2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 丹生大師の里 | トップページ | 松阪農業公園ベルファーム »

2011年8月23日 (火)

山あいの古寺を訪ねて

丹生のメダカ池でほんの少しのホテイアオイを見たあとは・・・
と、言いたかったんですが。

実は何も予定がありませんでした ><;

いつもの「ふれあいの館」で見つけた「歴史の道」マップ。
もちろん歩いては時間がなく無理でしたが
せめて車でそのいいとこ取りをと走りました ^^

ルートは山あいの古寺を巡りますが、
まずは「近長谷寺(きんちょうこくじ)」です。

Koji01

丹生からしばらく田園地帯を走り途中から山中へ、
ぐんぐんと高度を上げて着いた駐車場。

鳥居の傍にあるたくさんの杖に一瞬!?でしたが

Koji02

杖なしに参道を上ること200mほど、
九十九に折れる道にはベンチもあります。

Koji03

日差しのない参道が開けると境内はすぐ、
この先を曲がり石段を上ります。

Koji04

「近長谷寺」の境内と本堂です。

Koji05_2

扁額は寛永21年(1644)
京都智積院能化七世、運敞(うんしょう)僧都の筆と。

縁起は省きますが・・・古刹です。

来た道を下るとすぐに長谷の集落

Koji06

「観音の里」だそうですが・・・
ここには長谷の”車田”がありました。

Koji07
Koji08

車田の収穫祭は9月10日(土)。

収穫された「初穂」は地元の佐那神社を通じて
伊勢神宮へも奉納されるそうです。

Koji09

通り過ぎる田園地帯と「観音の里」
田にはすでに刈り取られた稲の”よぼし”が並びます ^^

歴史の道
その一部は旧街道(和歌山別街道)でもあります。

     Koji10

道筋にはこんな道標も。

「右 いせ道  左 あふか道」と刻まれた首欠け「道標地蔵」
これも歩いて見れば嬉しいですが ^^;

ここから神坂の集落
入ればすぐに「普賢寺」です。

Koji11 

参道入り口
100m程を行きます。

Koji12

よく分かりませんが?開創は白鳳時代といわれ、
この後すぐに紹介の「金剛座寺」の末寺です。

普賢菩薩座像は国指定重要文化財。

ここからすぐに・・・通り過ぎましたが ><;
「金剛座寺」参道入り口です。

Koji13

この参道を300m程を上ります。
(もちろん車で傍まで行けます ^^)

Koji14

参道途中の洞穴
中におわしますは・・・何でしょう?

着いた山門

Koji15

これはかなりの古いお寺です。

Koji16

山門すぐの「鐘楼」
柱の根元がかなり傷んでいました。

Koji17

本堂

こちらも細かい縁起は省きますが
白鳳2年(678)藤原鎌足有縁の草創説と
白鳳9年(680)に不比等が開山したとの2説が伝わると。

いずれにしてもここも古刹。

Koji18

戻る道筋に咲いていた”センニンソウ”

古寺めぐりには何とも相応しい花ではないか?、
などと勝手に思いながら・・・。

結ぶ歴史の道は歩けませんでしたが、
車で走って尋ねた山あいの古寺。

歴史の道は丹生から松阪まで続いています。

« 丹生大師の里 | トップページ | 松阪農業公園ベルファーム »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、お久し振りです。
ぶらり旅、いいですね。 いつも拝見しています。
以前、奈良に居住していたので、奈良、京都、三重辺りのぶらり旅
特に懐かしく拝見しています。
5月に墓参で帰省した時に、久し振りに懐かしい牡丹満開の長谷寺を
訪れました。 奈良の社寺の一部も訪ねましたが、行けなかった所は
好好爺さんのブログの風景で懐かしく偲ばせて頂いています。
三川公園の蓮も見事ですね。 上野森林公園ではもうハッチョウトンボが
飛んでいるのですか? 秋の足音が近づいていますね。
また寄せていただきます。

michi さん
こちらこそ、お久しぶりです。

ぶらり旅、いつもご覧いただきありがとうございます。
5月に長谷寺へ行かれましたか。
ちょうど花が見頃で楽しまれたことでしょう。
今はあまり取り上げるところがありませんが、
これから秋に向かってまたぶらりと出かけます。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山あいの古寺を訪ねて:

« 丹生大師の里 | トップページ | 松阪農業公園ベルファーム »