2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 安城七夕まつり | トップページ | びわこ箱館山ゆり園 »

2011年8月 7日 (日)

醒ヶ井梅花藻情報

朝からの天気を見ながら向かった伊吹山。

通行止めが解除されたこの日はドライブウェイを避けて、
下からと準備はしていたんですが・・・
山頂半分ぐらいが雲の中でした ><:

いつものことながら山がダメならと、
伊吹薬草園のイブキの花を見て醒ヶ井へ。
水量はまだ多く、
お決まりの数ヶ所しか花が立っていませんが、

Baikamo01

こちらは

     Baikamo02

このサルスベリの下にある梅花藻ですが、
百日紅の花はまだ満開ではありません。

散るのはまだ先でしょうか?

Baikamo03

この上流にあるいつもの場所では
梅花藻は立ち上がり、
少し赤い百日紅の花が絡んでいます ^^

Baikamo04

横に近寄ってみました。
相変わらず近づいても撮り難い花です ^^;

ここから先はすべて水中花!

Baikamo05
Baikamo06

流れの中で揺れる花を楽しむだけです。

Baikamo07

このサルスベリが満開になって
花を散らすときまで・・・
まだしばらくはかかりますか? ^^;

水面に立ち上がる花を見に
下流にあるあるいつもの場所へと移動します。

Baikamo08

毎回来ると載せていますが、
ここは必ず水面上の花を楽しめるところ。

Baikamo09
Baikamo10

しかし、この日は群生する梅花藻も
大半が水に浸かっていました。

で、代わりにこちら

Baikamo11

ハリヨです!

清流湧く地蔵川ではこの絶滅危惧種のハリヨが守られ、
生息するとは知っていましたが・・・
それを見るのは初めてでした。

橋の上から双眼鏡で覗く若者?に教えられて
急いで撮ったものの・・・

Baikamo12

使えたのはこの2枚、
流れに泳ぐ魚も撮り難いものです。(弁解です ^^;)
他にも”タカハヤ”、”ニジマス”を確認、
もちろんすべて教えてもらってです。

初めて見た地蔵川の”ハリヨ”に
暑い日が、ますます熱くなっての帰還でした。  6日

« 安城七夕まつり | トップページ | びわこ箱館山ゆり園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
梅花藻と百日紅の競演やはり綺麗ですね(*^^)v
水面に立ちあがった梅花藻も
羨ましいです。
ハリヨも上手くとらえておられますね。
私は水飲場にあった水槽でしか見たことがありません。
行けそうにないのでこちらで拝見出来て良かったです。

aya さん こんばんは。
急遽行った醒ヶ井でしたが
ほんのチョッピリだけ赤白の競演を楽しみました。

水面に立つ梅花藻が見れるのは
宿場の西にある栄橋の下ですが、
この場所にハリヨがいるとは思いもしませんでした。

教えてくれた方に感謝でした ^^

醒ヶ井の梅花藻行かれたんですね。
見るからに涼しげな写真ですね。
ハリヨ、きれいな魚です。
美しい新鮮な川の流れと、可憐な梅花藻、また行ってみたいと思いました。

伊吹山、やっと開通したようですが、混みそうですね。
でも山頂は涼しいだろうと思います。

  好好爺様
 川の水量が多いというのは、大雨の後だったのでしょうか。
こちらは雨が降らず、農作物が心配になって来ました。

梅花藻は、綺麗な水の中に咲くのでしょう。テレビでしか
観たことがございません。ハリヨも北海道の川では見ることが
出来ないようですね。大きさ10cmはあるのでしょうか。
きっと、色美しい魚ですね。いつも、珍しい映像を!ありがとうございます。

フデ さん おはようございます。

伊吹山をあきらめて行った醒ヶ井でした。
サルスベリとの競演はまだ先ですが、
少しだけ見ることができました ^^

伊吹山、ようやく開通しましたね。
この週末も混みそうですが、
シモツケソウはどうなっているか気になります。
    
     
hiro さん おはようございます。

ここしばらく降ったり止んだりの日が続きました。
雨も災害になったり、渇水にと困りものですね。

梅花藻は水温が15℃前後の清流に生息します。
ハリヨは現在滋賀県東部と岐阜県の西濃地区でのみ
生息が確認されているようです。
やはり湧水地で生息しますが、
大きさは5cm前後で写真のハリヨは黄褐色です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 醒ヶ井梅花藻情報:

« 安城七夕まつり | トップページ | びわこ箱館山ゆり園 »