2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽川水園のシモバシラ | トップページ | 津まつり »

2011年10月10日 (月)

南五味塚鯨船祭り

秋まつり!
これもまた地域に根付く伝統の祭り、
三重県四日市市楠町南五味塚の「鯨船練り行事」です。

”この鯨船(くじらぶね)は、この地区に古くから伝わる
祭礼行事で、2日目に行われる
「南御見束神社」への”入船”が一番の見どころ” と。

この日はその1日目の神社からの出船から
町練りを見る予定でしたが・・・出遅れました ><;

Kujira01

町なかの幟を見ながら
鯨船を追っかけてようやく捉えた楠漁港。

まずはその模様から ^^;

Kujira02

豊漁を祈る祭礼行事だけにやはり港!
ここでひと練り行われます。

Kujira03

鯨と船が追っかけあい最後は銛打ちとなりますが、
見どころは船と鯨の動きです。

ここはまず鯨船を解説 ^^;

Kujira04

船の前部を担当する”みよし”(若い衆)

Kujira05

こちらは後ろを担当する”とも”
船の真中を担当するのは”はら(腹)”といい、
練りの途中で船を左右に揺らす(回す?)動作を
”ヤマモサ”と言うそうです。

Kujira06

港での練りが終わって町練りに出ます。

町なかの一角で始まった”鯨船練り行事”

Kujira07 

鯨が船を追いかけ、船が鯨を逆襲します。
張り子の鯨を垂直に立て鯨が方向転換します。

Kujira08 

追っかけを繰り返し
鯨と鯨船のバトルが続きます!

Kujira09 

船と鯨が練り場に戻って練りも最高潮に!

Kujira10

船に追われた鯨が逃げまどいます。
これもまた見どころ。

Kujira11 
Kujira12

横転する鯨には驚きました!
これは初めて見ました。

Kujira13

体制を立て直して

Kujira14

逃げる鯨を鯨船が追います。

今度は激しく練る鯨船!

Kujira15
Kujira16_2 
Kujira17 
Kujira18

若い衆の掛け声とともに
左右に激しく舳先を振る勇壮な動きが続きます。

Kujira19 

船の上の踊り子は小学生の高学年

Kujira20

船の腹で櫓を漕ぐ櫓漕ぎは幼稚園の年長さん ^^

Kujira21 

鯨を追って鯨船が道を曲がります。


Kujira22

曲がり終わると唄いが入って
町なかのひと練りが終わりました。

この練り行事には多くの鯨が参加しています。

Kujira23

小学生から中学生の”子鯨”が数頭?と、
女子中学生の”姫鯨”(奥のリボンが付いた鯨)と、
伝統行事を担う子供たちが頑張っていました。

「南五味塚鯨船練り行事」
三重県の北勢地区に多くみられる鯨船神事、
これもまたそのひとつ伝統の祭礼行事でした。  8日

« 木曽川水園のシモバシラ | トップページ | 津まつり »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

好好爺様 こんばんは。
「南五味塚鯨船練り行事」拝読いたしましたが、
このような伝統行事、初めて知りました。
お住まいのお近くには、趣ある催事多いですね。
やはり、北海道との歴史上の差を感じます。
若者も大勢参加していて、頼もしいですね。

昨夜は綺麗な「コスモス」拝見しました。
まだ、綺麗に咲き誇っているようですね。
毎日、楽しく拝読しております。ありがとうございます。

hiro さん おはようございます。
各地に伝承されている祭礼はたくさんあります。

その土地によって多少の違いはありますが、
農村では五穀豊穣や雨乞い、
漁村では漁の安全を祈願する祭りとして
基本は同じですね。

コスモス、
今年はまだ休耕田のコスモスが咲いていません。
今週辺りからではと期待していますが ^^

ご苦労様
大変立派な山車ですね
幕も屋形も全国区の祭りに見劣りなどしていませんね
町衆が苦労して大切に守ってきた事がよくわかります

好好爺様片手に東西南北ご苦労様
何時も楽しませて頂いております (._.)   

ナナ さん
北勢地区に多くある鯨船まつりです。

四日市の南納屋町から譲られた旧船が修復されて、
実に立派な山車になっています。
地域の皆さんの心意気が伝わります。

ごった煮のブログ
励ましていただきありがとうございます ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南五味塚鯨船祭り:

« 木曽川水園のシモバシラ | トップページ | 津まつり »