2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 乗鞍岳・お花畑へ | トップページ | 宇賀渓・砂山 »

2011年7月26日 (火)

宇賀渓・滝めぐり

土曜日に乗鞍岳から帰ったばかりでしたが、
月曜日からまた天気が不安定になるとの予想。

晴れる日曜日も気温は夏日とのことで
せめて気分だけでも涼しくと、
出かけましたのは「宇賀渓」の滝めぐりでした。

Ugakei01

鈴鹿国定公園 宇賀渓入口
左は国道421号線で走れば石博トンネルへ。

鈴鹿セブンマウンテンのひとつ、
「竜ヶ岳」の山麓をまくように付けられた登山道を使って
宇賀渓谷の滝をめぐります。

Ugakei02

駐車場から北河内橋を渡って、
左に北谷キャンプ場を見ながら林道に入り、
長いアプローチを行きます。

Ugakei03 

突き当たりにある休憩所
右に竜ヶ岳裏道登山道(ホタガ谷)を分けます。

Ugakei04

その先でザレ道を下り、
最初の吊り橋「白竜橋」を渡ります。

Ugakei05

橋から見る上流の名もなき滝?

そして下流の渓谷

Ugakei06 

ここから登山道に入って、
すぐに次の吊り橋を渡ります。

Ugakei07

この橋が「魚止橋」
その名のとおり橋を渡り少し行くと滝への分岐。

Ugakei08

分岐からわずかで突き当たると「魚止滝」
小さい滝ですが水量も多く綺麗な滝です。

Ugakei09

分岐に戻って、
次の分岐が川沿い(左)と山沿いコース。
当然ですが右にとります ^^;

Ugakei10

途中はロープある小さい岩場や細い崖道がありますが、
全体にはこんな山道が続きます。

この日は台風の影響か?
落ち葉や小枝が落ちて少々荒れ気味でした。

Ugakei11

足元を気にしながら登山道を行くと、
次の滝が「五階滝」。

何段に落ちる滝かいまだに分かりませんが、
5段に落ちる滝と誤解?も・・・ ^^;

Ugakei12

滝と滝の間を飛び石を踏んで渡ります。

Ugakei13_2

渡るる石の上から見る滝
この下には燕滝があるそうですが見ていません ><;
それは川沿いの道を行くと見れるようです。

     Ugakei14

渡った先からの五階滝
この日は水量も豊富で見飽きぬ滝です。

この先で竜ヶ岳への中道登山道(ヨコ谷)を分けると、
谷筋に沿った遡行となり渡渉が続きます。

Ugakei15

最初の渡渉
この辺りはまだ何とか飛び石伝い ^^
この後も渡渉を繰り返しますが、
思った以上に水量が多く飛び石が水の下のところも。

何度かの渡渉は跳躍になりましたが
わずかの川幅を飛ぶのも躊躇し年を思い知らされます。

Ugakei16

しばらく川の渡渉と谷筋の道を繰り返しながら
ようやくたどり着いた最後の滝。

Ugakei17 

すんだグリーンの滝つぼに飛沫をあげる
見事な「長尾滝」に再会でした。

その正面に出ます。

Ugakei18

駐車場入口から我が足で1時間20分、
ほんとに久しぶりの「長尾滝」でした。

見るといつも気持ちがホットする滝です ^^

Ugakei19

滝壷の前を渡り対岸に

Ugakei20

何も言葉はありません! ^^

途中、冷や汗をかきながらの到着でしたが、
来た甲斐があるというもんです。
しばし滝のしぶきを浴びて涼を楽しみました。

このあとはそのまま登山道を行き
小さな岩峰「砂山」へ・・・続きます。    camera 24日

« 乗鞍岳・お花畑へ | トップページ | 宇賀渓・砂山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
なかなか綺麗な滝ですね
水の量も多く滝の落ちて来るのが
なお一層迫力がありそうですね。
こんなに清らかなな水で滝つぼはグリーン
深いのでしょうか。
滝を覗きこむなんて足がすくんで眩暈がしそうです。

aya さん
滝見物には少し山深いですが価値ありの滝です。

台風の後で水量が多いためか迫力十分でした。
滝つぼの深さは分かりませんが、
落差は30mほどです。
上から覗きこむ滝、
確かにあまり気持ちいいものではないですね ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/52295331

この記事へのトラックバック一覧です: 宇賀渓・滝めぐり:

» 宇賀渓の滝を初めて?見た [&ohs life(アメブロヴァージョン)]
今年も盆がやって参りました。毎年父方の祖父母の故郷にある墓に行くのですが(以前も記事にしましたっけ) 、すぐ隣の家(生前祖父母が住んでいた家)に仏壇があるのにわざわざ県境を越えて墓参りに行く必要があるのだろうか…って自問自答してみましたが、祖父母の故郷には祖... [続きを読む]

« 乗鞍岳・お花畑へ | トップページ | 宇賀渓・砂山 »