ、
数字とヒゲがハボタンの”紅はと”と”白はと”。

毎年のことながら
これでここに来た目的はこれで終り ><;
今年はもう少し早く来れば
紅葉とともに楽しめたかも知れません。

と、いうことで・・・
このあとは何もない公園を散策します。

Uji005

Uji006

モミジ林もさすがにご覧のとおり ^^;

Uji007

コナラ林もすっかり葉を落としていました。

このあとは修景池をめぐります。

Uji008

こちらは散り葉が綺麗な”ラクウショウ”

Uji009

何とも味気ない寒々とした景色ですが、
まぁ、これもまた師走らしくよろしいかと ^^

花も実もない・・・
というわけでもありません

Uji010

珍しい”ムベ”の実
アケビの実に似ていますがこちらは実が割れません。

Uji011

こちらは入り口近くにあった”ミヤマウグイスカグラ”

早春の花ですが・・・咲き残り?
なぜか分かりませんが咲いていました。

何もない公園でしたが、
今回は最初に来たときに載せたことのある桜三種です。

Uji012

十月桜

この時期に三種の桜が見れるのはここだけ?
ではないかと思っていますが・・・

Uji013

冬桜
見分けはやはり八重か一重か、

Uji014

子福桜
これだけは見間違いはないでしょう ><;

Uji015

そんな三種のサクラと
棚田に咲くこの花を見ながら・・・

風の寒さが身にしみるこの日
あらためて季節の戸惑いを感じたときでした。

« 平清盛ゆかりの地 大輪田泊 | トップページ | 仙禅寺磨崖仏 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん  今日は

この「宇治市植物公園の”花と水のタベストリー”」へは、毎年お出掛けなんですね。私は、初めて拝見します。花で来年の「干支」を表現してあるのは、素晴らしい芸術性があります。一体誰が仕上げるのでしょうか。見物のため、沢山の人が押しかけているでしょうね。それにしては公園内に人影がありません。師走も後半に入りました。人は何かと慌しいでしょうからねえ。

shuttle さん
通い始めて5年目になります。

図案は変わりますがこの時期以外にも展示されます。
今回はその66作目です。
公園の係りの方たちが作られていると思いますが、
鉢植えの花材を並べで図案化されています。
11月下旬から始まっていますから
この時期の平日は特に人は少ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇治市植物公園:

« 平清盛ゆかりの地 大輪田泊 | トップページ | 仙禅寺磨崖仏 »