2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« のんほいパーク屋外植物園 | トップページ | 放生祭 ハイライト »

2011年9月20日 (火)

若狭おばま放生祭 宮入

各地で始まった秋祭!見たい祭りは数あれど・・・
この日は「若狭おばま放生祭(ほうぜまつり)」でした。

300年の歴史を持つ若狭地方最大の秋祭り、
4年ぶりに見る放生祭です。

Hatiman01

小浜「八幡神社」の例祭ですが
今年は20年に一度の式年大祭になります。

Hatiman02

神社ではすでに朝からの宮入が始まっていました。

Hatiman03

Hatiman04
 

大太鼓、神楽、獅子、山車、神輿の”演)し物(だしもの)”が、
旧小浜町内を巡行し芸や囃子を披露します。

江戸時代に小浜城下の町人居住区であった24区が、
”演し物”を担当し、隔年で12区が出ています。

Hatiman05

演し物のひとつ「大太鼓」

太鼓と鉦が打ち鳴らす囃子のリズムと大太鼓の曲打ち、
そして大太鼓同士の叩き合いを思い出します。

Hatiman06

この祭りで唯一の「神輿」が神社に入ります。

これは初めてでした ^^;

Hatiman07

拝殿前へと石段を上がる神輿

ここで神職による儀式が行われ
ご神体が本殿から神輿に移されます。

Hatiman08 

Hatiman09 

ご神体を奉戴した神輿は神社から
氏子各区への巡行に出ました。

次の大太鼓が棒振りを先頭に宮入りします。

Hatiman10 

Hatiman11 

大太鼓を子どもが打ちます ^^

     Hatiman12 

演し物のなかでもひと際にぎやかなこの「大太鼓」、
奉納での数台による勇壮な叩き合いも、
また楽しみのひとつです。

宮入の途中でしたが本番前の、
といっても祭りはすでに本番ですが ^^;町なかへ。

これから宮入する山車でしょうか?

Hatiman13

各区には一対の松が立てられた本陣があり、
供え物が飾られています。
ちょうどその前で演技が披露されていました。

Hatiman14 

Hatiman15

町を巡行する山車
祭り本番への雰囲気が盛り上がってきます。

Hatiman16 

演技の奉納が行われる「お旅所」前

Hatiman17 

道筋では各地区の演し物が披露されています。


Hatiman18

まだ何もない「お旅所」

ひとつの祭に5種の演し物が出るという
全国でも珍しい祭りですが、
今年それが24区のすべてが集結します。

さて、いったいどうなるのでしょうか!?
このあとすぐです ^^;・・・続きます。     18日 

« のんほいパーク屋外植物園 | トップページ | 放生祭 ハイライト »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

いよいよ 祭りに突入ですね。
すげ傘 下駄 祭りのハッピの丸文字 みんな珍しいです。
いきなり 迫力ある1枚で 盛り上がりました。
世間は 台風15号で大変ですが 弱り目にたたり目 日本列島大変です。
こちらも 明日浸水にいたるかどうか 心配です。

きなこ さん
秋の祭りが始まりました。

最初を飾るこの祭りは思い出がありますが、
今年はまた式年大祭ということで出かけました ^^
台風15号
どうやらこちらは直撃されそうですが、
願わくばどこも大過なくと祈るばかりです。

秋祭りめぐり、これからしばらく楽しませていただきます。
小浜のお祭り、なかなかいいですね。
被り物が珍しいですね。黄色い着物が斬新です。
続きを楽しみにしています。

フデ さん
秋祭り、これからが本番です。

4年ぶりの祭りでしたが
今年は長時間の見物でした。
黄色い着物
この祭り独特の衣装ですね。
大太鼓の演技には魅せられます ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若狭おばま放生祭 宮入:

« のんほいパーク屋外植物園 | トップページ | 放生祭 ハイライト »