2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 御所まち 霜月際 | トップページ | 三輪明神 酒まつり »

2011年11月14日 (月)

吉祥草寺 採燈大護摩供養

「御所まち 霜月祭」
”山伏おねり”のあとは”採燈大護摩供養”です。

修験道の開祖「役小角(えんのおずぬ)」の生誕地、
「吉祥草寺」境内で行われる伝統行事です。

Gose001

”山伏おねり”の途中から先回りした「吉祥草寺」。

Gose002

境内には朝からすでに護摩壇が造られ
「大護摩供養」の準備ができていました。

山伏衆を迎える「御所太鼓 耀」の皆さん。

Gose003

役行者の修行をイメージした演奏「飛天」が終わると
山伏衆が境内へ入ります。

Gose004

     Gose005

印を切る?のは高位の山伏でしょうか?

Gose006

Gose007 

練り歩いた山伏衆が続々と境内に入ると
護摩壇の周りは山伏衆で埋め尽くされます。

そこへ旅の山伏が登場

Gose008

しばし「山伏問答」が行われます。

Gose009

問答が終って
旅の山伏たちも所定の位置につきます。

ここから「採燈大護摩供養」の作法の儀が始まります。

まずは”法弓の儀”

Gose010

四方、中央、鬼門の方角に矢が放たれます。

Gose011

Gose012

続いて法剣、法斧の儀式が行われ

Gose013

護摩壇への点火の準備が済むと
祭文が読み上げられます。

そして護摩壇に火を入れる点火の儀式。

Gose014

Gose015

Gose016

火が点けられました。

猛烈な煙が境内をつつみます。

Gose017

煙が流れて火を扱う山伏の姿が見えた一瞬ですが、
すぐに煙の中へと消えます。

Gose018

実はこの時点で
すでに帰りの時刻が迫っていました ><;
せめて護摩木の一本でも炎の中にと・・・
時計とにらめっこでしたが残念ながら時間切れ。

うず巻く煙を後に忍者のごとく疾走!
駅へと走る長い道でした。    13日

« 御所まち 霜月際 | トップページ | 三輪明神 酒まつり »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥草寺 採燈大護摩供養:

« 御所まち 霜月際 | トップページ | 三輪明神 酒まつり »