2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伊吹山・秋の花は | トップページ | あらためて暗越奈良街道 »

2011年9月10日 (土)

古代米「赤もち」出穂

津市榊原町で古代米「赤もち」の稲穂が出穂。
その赤紫色の穂が風に吹かれる様子を
テレビを見て・・・これはと。

朝早く、しかも今にも降り出しそうな空模様でしたが、
思いついたら止められません ><;

風に吹かれる様は無理かな?と思いつつ。

Sakakibara01

着いた榊原温泉の日帰り温泉施設「湯の瀬」前
”フラワーガーデン”の「赤もち」畑です。

曇天、雨上がりと最悪の条件

Sakakibara02

風もなく・・・
吹かれるどころか稲穂を垂れるばかり・・・
色もこんなもんではありません ><;

Sakakibara03

Sakakibara04

もっと条件のいい時に来ればと言われそうですが、
こちらの都合もあってそうは行かず ^^;

Sakakibara05

ただ雨にぬれる穂を撮るだけでした。

Sakakibara06

陽に当たると見事な赤紫の稲穂なんですが、
それをお見せできなくて残念 。

で、チョッと別のところでの様子を ^^

Sakakibara061

先日歩いた明日香の祝戸地区で見た「赤もち」
やはり陽があるとこんなに違います ^^;


Sakakibara07

この辺りもすでに稲刈りが始まっていますが、
その町中を抜けて青山高原の道へと入ります。

おまけです ^^

Sakakibara08

入ってすぐに「田んぼアートin 榊原」があります。

6月に植えられた田んぼアート

Sakakibara09

こちらがその植えられたばかりの様子です。

地元小学生の応募作品から
女の子と”ガンバレ 日本”の文字で作られています。

風になびく「赤もち}の光景はダメでしたが、
成長した「田んぼアート」を確認できました。

« 伊吹山・秋の花は | トップページ | あらためて暗越奈良街道 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
もうそろそろ稲刈りが始まる季節ですね。
私の家では玄米を1年分、農家の方から買ってますが
今年は福島産どうなるのか心配してます。
古代米(赤もち)の稲 はじめて見させていただき、
赤い色!なんですね。明日香の祝戸地区の古代米
の植え方 狭い場所でも日光があたれば美味しい
お米になるんでしょうね。
いつも 見られない地を紹介していただき
ありがとうございます。

kiki さん
こんばんは。
今年は福島の米作も大変のようですね。

古代米「赤もち」
奈良の石舞台の食事処ではメニューにあります ^^
名の通り赤飯と同じで
カレーが人気のようです。
この穂がテレビで取り上げられるとは、
はチョッとビックリでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代米「赤もち」出穂:

« 伊吹山・秋の花は | トップページ | あらためて暗越奈良街道 »