2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おはらい町 七夕祭 | トップページ | ひまわり見頃! »

2011年7月 7日 (木)

朝熊岳 金剛證寺

内宮参拝と”おはらい町”の七夕飾りを見たあとは、
今回の目的でした朝熊山の「金剛證寺」でした。

ここはあじさいでも知られそれが目的でもあったんですが、
しかし、これが思わぬことに ><;

何が?・・・それがこのあとすぐに。

Asama01  
参拝順路に沿って先ずは「仁王門」

何度も来ていると自分では思っていたんですが、
ブログ開設以来記事がなく、そんな昔だったかと?

門をくぐりますと

Asama02
目の前には「連間(つれま)の池」と赤い「連珠橋」

池にはたくさんのスイレンが咲いています。

Asama03
左には「鐘堂」

ここで異変に気づきましたが・・・そのまま先へ。

Asama04

Asama05
池に架かる連珠橋

こちらが此岸(迷いの世界)で、
橋の向こうが彼岸(悟りの世界)だそうです。

彼岸に建つ御堂は雨宝童子尊を祀る「雨宝堂」。

とりあえずここはスイレンですが ^^;

Asama06

Asama07

実はこの時点でこの日の目的でした”あじさい”が、
まるで咲いていない・・・ではなく、
あじさいが無いのが分かりました。

で、とにかく金剛證寺のご紹介を ^^

Asama08

池を回って本堂に行きます。

Asama09

左に”福牛”、右に”知恵寅”の像を見てこちらが本堂。

本尊は日本三大虚空蔵菩薩のひとつ
「福威智満虚空蔵大菩薩」

神宮の鬼門を守る寺として、
”お伊勢参らば朝熊をかけよ 朝熊かけねば片参り”と
伊勢音頭にも唄われたお寺です。

本来はここから開山堂へ回りあじさい園の予定でしたが、
そのまま奥の院へ。

Asama10_2

趣味事で恐縮ですが ^^;

奥の院手前にあります芭蕉句碑は
”笈の小文”の伊勢での吟。

そして

Asama11

奥の院への入口にある「極楽門」
この先には数え知れぬ数の巨大な卒塔婆が立ち並び、
岳参り(たけまいり)という風習のある山岳信仰の場。

ここから戻ります。

Asama12

本堂手前から「開山堂」へ
かってはこの辺りがあじさい園の中心部で、
”金剛證寺のあじさい”として知られていたところ。

Asama13

開山堂

Asama14

そして、一片のあじさいを見ることなく
寂しく仁王門に戻りました。

下調べで少し ??があったんですが、
確認せずに来るとやはりこうなりますか ><;

で、あじさいの代わりにもうひとつこちらを

     Asama15 
     仁王門下から旧参道に入ったところにある
     ご覧の地蔵尊です。

     念のため、アップにはなりません ^^;

と、いうことで最後は朝熊山山上公苑からの眺望です。

Asama16
展望台左手には手前に五十鈴川と
左手に伊勢市街

Asama17
中央からは
鳥羽湾を正面に遠く先に神島が霞んで見えますが、
運がよければその200キロ先に富士山も見えるとか。

朝熊駆けれどあじさい見れず。

聞けば鹿に食べられ4年前からこの状態と・・・
そんなに長い間来ていなかったかと、
これまた我が身自身が知る羽目になりました。

« おはらい町 七夕祭 | トップページ | ひまわり見頃! »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝熊岳 金剛證寺:

« おはらい町 七夕祭 | トップページ | ひまわり見頃! »