2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 戸田川緑地 | トップページ | 秋です コスモスです »

2011年10月31日 (月)

銀穂がゆれる曽爾高原

”穂銀色に見頃”との情報に
訪れた曽爾高原はこれ以上は望めない快晴でした。

2年ぶりでした。
過去2回は「曇りのち雨」、「曇りのち晴れ」と
あまり天気に恵まれなかったススキでしたが、
今年は期待していました ^^

Soni01

高原への入り口にある「お亀池」と
正面に亀山から倶留尊山への稜線が綺麗です ^^;
こちらからはまだ順光、
逆光のススキを撮る前に少しその尾根を歩きます。

Soni02

すでに多くの方が登っていましたが、
亀山峠へと向かう道はやや逆光でいい感じ ^^

Soni03

ここが亀山峠と倶留尊山への分岐

Soni04

まず日本ボソに行き、
戻って亀山峠から下ります。

陽はちょうど左手から
戻る頃にはちょうど逆光で銀穂が期待できます ^^

Soni05

ここが高原から見える最頂部。

この日は春の山焼きのために防火帯を造る
「やっきり焼き」が行われるそうで
稜線の草が刈られて準備が始まっていました。

ここから少し岩場の山道を歩くと

Soni051

ここが「日本ボソ」

この先の入山は有料(山の維持協力金)です ^^
お金をケチったわけではないんですが、
目的はススキ ^^;ここから戻り亀山峠へ登り返します。

その途中で「やっきり焼き」が始まりました。

Soni06

ちょうど2008年に来たときに初めて見ましたが、
山の稜線(尾根筋)から下にぐるりと焼き払うことで、
春に行われる山焼きの防火帯が造られます。

近くで見れますが・・・下山します ^^

Soni07

こちらは尾根道の東側
まだ穂が立っているススキが多いですね。

Soni08

戻りました入り口です。
ここからお亀池の東側を回ります。

   Soni091 

   Soni092 

お亀池の東側の山肌全体をススキが覆います。
ここもまだ立ち穂が見られますが・・・
風にゆれるススキが文句無しに綺麗でした。

Soni10

これが曽爾高原のススキ!
ススキは逆光、今さらですが実感します。

Soni11

Soni12

高原のススキに埋もれて縦横に・・・
風にゆれる銀穂を楽しみました。

Soni13

堪能したススキでしたが、
ここには他にも花が咲いています ^^

この日の花です。

Soni14

登山道に咲く”リュウノウギク”

Soni15

ススキのなかで足元に咲くたくさんの”リンドウ”

銀穂のススキとともに
可憐な秋の花を探すのもまた楽しい「曽爾高原」
ススキはまだこれからが見頃です。   29日

« 戸田川緑地 | トップページ | 秋です コスモスです »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

いやぁ
圧巻の美しさですね
ここの全景
綺麗です

依然訪れたときは時間が足らず
登る事が出来なかったんですが
全景でみるここの風景は美しいですね

狙いは同じでしたね。
私も29日早朝に出かけました。
銀色に輝くススキ綺麗でしたね。
高いところからの眺めいいですね。

雪だるま さん
全景の写真
記事の都合上おじさんたちを入れたのを使いましたが、
上から見るとほんとに綺麗です。

ここは下のススキもいいですが
どうしても上から一枚が欲しいですね。

aya さん
どうやらニアミスだったかも知れませんね ^^

この日は今までで最高でした。
綺麗な銀穂が見れましたね。
上からの眺め
歩きを兼ねて上からの眺めを撮っています。
記事楽しみです ^^

見事ですね。
私は約11年ほど前にツアーで行きました。
その時は寒空で 冷たい弁当(゚Д゚)ハァ?でしたが、温泉つきの日帰りでした。
観光客も多かったですね。

あくび さん
寒空で冷たい弁当、
その分ススキが綺麗だったのでは?

この時期は人出はもう避けられませんが、
この日は見事な天気のなかで
ススキを堪能してきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀穂がゆれる曽爾高原:

« 戸田川緑地 | トップページ | 秋です コスモスです »